処士策論

「処士」(しょし)とは、仕官していない人、民間の人、在野の人のこと

熊本地震

人気ブログランキングへ

熊本地震で被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

東北の震災復興が道半ばの最中に、今度は西南の地で大震災が発生するとは、全くもって我が国の地震災害の多さは宿命的と言わざるを得ません。天から与えられる自然の恵みが多い分、それだけ天が授けてくる厄災も多い、という事なのでありましょうか。

ここ二十数年ほど東京に住んでいる私としましては、不思議と大震災には遭遇しておりません。
大正時代の関東大震災や、その前の安政の大地震など、如何にも大震災が起りそうな土地柄であるにもかかわらず。

逆に以前私が住んでいた北陸では数年前に中越地震や能登半島地震があり、また二十年程前には関西で阪神・淡路大震災がありましたが、なぜか首都圏ではいまだに大地震が発生しておりません。

まさに天運は複雑怪奇。
日本に住み続ける以上、皆「明日は我が身」と心得なければならないのでしょう。



実はこのブログは2010年に始めた後、一旦しばらく休止したものの、2011年の東北の震災をきっかけにして再開した、といった経緯をかつて経験した事があります。まあ当時は「あの菅直人の民主党政権だった」という事と「原発事故の発生」といった事情もあったのですけど…。
(※既に皆さんご存じの事と思いますが、あの班目春樹氏が公開している「東電福島事故の経験をもとにしたマンガ」がネット上で見られますので、読んでおられない方は是非ご一読をお薦めします)

今回の震災については、あの時とは違って別に「現政権に対して物申す」といった考えを抱いている訳でもありませんので、昨年末に休止を宣言したこのブログに関して、「これを機に今回もブログ再開」といった心持ちには実はあまりなっておりません


しかしまあ、今こんな事を述べるのは非常に不謹慎な事であるのは承知の上で敢えて申しますが、これまで安倍首相が再三に渡って申し述べていた
『リーマンショック級の経済危機か、大震災でも発生しない限り、「10%増税」は延期しない』
大震災の部分が、不幸にも的中してしまったのだから、これで「10%増税の延期」は確定となったのでしょう。
(※いや、「延期」というより「完全凍結」の可能性さえもあったのだが、逆に震災が発生してしまった関係上、「震災復興税」みたいな形による「将来的な増税」の可能性は排除しづらくなってしまったのかも知れません。更に言えば、「10%増税の延期」の是非を問う意味が無くなったので、衆参ダブルの可能性も無くなってしまったのでしょう)

安倍首相としては政治的または経済(金融)的なタイミングを見計らって「10%増税の延期」を打ち出す心積もりだったのでしょうが、最早そんな回りくどい手法を取る必要も無くなってしまいましたね。

おそらく数日中には「10%増税の延期」は発表されるのでしょう。

もちろん私自身は今回の震災の有無に関わらず「10%増税の延期」は当たり前の事だと考えておりましたので、今回打ち出されるであろう政策は妥当なものだと考えています。



現在の円ドルレートは110円を切るような円高レベルにあり、更に『また日本で大地震が発生した』という事で来日を躊躇する外国人達も増えるでしょうから、これからはインバウンド効果も徐々に低下していくのでしょう、多分。

来月には伊勢志摩サミットもあり、これから日本政府の舵取りは正念場を迎える事になりますが、そんな事よりもまずはたった今熊本で、人命救助、二次災害の拡大の防止、インフラの復旧など、万難を排してでも遂行しなければならない事が山積しています。


「人生、一寸先は闇」とはよく言いますが、民間も国家(政治家)も、神ならぬ身では一寸先の事さえ誰にも分からない。

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

東京五輪のサッカーでは是非ともメダルを目指して欲しい

人気ブログランキングへ

(※今回の記事は前々回の記事、あの今大会初戦のコートジボワール戦の直後に書いた記事の続編、というか完結編という事になります。政治やメディア関連の話はほとんどありませんので予めご了承下さい)

W杯はまだグループリーグが終わったばかりだというのに、日本チームはその舞台から既に去ってしまった。

さすがにサッカーのW杯は五輪にも劣らない程の人気を世界中で獲得してますので、日本国内もその例に漏れず、各メディアが大きく取り上げて大会を盛り上げています。

今回のW杯における「我らが日本代表チーム」の戦いぶりについては、サッカー関係者は元より、普段スポーツやサッカーに関する発言などあまりする機会がない識者達までもが至る所で発信していますので、大体の意見は既に出尽くしてしまっていると思われます。



もう皆さん、既に「耳にタコ」の状態だとは思われますが、とりあえず私の意見も付け加えておくと致しましょう。

正直な所を言えば、『やっぱりダメだったか』の一言に尽きます。

事前に報道されたメディアなどの論調では「かなりの好成績」を煽っていましたので、普段サッカーに触れる機会が少ない人達にとっては今回の代表チームに過大な期待を寄せていた人もいるかも知れません。

まあ前回(2010年)の南アでの大会では初めて(地元開催以外で)グループリーグ突破(ベスト16)を成し遂げましたし、2年前のロンドン五輪ではベスト4まで進出した訳ですから、近年の実績から考えれば今回も『きっとある程度はやれるのだろう』と考えてしまってもムリはありません。

私自身も、別に日本が今回のように惨敗する事をあらかじめ予想していた訳ではありません。ある程度自分達の流れに引き込む事が出来ればグループリーグ突破も可能かも知れないけれども、少しでも歯車が狂えば今回のような惨敗に終わるだろう、とも思っていました。

W杯は怖ろしいものです。
4年間の積み重ねの結果が、グループリーグにおけるたったの3試合に凝縮されてしまう訳ですし、実際スペイン・イタリア・イングランド・ポルトガルでさえ、我々と同じようにあさっりとグループリーグで敗退してしまっているのですから。

ただし我々日本チームの「敗退」は、決して彼らと同じ類いの「敗退」ではない所に、我々日本サッカーの悩ましい現状があるのです。

彼らの「敗退」は、それこそ『たまたま今回はツキが無かっただけ』の一言で済む話であり、次回以降の大会では、順当に行けば彼らは相変わらず「優勝候補」に名を連ねる事が出来るはずなのです。

しかし我々日本チームの「敗退」は違う。現状のままでは(=今のレベルのままでは)、この先の展望が全く見えてこない。今回の我々日本チームの「惨敗」は、その事をハッキリと我々に突きつけてくる程の惨敗ぶりでした。

私は別に選手を非難するつもりで言っている訳ではありません。
日本国内にいる我々日本国民の失望感などは、わざわざ現地まで行って応援をしていた人達の喪失感に比べれば、たかが知れたものです。
また選手や監督及びチームスタッフのみんなが抱いている屈辱感も、私達などとは比べものにならないはずでしょう。

と言いますか、私も年齢のせいか10数年前と比べると「サッカー代表」に対する思い入れも、やや衰えてきています。そういった部分も含めて、私は事前に今回の「代表」がそれ程強いとは思っていませんでしたし、思い入れもそれ程強くはありませんでした。ですから気持ちの落ち込みも、それ程大きなものではありません。

正直な所、気持ちの落ち込みで比べるのなら、2006年のドイツでの「惨敗」のほうが余程ショックは大きかったです。実際当時はしばらくサッカーに関しては放心状態が続きましたから。
あの時の代表にはかなりの期待を寄せていただけに(言っては悪いけれども、宮本だけは例外としてw)、あの時の惨敗ぶりはかなりのショックでした。

私が知る限りでは、今までで一番可能性を感じさせてくれた「代表の世代」と言いますと、1999年のナイジェリア世界ユースで2位になったあの高原・小野の世代、彼らにとっての最後のチャレンジとなる大会が、あの2006年のドイツ大会でしたので、あの時の期待は大きかったです。

しかしサッカーというのは本当に何が起こるか分からないもので、期待していたあの2006年の大会では全く流れをつかめなかった「我らが代表」が、世代が入れ替わった2010年の南ア大会では、私の予想に反してベスト16に進出してしまうのだから、本当にサッカーは面白い。

守備的と言われようと、サッカーとして面白くないと言われようと、2010年の南ア大会でのベスト16の実績は大きかったと思います。しかし彼らは今回あの時の「守備的サッカー」を捨てて「攻撃的サッカー」を掲げてブラジルに乗り込んできて、結果としてそれは不発に終わった。



今回のブラジルでの惨敗を見て、「日本人(選手)のサッカーに対する限界」を感じた人も少なくないと思います。
実はそれは、かなり以前から多くの日本人の深層心理にあったもの、と言えるのかも知れませんけど。

『やっぱり日本人にはサッカーは向いてないんじゃないのか?』と。

確かにそれも「一つの見識」として、そういう見方も出来るでしょう。今の日本サッカーの現状からして、それを完全に否定できる人間も誰もいないでしょう。


体格的な面から言うと、私も2年前のロンドン五輪の時に書きましたが、
メキシコ代表がやれて、同じような体格の我々日本代表にやれない事はない』
と、たまたま玉木正之が先日ブログで同じような事を言ってましたけれども、それに近い事を当時このブログで既に述べました。メキシコサッカーを目標にすべし、と。
(※ちなみに私は五輪とW杯の時だけ玉木のブログを覗くクセがついてますw)

問題はむしろそれ以外の所にあると思います。
玉木はハングリー精神がどーのこーのという事を書いてましたけど、それはちょっとありきたりな見方にすぎますね。国の豊かさを尺度にするならば、ハングリー精神などという単語にはいくらでも反論をする事が可能でしょう。ドイツや米国のチームも決して弱くはないですからね。

日本人の国民性という面から見ますと、一つ確実に言える事があると思います。

サッカーというものは、誰一人として文句がつけられないぐらい「実力主義」の世界である。そしてまた一方では、冷酷なまでの「結果主義」の世界という一面もある。

この感覚「日本人の国民性にはそぐわない」という事は言えると思います。

『サッカーってそういうスポーツじゃねえから』と、日本のスポーツ番組などを見ていて私はよく違和感を感じる事があります。

『サッカーというのは、チャンスを数多く作るためにやってるんじゃなくて、少ないチャンスを「如何に決めるか?」というゲームであるはずなのになあ』と。

送りバントを決めて、得点するパーセント(可能性)をあげる事に血道を上げるような野球というスポーツとは、全く異なる観念が必要なのですよ。少なくとも世界で戦う時のサッカーの試合では。
(※ちなみに私は野球が嫌いな訳ではありません。野球もサッカーと同じくらいに語り倒す自信はある、長年の野球ファンです)

「耳にタコ」が出来るセリフではありますが、一番大切なのは“決定力”、この3文字に尽きます。

決定力”が無いにもかかわらず、守備の意識を薄くして「攻撃的サッカー」を掲げれば、今回のように次々と敵のカウンター攻撃の餌食になるのは必然の結果と言えるでしょう。

もっとエゴイスティックで貪欲なFWを育てあげなければなりません。


私は2年前のロンドン五輪の時に以下のように書きました。

(以下、途中より抜粋)
話は全然逸れますが、日本代表サッカーは個人技の高い南米勢ブラックアフリカ
に結構弱い。

今回の五輪代表が予選、準々決勝と通じて良い結果を残せているのは、南米アフリカ勢
(北部の地中海沿岸のアフリカ勢以外)とは当たっていない、という事も影響していると
思われる。

これまで国際試合で南米、アフリカ勢に苦杯を嘗めさせられてきた事は多々ある。
(中略)
日本代表のサッカーは「個人技」というよりも、「チームプレー」に重きを置いている。
そのせいか、欧州勢とやる時は結構、試合展開が「カッチリと噛み合う」事もあり、
今回のスペイン戦のように「上手く試合展開を運べる」という事も時々ある。
(中略)
「心技体が重要」とは、昔の人は上手く言ったものだと思う。
日本人競技者は“”に重きを置きすぎる向きがあると思われる。
その点、韓国人は“”に重きを置く傾向があるように思われる。その上、韓国人は
一番重要な“”の部分もかなり強いが、これは“個人”としての強さに磨きを
かけているからだろうか。

一方、日本人はその“”の部分を「チームプレー」「チームワーク」で補おうと
する向きがあるように思われてならない。
それは「美しく」もあり、「美徳」と見えるのかも知れないが、一番最後の「決め手」
の部分で重要になってくるのは、やはり「個々の能力」である。

ここが日本人競技者の弱点なのかなあ?と、ちょっと思ってもみたり…。(以下略)

(※これはあの五輪の準決勝メキシコ戦を前にして書いた文章です。また私は韓国に媚びるつもりで書いた訳ではありません。これは客観的な彼我の実力の差を考慮して書いた文章です。実際その後、私の悪い予感は的中する羽目になってしまったのは、皆さんご承知の通りです)
(※余談ですが、今回のブラジルでの韓国の弱さには助かりました。日本があのグループHに入っていたら、(相性の面から見ても)かなり突破の可能性は高い、と思えるぐらいの恵まれたグループに入っていたのにねえ(と言うか、2002年に日本が入って突破する事が出来たグループHにそっくりだった)。まあ不幸中の幸いと言った程度の出来事でしたけど、W杯での韓国の結果が気にならないと言えば、やっぱりウソになりますからね)


個人技の重要性については、まさに今回のブラジルW杯でまざまざと思い知らされる事になりました。
「地元である」というプラス要素も加味して、今回は「個人技の強い」南米勢が快進撃を続けている。

そして日本のサッカー代表は昔から南米勢を一番苦手にしている。というか我々はこれまで一度もW杯で南米勢に勝った事はない(と言うか引き分けすらない)。
98年はアルゼンチンに敗れ、2006年はブラジルに敗れ、2010年はパラグアイに敗れ、今回はコロンビアに敗れた。

南米大陸でやる時の南米勢の強さは、上記で挙げた1999年のナイジェリア世界ユースと同じ年に、当時発足したばかりのトルシエジャパンがコパ・アメリカ1999にチャレンジした時に、その映像をテレビ画面で観て痛感したものでした。
『日本人選手のサッカーとは明らかにレベルが違う』と。




取り留めのない事をグダグダと書いてきてしまいました。

何をやるにしても、とりあえず「当面の目標」というものが必要です。
それはやはり、今の所は「東京五輪」目標にするのが、我々の日本代表サッカーにとって重要な目標となるのではないでしょうか。
私が産まれるかなり前の話ですから、もちろん当時の事は詳しくは知りませんが、前の「東京五輪」の時も、それをきっかけにして次のメキシコ五輪での銅メダル(3位)に繋げたんじゃなかったでしたっけ?

最近は「ユース世代が世界ユースにすら出場できない」という事態も続いているみたいですしね。アジアユースで韓国を完全に撃破できるぐらいにならないとお話しにならないでしょう。世界で上位を目指すでのあれば。まずは若手の育成が肝要です。


今回のブラジルでの惨敗という出来事によって
「サッカーに関する日本人のかすかな望み」
もかなりグラついてきていると、私には感じられます。

日本にしっかりとしたサッカー文化が根付くのかどうか?
今が日本サッカーの正念場です。

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

やっぱり雨が降るとダメなのよね

人気ブログランキングへ


昔からずっと感じている事なのだけれど、雨が降ると日本チームはダメなんですよね。
そういうチーム作り(=悪天候にも対応できるチーム作り)をしてきている訳ではないです
から。単純に力(パワー)負けですわな。日本の良い所がほとんど出せてませんでした。

ミスを少なくして、小技を巧みに使って決める日本のサッカーは、雨ではボールタッチが
難しいのでほとんど上手く行ったタメシがない。逆に身体能力の差がモロに出てしまう。
競馬で言う所の“重馬場・不良馬場”と同じ理屈で、単純な筋力(パワー)勝負、足元の
踏ん張り勝負の世界になってしまう。

ちなみにW杯の舞台で雨が降った日本の試合というと、12年前のトルコ戦以来かな。
あの時も1点リードされた後は、日本はほとんど良い所が出せずに負けてしまった。


4年前は守備的な日本チームだったが、今回は攻撃的な日本チームである。
しかしこの雨では日本の攻撃の良さはほとんど出せなかった。
コートジボワールの逆転を阻止できる程の守備力は、今回の日本チームにはそもそもない。
だから今回の逆転負けには、私はそれほどの衝撃は受けなかった。

2年前のロンドン五輪の悪夢もあったので、ここで「我らのサッカー代表」の事を書くと嫌な
予感が的中してしまう気がして、今までは敢えて触れないようにしていました。

「初戦を落とす」という意味の大きさは重々承知しているし、今回は2年前の「五輪の舞台」
とは違って「言い訳の効かない“A代表”の舞台」での窮地である事も重々承知している。

8年前のドイツW杯での“ジーコジャパン”も今回同様、攻撃重視のチームだった。
あの時も今日と同じように、初戦で逆転負けをくらった。結果、大会は予選落ちだった。
あの時は「3戦目がブラジル戦」という絶望的な状況もあった。
今回の3戦目はコロンビア戦である。

ブラジルほどではないにしても、コロンビアも相当強い。しかも南米での大会なのだから
余計(地元である)コロンビアの勢いは増してくるはずだろう。

次のギリシャ戦は勝つしかない。
次こそは、雨が降ろうとどうなろうと、日本の攻撃力を100%出し切った試合を期待する。


人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

生き抜く 小野田寛郎

人気ブログランキングへ


先日あの小野田寛郎さんがお亡くなりになりました。
昨日今日とチャンネル桜で追悼番組が放送されています。

【追悼番組】小野田寛郎、フィリピン・ルバング島での「30年戦争」を語る
http://www.youtube.com/watch?v=VJRHNqxV_Js

【ニコニコ動画】【追悼番組】小野田寛郎、フィリピン・ルバング島での「30年戦争」を語る[桜H26/1/21]

【追悼番組】小野田寛郎、帰国してからの「戦い」を振り返る
http://www.youtube.com/watch?v=9xq9BReBqAk

【ニコニコ動画】【追悼番組】小野田寛郎、帰国してからの「戦い」を振り返る[桜H26/1/22]

私は小野田さんに直接お目にかかった事はありませんでした。
また私は保守系の雑誌や論壇誌を愛読している訳でもありませんので、小野田さんの著
書や文章を読んでいた訳でもありません。

ただ、昨日今日とチャンネル桜(=田母神塾)で放送されている小野田さんの番組を見て
いろいろと思い出す事がありました。
そういえば私もこの田母神さんと小野田さんとの対談番組が放送されていた頃はチャンネ
ル桜So-TVの会員になっていたので、当時So-TVを見ていた事も少し思い出しました。
(いや~、久しぶりに田母神塾のオープニングを見たので懐かしいですw)

と言ってもこの田母神塾で小野田さんがお話しをされた内容はほとんど憶えていませんで
した。

私が小野田さんの事を初めて知ったのは8年ぐらい前、NHKのハイビジョン特集、これは
多分BSでしか放送されていないと思うのですが(私のウチはハイビジョンではありません
でしたが)、この番組をNHK-BSで見た時です。

NHKオンデマンド ハイビジョン特集 生き抜く 小野田寛郎 2005年放送
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2010023595SA000/

これが放送されていた当時、私はまだ全然ノンポリな人間でした。今でこそ保守オタクの
ような人間になってしまってますが、当時はこのようなブログは書いておりませんでしたし、
NHKの監視などという作業も全くやっておりませんでした。

NHKの監視と言うか、当時はむしろ逆だったと思います。ある程度NHKを信用する気持
ちのほうが強かったと思います。
だからこそ、このNHKが作った小野田さんの番組を見る事になったんだと思います。
全くの偶然だったんですけどね。たまたまテレビをつけて、たまたまNHK-BSを見ていた
ら、この小野田さんの番組をやっていたという、本当にただの偶然だったんです。
ですから確か当時は番組冒頭の10分くらい、私は見てなかったはずです。

しかしこれがまた、強烈だったんですよ。この番組のインパクトが。

ぐいぐいと番組内容に引き込まれていって、うっかり録画し損なったんですけど、この番組
の内容は今でも鮮明に脳裏に焼きついています。

このブログの性格上あまりNHKを褒めたくはありませんが先月も書きましたように、昔の
NHKは稀に良い仕事をしていましたよね、確かに。
しかしまあ、これも「NHK-BS」だから出来た仕事なのであって、このような番組は絶対に
地上波では放送出来ないんですけどね
、NHKはw
(※今は比較的簡単にBSの番組も見られるようになっているはずなので、多分今のBSは
 以前程番組レベルの格差を設けてはいないと思うけど)

この小野田さんの番組を地上波の、例えばNHKスペシャルあたりで再放送すれば、私も
NHKを大いに見直しますよ。絶対に不可能だと思いますけどw


このNHKで放送された小野田さんの番組はYoutubeにもいくつかUPされています。
検索すれば簡単に見つかると思いますので、ここにリンクは貼りません。
視聴数も相当な数字になっているので、ひょっとすると既にYoutubeでご覧になっている
方もいらっしゃるかも知れませんが、もし未視聴でしたら是非お奨め致します。

私の小野田さんについての知識は、このNHKのインタビュー番組が基本になっています。
(私も昨夜Youtubeで数年ぶりに見直しました)


私の拙い語彙では小野田さんという人間の凄まじさを表現する事は出来ません。
もちろん尊敬もしているのですが…。

おそらくですねえ、これは我々、と言うか敢えて「私は」と言わせてもらいますが、私は
小野田さんとは「赤の他人」であるからこそ、純粋に小野田さん(帝国軍人だった小野田
さん)を尊敬できるのであって、もし仮に小野田さんのような強烈な精神力の人間が身内
だったとしたら、例えば父親や兄や上司であったとしたら、私みたいな「オタクな人間」、
「内向的な性格の人間」は、絶対に逃げ出していただろうなあ、と思います。
(※小塚一等兵やその他のルバング島で戦った兵士達の事も、たまには思い出してあげ
 たいものです)

これは嫌味で言っているつもりは毛頭ありません。いやホントに。
「人間としての、男としての凄み」があまりにも強烈すぎて畏怖せざるを得ない、という
ただそれだけの事なのです。
『日本男児は、こんなにも逞しい人間だったのか』と。


最後に、ここで普通に『お悔やみを申し上げます』などと書いたほうが適切なのでしょう。
しかし不謹慎かも知れませんが小野田さんには
『長い間本当にお疲れ様でした。ゆっくりとお休みください』
と、心の底から、そう祈りたいと思います。


人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

FC2Ad