FC2ブログ

処士策論

「処士」(しょし)とは、仕官していない人、民間の人、在野の人のこと

NHKと日本未来の党と小沢

人気ブログランキングへ


お久しぶりです。
先日の木曜日(11月29日)から体調を崩してしまいまして、ブログの記事も書けずに
いました。
よりにもよって、仕事も政局も慌ただしいこの時期に…。
少しずつ体調も戻りつつありますので、徐々にブログも再開していくつもりです。


前回の記事でも書きましたが、
「反原発」が社是であるNHK
しかも
サヨク勢力と組んだ媚中小沢が大好きなNHK
が、「日本未来の党」の背中を後押ししないはずがありません。

今夜(日曜)のニュース7の中でも日本未来の党を大々的にプッシュしていました。

前回の記事でも、
自民党の政権公約にいろいろと難癖を付けていたNHKが、民主党のマニフェストに
対しては「ほぼ無批判」だった』
という事を書きましたが、もちろん今回の日本未来の党の公約発表について、
非常に好意的に取り上げていたのは言うまでもありません。

(10分弱の時間しか政局のニュース報道がない中で、この「日本未来の党の公約発表」にその
半分以上を費やしていた)
121202_214155.jpg
121202_215307.jpg
(※「原発の輸出も禁止」って、どんだけ独裁国家なんだよ?wさすが中共様の配下に入りたくて
しょうがない人民解放軍野戦司令官・小沢様だよなあw徹底してますねえw)
121202_214442.jpg

前回と同じパターンで恐縮ですが、マスゴミサヨク勢力への「説得力のある反論」として、
一番説得力があるのは、やはり西田昌司先生でしょう。

私が長々と書くよりも、西田昌司先生が私の思っている事をほとんど代弁してくれてます。

民主党に鉄槌を!第三極は第二民主党!
http://www.youtube.com/watch?v=d-nadM8vDs4

【ニコニコ動画】【H24.12.01 西田昌司 showyou ビデオレター】

(※しかしこの選挙直前、このような一番重要な意見を発信している動画がこんなにも視聴数が
少ない
のは異常な事だと思うのだが。まあyoutubeニコ動も、以前から何度か書いてますが、
私は決して“中立”だとは思っていません)

『様々な新党が乱立する事によって、選挙の争点が見えにくくなっている。本来、今回の選挙の
争点は「民主党政権の成果を問う」というのが最大の争点のはずなのに、新党の乱立によって
マスコミは「本来の最大の争点」について言及しないで済ませているが、それがそもそも筋違い
である』

『そしてそれらの新党に関わっているのは、ほとんどが前回「民主党として、政権交代の風を
受けて当選した人々である」
という事も、全くマスコミによって言及されていない』

西田昌司先生のお話しを要約すると、こんな感じでしょうか。



サヨク勢力延命の為に最大限利用しようとしている、またこれまでNHKという扇動、洗脳
機関
を利用して最大限、国民の脳みそに叩き込んできた、
「反原発」

小沢勢力が民主党から出て行った時から、その生き残り作戦のためにこの「反原発」を利用する
というのは、既に織り込み済みであったのだろう。
民主党左派との強いパイプを持ち、「日本の原子力政策の弱体化」を強く望んでいる中共とも
ズブズブの小沢なのだから、そういう路線を突き進むのは当然の選択と言える。
NHK及びマスゴミからの支援(かつて程の強い支援という訳ではなくて、今は「最低限、小沢
への批判は控える」
という消極的な支援に限定されているが)も受けられる訳で。


それにしても今夜の日本未来の党の公約発表を見れば、いかにこの政党が前回の「民主党が
出した政権交代“詐欺フェスト”」とそっくりであるか、分かろうというものだ。

さすがにそれについては、NHKも無視する程、愚かではない。
一応その事についてはNHKも突っ込んでいた。
121202_222657.jpg
ただし前回の記事でも書きましたが、それはNHKが直接批判をするというやり方ではなくて、
上記の写真の通り「民主党など」が批判をしているという、NHKらしいやり方である。

まあこれもNHKのいつものやり方ですけどね。前の参議院選挙の時にも指摘しましたけど、
NHKが放送する場合、「まともな、説得力のある批判」は自民党からの発信とはされずに、
その「まともな、説得力のある批判」は連立している「公明党の山口代表のセリフ」として
必ず使われるというパターンと同じで、NHKはその辺の印象操作の手法も徹底している、と。


しかし何より今回のNHK報道の酷い点は、前回の「民主党が出した政権交代“詐欺フェスト”」
について、それを『ウソだった』と追及する事は一切言わずに、
『小沢さんがその時の精神を大切にしたいと考えているから、日本未来の党もそのような公約に
なった』
などという詭弁を弄して、国民に対して印象操作を試みていた事だ。
121202_214354.jpg
121202_214934.jpg
小沢『民主党のマニフェストの方向性、一定の支持得られる』
121202_214525.jpg
嘉田『前回の民主党のマニフェスト、ワクワクした。小沢氏の精神を引き継ぎたい』


小沢の過去の言動から見ても、これは間違いなく明らかな事なのだが、この男は心底
日本国民をナメている。

もう一回、前回のような詐欺が通用すると、いまだに思っているのだ。
そしてNHKは日本国民をナメている」という事も、ここ最近、繰り返し書いてきた事でもあります。




小沢が民主党を割って出て行く時にも指摘しましたし、その前後に小沢の別働隊が離党する
時にも指摘しました。
『政策の違いとか、派閥がどうのこうのとか関係ない。ただ自分達が国会議員として生き延び
たいだけの延命策である』と。
そしてそのような「泥船からの脱出」は、小沢勢力だけに限らず、その後にも続出した。


ネット、特に2chでは以前からよく言われているセリフではあるけれども、今回の選挙について
有権者が一番注意して投票しなければならない事は、このセリフに端的に表されている。

『ちょっと待て。その新党も元民主』

詐欺で前回当選した連中を、もう一回詐欺を許して当選させるなど、NHKのニュースでも
度々放送されている「オレオレ詐欺に騙されるお年寄り」以下の無警戒さと言わざるを得ない
だろう。


人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

各メディアの世論調査と、その影響力

人気ブログランキングへ


最近、NHK大手新聞各社、ニコ動などの各メディアで世論調査が盛んに行われている。

新聞については(自分は新聞を全く取っていないが)月曜のチャンネル桜でいろいろと
取り上げていた。とりあえず動画のリンクだけ貼っておきます。

【公示直前】各政党、色々と「低すぎる」のでは?[桜H24/12/3]
http://www.youtube.com/watch?v=S_ef1JLay1M&list=UL
【ニコニコ動画】【公示直前】各政党、色々と「低すぎる」のでは?[桜H24/12/3]


常に「自民党が高評価、民主党に低評価」が出る事で有名ですが、「ニコ動の世論調査」
についてのリンクはこちらになります。

第46回衆議院議員選挙 ネット入口調査(インターネットユーザー120万人が回答)
http://info.nicovideo.jp/enquete/special/entrance/201211/
<支持率・総合結果>
「自民党」37.1%、「日本維新の会」10.3%、
「民主党」6.1%、「みんなの党」3.6%、「共産党」3.1%


ニコ動の世論調査(政党支持率調査)は毎月月末にずっと行われていますが、対象サンプルは
毎月月末の物で毎回約10万人前後、今回の「ネット入口調査」は120万人が回答している。

サンプル数だけで言うと、ネット調査はさすがに桁違いに多いが、それが実際の世論(=選挙
の投票行動)にどれだけ反映されているかどうか?という事になると、私自身もここ数年、
いろいろとその動向を観察し続けてきた。

以下に過去の(主に2chに書き込んだ)書き込み、これは前回の参院選の直前に書いたもの
ですが、それを転載します。

それにしてもニコ動については、党首討論会の放送の事はそれなりに一般メディアで取り上げ
られているように思われるが、こっちの「ネット入口調査」の事はほとんど全く取り上げられる
事が無い
というのは、なんとも妙な感じですよねえ。

NHKとニコ動の参院選支持率について(2010/06/22)
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/blog-entry-163.html

(以下、一部抜粋転載。リンクは古い物ばかりなのでコピペのままジャンプしない状態です)
264 1 2010/06/22(火) 01:10:38 ID:rX5PmT8W
(中略)
たまたま良いタイミングでNHKも本日、支持率・投票先について放送していた。

NHK世調 内閣支持率49%
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100621/k10015254791000.html
●民主党支持率 49%(-12%)  不支持率29%(+6%)

●参院選の投票先(というか設問は「議席が増えてほしい政党」と言っていた)
民主党30% 自民党22% 公明党3% 共産党3%、社民党2% みんなの党が5%
(たしか立ち上がれ日本も表記はあったと思うが、このネット上では表記されていない)

(他にもNHKの設問は、やはり意図的というか誘導的な設問が多い。「普天間基地の移設
問題を考慮するか?」とか、「政治とカネについて考慮するか?」とか。もちろん景気や
消費税についての設問が中心的な扱いになっていた。ここら辺の事は>>143で予め予想して
おいた通り。NHKは選挙の争点を経済のみに誘導したい(=それが民主党の思惑)のだから。

マスゴミ発表支持率とニコ動発表支持率については、これまでも何度となく書いてきた。
>>256に書いてある事が本質である。
------------------------------------------------------------------------
256 名無しさんといっしょ sage 2010/06/21(月) 23:40:30 ID:DNxMwyjw
ニコ動入り口調査より

「政治や選挙の情報を得るメディア」別に解析を行った結果では、「新聞報道」から最も
多く情報を得る層では「民主党(29.3%)」「自民党(25.5%)」、
「TV報道」から最も多く情報を得る層では「民主党(24.2%)」、「自民党(20.2%)」と
なり、民主党が自民党を上回っている。
一方、「インターネット」から最も多く情報を得る層では「自民党(49.9%)」が、
「民主党(9.5%)」を大きく引き離すという結果だ。

これにはわらうな。
こんなにはっきり違うとは・・・w
------------------------------------------------------------------------
20代~40代(とくに20代、30代では)ネットでの情報収集が
かなり浸透してきているので自民党がやや強い。40代から、特に50代~70代は既存マスゴミの
情報を鵜呑みにする人達が多いので、マスゴミが言う通り、そのまま民主党に入れる人が多い。
(続く)

265 1 2010/06/22(火) 01:12:28 ID:rX5PmT8W
(続き)
今回のNHKのアンケートはいつもと同じRDD電話方式で、調査対象は2366人。
対するニコ動の方は、いつもなら大体11万人ぐらいから調査している所だが、今回は
100万人から調査したとのこと。

これも毎回言っている事ですが、自分は統計学の専門家ではないが、サンプル数の多寡は
選挙のアンケートにあまり影響はしないと思う。ニコ動は今までだって10万人以上の
サンプルを集めても、選挙結果にはあまり反映されていなかったのだから。しかし今回
100万人からサンプルを集めたのは、ちょっと精度が上がっている可能性はある。
いつも10万人レベルで採っているアンケート結果より民主党の支持率がやや高めに
出ている。これは超コアなネットユーザーの率が希薄化された結果だろう。

「選挙はTVが(ちょっと新聞も)作るものです」と、これまで毎回書いてきた。
その認識は今もあまり変わる事はない。なぜなら日本は高齢化社会。投票率も圧倒的に
高齢者の方が高い。またネットに触れさえすれば皆が「反民主党」になる訳でもない。
ニコ動はやはり、全体的にやや偏ったネットユーザー層だと思う。

三橋貴明氏はよく、「マスゴミ発表支持率とニコ動発表支持率の真ん中ぐらいが本当の
支持率だろう」と言っているが、個人的には多分それは希望的観測に近いのではないか?
と思っている。「真ん中の、ややマスゴミ発表寄り」ぐらいが真性の値ではなかろうか?
と思う。取りも直さず、それが既存マスゴミと、ネットとの現在の力関係であると思う。
(以下略)



既存マスゴミネットの力関係については、確か安倍さんが自民党総裁選に出ていた頃だったか
その時にも書いたような気がするのですが、毎年着々とネットの力が上昇してきているのは
間違いなく、特に前回の「政権交代」衆院選と既存マスゴミがやったデタラメ以降、既存マス
ゴミの影響力が凋落してるはずなので、ネットの力はかなり既存マスゴミに迫っているように
思われる。

少なくとも、上記の過去ログ中、三橋貴明が言っていた『マスゴミ発表支持率とニコ動発表支持
率の真ん中ぐらいが本当の支持率だろう』という部分は、間違いなくクリアしてきていると
思われる。



テレビや新聞の「世論調査」については、その数値の信頼性にいろいろと疑問はあるけれども、
それ以前に、テレビや新聞は「安倍自民バッシング」が基本姿勢であるので、その偏向報道に
影響を受けて『そういう数値になっている』という要素も多分にあるのだろうし、いわゆる
『数字を盛っている』という事も、それは確かにバレるようなやり方でそれをやったら
「やらせ」として会社自体の存続も危うくなるが、バレないやり方は、実はいくらでもある。

電話調査の聞き方に「ちょっと工夫を加える」とか、対象サンプルの抽出の際に「ちょっと
手心を加えて抽出する」とか、方法はいくらでもある。数字を直接いじらずに『数字を盛る』
などという方法は。まあ逆にあまり極端な数字が出ないようにバランスを取らなければいけない
ので、その辺りのバランス調整の方が大変なんじゃなかろうか?と思うけれどもw



さて、その辺りのバランス調整に関しては「右に出る者はいない」と普段から私が評価して
いるのが、NHKであります。

NHKの世論調査が昨日月曜日に放送されていた。

ただし私はNHKの今回の世論調査については、また別の意味で
NHKの偏った意図
を見る事ができたのだが、その事は後に書くとしまして、一応昨日のNHK世論調査の概要を
以下に示す事にしましょう。

ニュースウォッチ9はかなり内容を省略していて、ニュース7のみ、詳細に世論調査の各項目
について放送していました(と言いますか、先に書いた「NHKの偏った意図」については、
ニュース7でしか放送されていない)。ですから引用はニュース7の方からのみです。

------------------------------------------------------------------------
(NHK公式サイトより)NHK世論調査 各党の支持率(12月3日 19時24分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121203/k10013925461000.html
nhk120319.jpg
NHKが行った世論調査によりますと、各党の支持率は、民主党が17%自民党が24.7%
日本未来の党が1.7%、公明党が3.8%、日本維新の会が4.1%、共産党が3.2%、
みんなの党が1.3%、社民党が0.7%、「特に支持している政党はない」が36%でした。
------------------------------------------------------------------------
(以下はテレビ放送画面より)
121204_01.jpg
121204_02.jpg
121204_03.jpg
121204_04.jpg
<政党支持の基準は?>
「実行力がある」42%「安定感がある」14%
「公約の内容がよい」13%「党首が信頼できる」12%「実績がある」6%

121204_05.jpg
<「日本未来の党」結成>
「大いに評価」6%
「ある程度評価」30%
「あまり評価せず」35%
「まったく評価せず」21%
(「あまり評価せず」「まったく評価せず」を合わせると56%!)
(※NHKの報道パターンとして、NHKが強調したい場合は、例えば反原発、反米軍基地等々、
『「あまり評価せず」と「まったく評価せず」で過半数を超えました!』みたいに大げさに煽る
ものだが、今回の「日本未来の党」の低評価については、何もコメントはありませんでしたw)


そして私の大本命の(国民にとっても一番大切な数字であるはずの)コレです。
(※コレの後に「消費税について聞いた調査」もありましたが、この際、割愛します)
121204_06.jpg
<原子力発電のあり方>
「ただちに稼働ゼロに」11%
「10年後ぐらいまでにゼロに」26%
「2030年代までにゼロに」12%
「時間をかけて結論をだすべき」35%
「この中にはない」9%


「時間をかけて結論をだすべき」が一番多いではないか!
なぜ、この調査結果のグラフをNHKは表示しないのでしょうか?
ニュースウォッチ9については、この調査結果を放送する事さえもしなかった。
今回の選挙でNHKが一番力を入れているのが「反原発」のはずなのだが、その「反原発」
有権者にどのように思われているのか?その事を国民に伝えるのが(しかもグラフなどで分かり
やすく
)NHKの大事な仕事なんじゃないんでしょうか?


そんな訳で、私がグラフを自作してあげました。
syoshi_G1204.jpg
NHKはこれからはちゃんと、自分達にとって都合の悪い調査結果のグラフも、横着しないで
しっかりと作って下さいね。


それにしても、NHKの世論調査でさえ「日本未来の党」は世間では否定的な目で見られて
いて、原発問題にしても、かなり冷静な目で原発問題を考えている人が増えているという事は、
ひょっとしてこの選挙、かなりまともな結果が得られるのではなかろうか?と私はちょっと期待を
してしまいますね。


最後に一つ余談ですが、Nスペ「中国文明の謎」第3集は録画はしてあるのですが、まだ
内容を確認できないでいます。

まあ今はそれどころじゃありませんわな。


人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

「日本未来の党」代表のNHKでの発言動画

人気ブログランキングへ


本日は手短にupします。

ちなみに本日の「青山さんの水曜アンカー」は、青山さんが海外出張でお休みですね。
残念です。


さて昨日、今度の衆院選公示された訳ですが、さっそくNHKニュース7で番組の時間を
延長して、各党の党首へのインタビューが行われて(たぶん生中継で)放送されました。

自民党の安倍さんから始まり、最後は民主党の野田まで党首インタビューが放送されましたが、
今回は自民党とか民主党がどうのこうのという話はしません。

この所、私のブログでは3回続けて(あの典型的なサヨク臭のする顔を好きこのんでupしている
訳ではないのですが)「日本未来の党」代表嘉田由紀子の映像を取り上げていますが、今回も
またまたあのサヨクおばさんの事を取り上げる事になりました。

しかも今回は動画映像です。

先に断っておきますが、この動画をupしたのは私ではありません。
ただし機会があれば私も、この発言をupしていたかも分かりません。
それぐらい、この動画をupした人の心情は、私にもよく理解できます。

とりあえず昨日のNHKの番組ウォッチングの中で、一番「愕然とした」のは、NHKの偏向
報道がどうのこうのという話ではなく、このサヨクおばさんの発言、典型的な「サヨク病」
取り憑かれていながら、しかも「自分の発言に無責任」と言うか、この手の言論活動に慣れて
いないのか「言論能力が拙い」せいもあってか、「不注意な発言」を全国ネットの地上波で自ら
国民に垂れ流してしまっていた。

その動画がコレです。

嘉田由紀子「日本は2発の原爆によって"軍国主義"から抜け出せた」
http://www.youtube.com/watch?v=jgAJbfHPSQA&feature=plcp

【ニコニコ動画】嘉田由紀子「日本は2発の原爆によって"軍国主義"から抜け出せた」


『実は第二次世界大戦は、二つの原爆で、戦後、戦中の軍国主義から抜け出ま
した。
今回の原子力発電所の事故、本当に大きな犠牲を国民に…(以下略)』
(中略)
<1:00頃>『…社会システム全体が大きく変わらなきゃいけない、そういう選挙だと思っています。
それを目を覚ましてくれたのが原子力発電所の事故、安全神話の上に
私達は乗っていました。その安全神話は電力会社と、国と、それと研究者、三位一体で作って
きた物です。そういう物が信頼できないんだという事を私達は福島の事故から学んだ…。
そして一方で、官僚システムの中で日本が制度疲労を起こしておりました、そこからも
抜け出る『良いチャンスだ』と、新しい社会システムを作る『良いチャンスだ』と、
この選挙こそ、そういう一つの良いきっかけになると思っております』(終)



まあねえ。サヨクらしい「偽善、欺瞞」に満ちあふれた戯れ言ばかりですが、
「不注意過ぎる」にも程があるだろう。
どんだけレベル低いんだよ(低脳なんだよ)?って所ですな。

まあ逆の立場で考えて、例えば保守側の政治家がこのような発言をしたとすれば、朝日
NHKなどのサヨクマスゴミ「ここぞとばかりに」『待ってました!(そのお言葉を!)と、
全紙・全局総力を挙げてその保守側の政治家を潰しにかかったであろう事は、簡単に
想像できる。


(「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」coffeeさんのブログより)
未来の党、アンケート閉鎖!その後「そのようなサイトのことは聞いていない」・
「原発推進に賛成」78%!期待とは逆の結果を隠蔽するためリセット、閉鎖、
知らんぷり・でも公式サイトでは動画で宣伝を続けている

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4885.html

このようなネット上での隠蔽行為などもありましたが、今回のNHKインタビューの発言
といい、もう完全に終わってますな「小沢党」はw




それにしても最近、いろんな党の政策だの、マニフェストだのと、それらの政党の
「口約束」
については百家争鳴の感がありますが、NHKの世論調査にも代表されるように、その
「政治家の人間性」について解説される事が全くないのが、実におかしいと思う。

民主党政権の「実績」、名場面 動画集(2012/11/18)
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/blog-entry-349.html

でも紹介しましたように、奴らの政治家としての資質は、その政治家としての能力が
足りないのは自明の事としても、それ以前に「人間として」国民の代表者たる
「国会議員」の資格が無い事こそ、今一番問われるべき事のはずだ。

もっと言えば、私がその事を一番痛感したのはこの時である。

菅、鳩山、小沢。民主党幹部の「人間の器」。これが全ての原因(2011/06/04)
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/blog-entry-240.html


とりあえず、この嘉田由紀子「人間性」について、この3年間、私が糾弾してきた民主党
政権の連中と比べて「全く同列か、それ以下である」のは最早、自明の事である。


人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

待ちに待った決戦の日まで、あと一週間だというのにNHKは…

人気ブログランキングへ


選挙戦もたけなわで、衆院選の各候補者も忙しさはピークかと思われますが、普通に生活を
している我々民間人も、年末の忙しさに追われる今日この頃であります。
あ、私は都民だから都知事選もあるんだよな。
なにせ衆院選の重要度があまりにも高すぎて、都知事選の事を忘れがちになってしまってますね。
都知事選は、あのドサヨク弁護士以外なら、まあ誰でも一緒かなあ。
(※マック等の常連泡沫候補は除くw)


もう残り一週間と迫りました、来週末の投票日。

ネット上のあちこちでよく言われておりますように、ホームページブログツイッターなどで
選挙に関係するような発言(個別の政党や立候補者を応援したり、中傷する書き込み)は
「選挙違反」になる、とのこと。

こんな場末の「日記帳」である私のブログも、その対象になってしまうんでしょうかねえ?
まあ、どうでもいいですけどね。
アホらしい限りですわ。こんな理不尽な選挙制度は。




それにしても、NHKは公共放送のくせに、「使えない」

『お前(NHK)が選挙の告知をしないで、一体、他の誰が選挙の告知をするというのだ?』
といった感じである。

本日土曜日、総合chの地上波で政見放送をいくつかやっているので(いつものように録画して
から)見てみた。

とりあえず、超不便なんですけど。

小選挙区の放送について、関東各県の放送をバラバラに放送する意味ってあるのだろうか?
しかも今回は政党の数が多いので、「自分が見たい政党」の政見放送で、なおかつ「自分が
住んでいる地域
(都県)の政見放送をピンポイントで見るとなると、かなり細かく事前に
番組表をチェックしていないと(“偶然”に期待すると)、なかなか見られないと思う。

今はデジタル放送になったせいで、視聴者の居住地域の情報などはデータとしてテレビで
管理しているはずなのだから、そういう意味でも、もっと視聴者の居住地にあった政見放送
の配信ってできると思うんだけどなあ。

いや私は別に、このような「網羅的な関東全県、全政党の」政見放送のあり方に異を唱えて
いる訳ではない。
それはあっても良いと思う。
いろんな地域や政党の意見を見聞きするのも、別に悪い事だとは思わない。

しかしそれをやるならば、(普段から私が主張しているように
『いつでも選挙や政治の番組だけを見られるチャンネルを一つ用意してから、それをやれ!
と言いたい。
別にお前ら(=今のNHK)がやりたくなければ、無理にやらなくてもいいから。
しっかりとした、当たり前の仕事をする「新しい公共放送(公営放送)を、別に一つ作って、
そこで政治(選挙)、気象情報、災害放送、行政の情報など専門で放送すれば良いだけの事。


そして明日日曜日の番組表を見てみると、なぜか政見放送が一つも予定されていない
意味が分かりません。

ちなみに明日日曜日の番組表、これは地上波・総合chについての話だが、選挙関連の番組は
午前9:00~10:15「迫る政治決戦 党首討論」があるだけで、他はニュース番組を除くと、
選挙特集番組政見放送一切放送されない

もう一週間しかないんですけど、何を考えてんだ?NHKは。


NHKは余程、国民に今回の選挙に対する興味を持たせたくないんですね。
なんとなくその気持ち、分からないではないですが。私としては。

今回の「政権回復選挙」は、NHKにとっては嫌な事ばかりですもんねw



ここで2年前の夏の参院選について、その当時に書いていた過去ログを紹介しましょう。

選挙前最後のNHK「日曜討論」について(2010/07/05)
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/blog-entry-169.html

(以下、一部抜粋転載)
658 1 2010/07/05(月) 23:34:03 ID:w8+5VX1l
昨日の日曜日は選挙前の最後の日曜日となった。
NHKでは午前9時と午後9時の計2回、1時間ずつ、参院選特集の討論番組を放送した。
午前の部では各党党首が、午後の部では各党の参院のトップ級が集まって討議する
番組となっていた(ただし午後の部での民主党の代表・輿石は、スタジオには来ずに
テレビ画面での参加になっていた)。

この番組でもやはり、従来から自分が>>143、>>264、>>311、>>632などで指摘してきた
通りの、NHK(もちろん民主党も)の筋書き通りの番組進行になっていた。

「逃げ菅」がようやく政策論議の場に登場した午前の部では、一時間いっぱいほぼ全部消費税
論議に費やされて終了。午後の部では沖縄普天間の問題に少しだけ触れたが、結局どの政党も
「沖縄の基地負担軽減についてしっかりと取り組む~~」みたいな、選挙対策用の当たり障り
のない発言しか出るはずもなく、根本的な外交防衛についての論議は全くされなかった。

特徴的な事を挙げれば、午前の部の菅については、民主の失政について他党から言及されると
菅は全て「ジミンガー、ジミンガー」(正確にはジコウガー)と議論のすり替えを試み、
しかしながら菅が自社さ政権で入閣していたり、財政悪化については与野党問わず全ての政治家
に責任があるという事を指摘されると、菅自身も「確かに与党だけの責任ではなく、ここにいる
全ての政治家の責任だ」と認めた。しかしその後、再度民主の失政について他党から言及され
ると、また「ジミンガー」(ジコウガー)に戻って、旧政権への非難を繰り返していた。

午後の部の輿石はもっと酷く、議論にすらなっていなかった。輿石は予め用意しておいた当たり
障りのない、どうとでも取れるような回答しかせず、あまつさえ「野党時代に言っていた事が
与党になって変わったとしても、与党は責任があるのだから当然だ」と言ってはばからなかったり、
スタジオから何度も失笑の渦が巻き起こっていたが、なるほど輿石がスタジオに来なかったのは
当然の事と言えるだろう。

(中略)

で、今夜のニュースについて。
7時のニュースも、ニュースウォッチ9も民主党の支持率下落のニュースを報道していた。
もちろんトップ項目ではなく、番組中盤での報道だ。
最近NHKのニュースで参院選のネタを扱う時には「期日前投票が増えている」という事を
ニュースの中で指摘する事が多い。まあ民主党支持のNHKとしては、視聴者になるべく
「期日前投票」をしてもらいたいのだろう。民主党の支持率は日々急降下を続けているのだから。

ニュースウォッチ9では、やっと参院選の報道が始まった。今日から3夜連続で各党党首の
選挙活動の取材を放送する。選挙前恒例の報道だ。今夜は菅と亀井だった。明日は谷垣、山口、
志位らしい。
菅についてはもちろん相当ポジティブな報道になっていた。亀井はそこそこ。明日の山口も当然
相当ポジティブな報道になるだろう(NHKの「公明」押しはいつも強烈)。共産の志位もかなり
良い感じで押すだろう。谷垣はどうだろう?と思うのだが、実は谷垣もそんなにNHKから嫌われ
ているような感じは受けない(安倍、麻生の時は明らかにNHKから嫌われていた)。元々シナ
関係の政治家で加藤紘一の側近だったからなあ。一応最近は保守っぽい素振りはしているが。

この選挙前のニュースウォッチ9恒例の「党首を追う」については、以前桜の水島社長が何度か
NHKの報道姿勢について(カメラアングルなどについて)言及していたが、今回の報道については
どうなりますかねえ?(終)



この前の参院選の時は、選挙直前の鳩山辞任直人の新総理就任で支持率大幅アップ
(もちろんマスゴミの強烈な世論操作によるもの)で参院選を「逃げ切ろう」=「議席
食い止めよう」としていたミンス政権とマスゴミのタッグチームだったが、なにせトップが
「あの菅」だったので、一旦大幅アップした(らしい)民主党支持率も、日々急降下を続けて、
選挙直前にはその「世論操作の効果」も完全に剥がれ落ちてしまって、NHKは連日しきりに
期日前投票を国民に呼びかけていた(ニュース番組内で『最近は期日前投票をする人が
増えている』というニュース報道を盛んに行っていた)。

その一方、今回の衆院選におけるNHKのニュース番組では、そのような期日前投票
を国民に対して喚起するような」報道は一切見られませんねえ?w


まあ選挙前に、まだ何が起こるか分かりませんからね。
昨日も、けっこう大きめの地震があったばかりですが。

そう言えばこの前の米国の大統領選挙でも、選挙戦の最中にハリケーン「サンディ」の被害が
あったために、急遽オバマが被災地入りして脚光を浴びて、その事が選挙戦の結果に大いに
影響を与えたらしい。

昨日の地震も、規模がもっと大きければ、今回の衆院選に対して何かしらの影響は与えたかも
知れない。

本来「人間として」、災害や緊急事態を「政治的に利用する事」自体、と言うか、そういう
発想が湧き起こる事自体、「人として恥じ入って当たり前」であるはずなのだが、なにせ
あの震災の時に、己を総理として延命させる事に汲々としていた内閣総理大臣、その内閣の
重要なポストに当時いた「内閣総理大臣」であるだけに、己の為に何を利用しようとしでかす
か、全く分かったものではない。
青山さんのお話では、北朝鮮拉致の問題も利用しようとしたみたいだし)




それにしても、なんなんだよ?NHKは。
今夕、録画してあった、この東京都・小選挙区の政見放送。
121208_01.jpg

121208_03.jpg
「民主党」
「日本未来の党」
「日本共産党」


反日サヨク政党「ジェットストリームアタック」か?っつーのw
「トリプラー」でも何でもいいけどw

tomino3dan.jpg
『(国民を)踏み台にしたぁ?!』 『(国民を)踏んづけてったぁ!!』

すみません、四半世紀前の頃、アニオタだったもんでw
こんなオチになっちゃっいましたw
(果たしてこのパロディを理解できる人が何人いるだろうか?
 理解できたら残念ながら、あなたは「オタクか若しくはオッサンかオバサン」確定ですw)


人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

恒例のNHK世論調査が来たが、NHKやる気無さ過ぎです

人気ブログランキングへ


本日、またまた「NHK世論調査」の結果が放送されました。

NHK公式サイトでの発表は以下の通りです。
----------------------------------------------------------
NHK世論調査 各党の支持率(12月10日 19時12分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121210/k10014092751000.html
nhk121210_01.jpg

NHKが行った世論調査によりますと、各党の支持率は、民主党が16.1%、
自民党が26.6%、日本未来の党が1.6%、公明党が4.1%、日本維新の
会が4.7%、共産党が2.7%、みんなの党が2.1%、社民党が0.7%、
国民新党が0.1%、新党大地が0.1%、新党改革が0.1%、「特に支持
している政党はない」が33.5%でした。(終)
----------------------------------------------------------

ちなみにNHKニュース7での「NHK世論調査」見出し(ヘッドライン)はコレでした。
(公式サイトの方でも、この見出しの記事がありますね)
衆院選「投票必ず行く」が63%
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121210/k10014092741000.html
121210_001.jpg
121210_002.jpg

この見出しだけだと、NHKが何を言いたいのか?よく分かりませんが、実は
『今回の衆院選に対する国民の関心(投票意欲)は低い』
NHKは言いたいのです。
そしてNHKは他の何よりも優先して、この見出しを番組のトップ項目に持ってきている訳です。

公式サイトから抜粋しますと以下の通りです。
----------------------------------------------------------
NHKが行った世論調査によりますと、今月16日に投票が行われる衆議院選挙に
投票に行くかどうか聞いたところ、「必ず行く」と答えた人は、前回=3年前の
衆議院選挙の同じ時期の調査と比べて7ポイント低い、63%
となりました。
(以下略。赤字は私が付けました)
----------------------------------------------------------

まあ、NHKは暗に
『今回のこんな選挙は、つまんないですよねえ~?』とか、
『今回の選挙の意味合いは、かなり低いですよねえ~?』とでも言いたいのでしょうw

前回の記事でも

今回の「政権回復選挙」は、NHKにとっては嫌な事ばかりですもんねw


と書きましたが、まあNHKにとって、今回の選挙は
報道意欲、ほとんどゼロでしょうw

前回の「いわゆる政権交代選挙」で、散々マスゴミに騙されまくった人も少なからずいる
でしょうし、そりゃ前回あんな目に遭わされれば、今回の選挙を前向きに捉えるなんて、
余程マジメな人間以外は無理だろうし、普通は「ふてくされて当たり前」だよ。
誰だって自分が騙されたとは思いたくないし、認めたくもないだろうし。

私にとってみれば、そういう人達は「今回は民主党には入れない」(=投票を棄権する)だけ
でも、まあ前回に比べれば「遙かにまとも」と言えますけどね。

そういう人達以外に、「マスゴミと民主党の正体」に気が付いた人達、そしてそいつらに
(=「マスゴミと民主党」に)対して「絶対に責任を取らせたい!」という人達も、間違いなく
大勢いるはずだし。

それで十分ですよ。



さて後は、今回の「NHK世論調査」の残りの項目についても触れておきましょう。

121210_003.jpg
<民主党の政権運営の評価>
大いに評価 1%
ある程度評価 29%
あまり評価せず 43%
まったく評価せず 22%


ハッハッハッハッw、コレは笑うわw
NHKは、初めてやっと「3年間の民主党政権の評価」について
まともな数字を出してきたかw


NHKは3ヶ月前には、こんなキチガイじみた数字(世論調査)を平気な顔で発表して
いたんですけどねえw
やっと私や阿比留さんの認識が正しかった事が裏付けられましたね。

NHK世論調査と自民党総裁選について(2012/09/12)
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/blog-entry-329.html

(以下、一部抜粋)
120912_05.jpg
(※12月10日追記)
<政権交代の評価>
良かった 30%
悪かった 24%
どちらともいえない 42%

(中略)
---------------------------------------------------------------------------------
(※9月13日1:30、追記)
実は阿比留さんがこのNHKの設問に多大な関心を寄せたのはもっともな事で、私も以前、指摘
した事がありましたが、NHK及びマスゴミが絶対に報じない事、それは「民主党による政権交代
の成果についての評価」のはずだったのです。
それが今回、このNHKの世論調査において、さりげなく『成果が無かった訳ではない』などいう
アンケート結果が出た訳ですので、そりゃ阿比留さんが愕然とするのは当然の事なのです。

今回の調査結果には『反自民かつ親民主の傾向が強い』と上記で書きましたが、NHK的には
その原因を『自民党が理不尽な首相問責を出したからだ!』という事にしたいようだが、実際の
原因はともかくとして、NHKは今回なぜ、いままで全くアンケート調査の俎上に載せようとも
しなかった「政権交代の成果」を調査したのだろうか?

ありうるのは、予め今回の調査結果で「反自民・親民主」の結果が得られると確信していたから
という事だが、あの「問責」の件だけで、普通そこまでの確信が得られるものなのだろうか?
もう一つありうるパターンとしては、『必ずそういう結果を出す』という意気込みを、最初から
NHKが持っていたという事だ。
今回のNHKの行動パターンについては、それ以外には全く説明がつかないと思う。
---------------------------------------------------------------------------------
(以下略)



たった3ヶ月前のNHK世論調査では、「政権交代の評価」について、
良かった 30%
悪かった 24%

だったのに、今回の<民主党の政権運営の評価>は、
肯定的な評価 30%(しかも「大いに評価」はたったの1%
否定的な評価 65%(しかも「まったく評価せず」22%もある)

たった3ヶ月でえらい変わり様ですねえ~?NHKさん?w
本当にちゃんとアンケートを採ってるんでしょうかねえ~?w



ちなみに他に、「各メディアの世論調査と、その影響力」2012/12/04 の記事の時と同様に、
「原発のあり方」の調査結果などもありましたが、調査結果はその時の数字とほとんど
変わりはありませんでしたので、今回は「グラフの自作」は致しません。

「消費税」とか「TPP」は、最初から(選挙戦の最初から)私のブログではさほど注視して
いませんので、今回も割愛します。



おや?先程、今夜のニュースウォッチ9も放送を終了したようだが、凄いですねえ~、
今夜は選挙関連のニュース枠は「ゼロ」ですか?w

本当にNHKは、今回の衆院選、報道意欲ゼロですねw

こりゃ選挙期間中のNHK恒例の「党首を追う」も、今回は無しだろーなw
まあ「政党が多すぎるから」という言い訳も立つしなあw

しかし、選挙まで一週間をきっているというのに、夜のメインニュース番組が選挙報道
ゼロとは恐れ入る。
そこまでやる気ナッシングなのであれば、いっその事、
公共放送の資格も返上したら良いのに
と思うよ。


人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

NHKニュースウォッチ9「党首を追って」

人気ブログランキングへ


今夜は短くupします。

昨夜の記事で、
『今回の選挙、NHKは報道意欲ゼロみたいだから、恒例の「党首を追う」は
やらないつもりなんだろう』

と書きました所、本日から三日間ニュースウォッチ9NW9)で「党首を追って」を放送
するとの事で、本日は自民・安倍総裁民主・野田の両名、明日からは多めの人数で
各党首の選挙戦について放送するらしいです。


『ったく、やるんならちゃんと、月曜日からやれよなあ~』って所ですが、まあ一応放送は
するようなので、その事については私も訂正をしておきます。

とりあえず、明日以降の事はあまり興味がないですね。
今夜の安倍さん野田の放送を見終えてしまえば。

桜の水島社長が懸念するような「カメラアングルによる印象操作」などは特に無かったと
思います。

全体的な報道の仕方も、まあ許容範囲と言えるでしょう。
NHKが民主党の党首を「100%完全にポジティブな形」で放送するのは、いつもの事ですし。
自民の安倍さん「8割、9割押し」と言った所でしょうか。

安倍さんの一つのポイントであり、ネックでもある所の「再チャレンジ」という要素について、
今回のNHKは、敢えてこれを取り上げていた。

一方、野田の方については、完全に民主党が望む形、民主党の言いたい事、政策及び自民党
批判「ジミンガー」も含めて全て放送してあげていた。
もちろん野田に関するネガティブなイメージは、一切感じさせない作りになっていた。



野田は今回の「党首を追って」の中でも言っていたし、確か政見放送の中でも言っていたと思うが、
この男は最近しょっちゅう『政治家の「腹」「胆力」が大事だ』というセリフを使用している。

なるほど確かに私も人間の「腹」とか「胆力」は大事だと思う。
しかし以前、続・橋下徹と小沢一郎(2012/04/14) の記事でも書きましたが、

(以下、一部抜粋)
なんにしても、ポピュリスト(小沢一郎と橋下)がサヨクと親和性が高いのは、マスゴミとの
関係を上手く利用している、という面もあるのだろう。

マスゴミとケンカをしたり、敢えてお互いに突き放したようなやり取りをする事もあるが、
ケンカをする事によってポピュリストは剛腕ぶりをアピール出来て、マスゴミはマスゴミで
それをネタに記事に出来るし、事の本質を避ける為のスケープゴートにも利用出来る。

それは「マスゴミの印象操作におんぶにだっこ状態」という今の民主党政権に比べれば
遥かに“大人の態度”と言えるのかも知れないが、「かけひきや口ゲンカが上手い」という
だけの事であれば、日本人よりもシナ人の方がよっぽど上手い連中が多いかも知れない
けれども、そんなメンタリティの政治家=指導者は、やっぱり嫌だよなあ。



確かに平気でウソをついたり、人を騙したりするのは、
よっぽど「胆力」の要る事だと思うよ。
プロの詐欺師だって、そりゃ相当の「胆力」を持ってないと
勤まらないだろうしw


もし仮に日本が他国と戦争状態に陥りそうな場合とか、一触即発の状況にあるというのなら
「そういう人間も」一時的には必要になるのかも知れないけれども、今の日本社会にとっては、
少なくとも「あの民主党政権」という「詐欺師の中の詐欺師」連中が政権を握っていた後では、
この「荒廃した日本の政界」を立て直すという意味でも、人格品格の備わった政治家に
当分の間は任せたいと思うのが、日本人の人情なんじゃないでしょうか?
と私は思うのですけど。

以下、今夜のNW9で放送された「党首を追って」の映像の一部をupして終わりにします。
(※映像のチョイスは、あくまで私の独断と偏見によるものです。私が印象的に感じた部分のみ
 抽出してupしました)

まずは民主党お得意の「ジミンガー」を炸裂させている野田から。
121211_01.jpg
『また公共事業の大盤振る舞いをするそうだ。性懲りもなく。1990年から2009年まで』

121211_02.jpg
『自民党政権の下で200兆円の公共事業がばらまかれた』

121211_03.jpg
『430兆円の借金をその時作った』

121211_04.jpg
『デフレから脱却したか?皆さんの給料上がったか?』



そして、以下は安倍さんの方です。
121211_05.jpg
『私の場合もそうだったが、いったん失敗した人に対して』

121211_06.jpg
『世の中みんな厳しい。いつまでも批判されるし、あげつらわれる』

121211_07.jpg
『こうした状況から再び立ちあがることができることを示していくことによって』

121211_08.jpg
『再び第一線に出てくることによって、日本はもっと活気づいてくるのでは』

121211_09.jpg
『失敗を恐れない社会になっていくのでは。チャレンジングな社会になっていく』


全体的には「野田の強さ」を強調するような、本日のNW9「党首を追って」でした。

でもその「強さ」は、小沢橋下などのペテン師・詐欺師の類いと「同じ強さ」という事に、
国民は気がついていると思う。

もう3年以上も、無理矢理「あの政権」と付き合わされてきたのだから。


人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

FC2Ad