FC2ブログ

処士策論

「処士」(しょし)とは、仕官していない人、民間の人、在野の人のこと

CNNが「韓国のベトナム戦争での虐殺」を報じるがネットの反応はなぜか薄い

人気ブログランキングへ

このブログをよくご覧になる人であればご存知の事と思いますが、私は別に「嫌韓派」的スタンスでこのブログを書いてはおりませんし、ましてや「英語力」がある訳でもありません。

本来こういった作業は上記の条件「普段から嫌韓的な主張を展開している」および「英語が堪能である」という条件を満たす人がやるべきだと思うのですが、世間を見渡してもそういった事をやろうとしている人を全く見かけませんので、仕方がないので微力ながら私がこのブログに書いておきます。

CNNが報じた!ベトナム戦争での韓国軍の〇〇、凄惨な記録が米軍の資料に!|奥山真司の地政学「アメリカ通信」
https://youtu.be/V2Gu-4x9LOw
180303_6lf35dc1w7_0007.jpg

奥山氏が述べているCNNの元のソースはこれのようです。
The 'forgotten' My Lai: South Korea's Vietnam War massacres (February 24, 2018)
https://edition.cnn.com/2018/02/23/asia/south-korea-vietnam-massacre-intl/index.html

ネットの自動翻訳で読んでみた限り、上記の動画で奥山真司氏が言う程の「韓国による虐殺の告発」という感じでもないような気がしますけど、まあこれでも韓国にとってはかなり不都合な報道という事ではあるのでしょう。

そして私がこの記事に関係するブログなどをざっと検索してみた限り、この事をネット上で取り上げているのはマイケル・ヨン氏のサイトぐらいしか見当たりませんでした。

Michael Yon JP 米国、日本、韓国、ベトナムへの警告(2018年2月25日)
http://michaelyonjp.blogspot.jp/2018/02/blog-post_25.html


ちなみに、これ以外にも最近、英文サイトで気になる情報を見かけましたので、それも紹介しておきます。
(※別に私は英文サイトをチェックする趣味の人間ではない。全て奥山真司氏の動画のウケ売り情報である)

遂に『慰安婦の真実』が米軍関係者向け軍事系サイトに!真の問題は何か!?|奥山真司の地政学「アメリカ通信」
https://youtu.be/eNSdS2TC4Gk
180303_6lf35dc1w7_0008.jpg

この話の元のソースは以下のサイトになります。
Much Of What You May Think You Know About Korean ‘Comfort Women’ Is Wrong (February 12, 2018)
https://taskandpurpose.com/much-may-think-know-korean-comfort-women-wrong/

こちらは全文を内容確認した訳ではないのですけど、最初の部分をざっと(自動翻訳で)読んだ限りでは、上記のCNNのモノよりも「いわゆる慰安婦問題」と韓国の関係について、かなり踏み込んだ内容になっているように思われます。
(※これの全文自動翻訳は今の所やる予定はない。誰かもっと専門的な人にやってもらいたいものだ)

https://twitter.com/U40rou/status/966237720711278593



それでは以下に(以前、英国The Economist「NHKは右傾化している」を取り上げた時と同様に)英文と自動翻訳の日文テキストを貼っておきます。

(以下、CNNの公式サイトより転載して引用。固有名詞等、若干私が修正した部分もある)
The 'forgotten' My Lai: South Korea's Vietnam War massacres (February 24, 2018)
忘れ去られた私のライ:ベトナム戦争での韓国兵による虐殺 (2018年2月24日)

By James Griffiths, CNN
ジェイムス・グリフィス(CNN記者)

(CNN) — Tran Thi Duoc was 16 when the soldiers came to her village.
トラン・ティ・ドァク(ベトナム発音だとチャン・ティ・ズゥ?)は兵士が彼女の村に来たときに16歳だった。

They wore camouflaged uniforms and helmets and carried long, black rifles. Behind them, in a neighboring hamlet to the northwest, she and other villagers could see smoke from burning houses rising into the bright, midday sky.
彼らは偽装された制服やヘルメットを着用し、長くて黒いライフルを持っていた。 彼らの後ろには、北西に隣接する村で、彼女と他の村人たちは、家を燃やして煙が晴れやかな真夏の空に浮かび上がるのを見ることができました。

The soldiers, who were Asian but spoke a language the villagers could not understand, ordered them to leave their houses and gather around a well in the village's center.
アジア人であっても村人が理解できなかった言語を話した兵士たちは、村を離れて村の中心にある井戸の周りに集まるよう命じた。

Then the shooting started.
その後、射撃が始まりました。

As Tran later told US military investigators, she fell to the ground and tried to play dead, but a soldier saw her and pulled her back up.
トランが後で米軍の調査官に話したとき、彼女は地面に落ちて死んだが、兵士が彼女を見て、彼女を元に戻した。

"I joined my two hands in front of my breast, knelt before him and begged for my life," she said. "But he shot at me."
"私は私の胸の前で両手をつないで、彼の前にひざまずいて、私の人生を乞いました"と彼女は言った。 「しかし、彼は私を撃った」

The bullets broke her fingers and tore into her arms and upper body, but did not kill her. Tran passed out. When she woke up, she discovered her parents and two brothers dead, and her three-month-old sister wounded.
弾丸は彼女の指を壊し、彼女の腕と上半身に裂けたが、彼女を殺さなかった。 トランは去った。 彼女が目を覚ましたとき、彼女は両親と二人の兄弟が死んだことを発見し、彼女の3ヶ月の妹は負傷した。

180303_6lf35dc1w7_0001.jpg
 Tran Thi Duoc, then a 16-year-old resident of Phong Nhi village, testified to US investigators about the alleged massacre by South Korean troops. Original image altered for clarity.
フォンニィ村の16歳のトラン・ティ・ドァクは、韓国軍の虐殺容疑について米国の調査官に証言した。 元画像は見やすくするために修正されている。
(※ブログ主註:フォンニィ・フォンニャットの虐殺wiki

In total, 69 people were killed in Phong Nhi and neighboring Phong Nhat that day in February 1968, according to a US investigation that was kept secret for decades.
数十年間秘密にされた米国の調査によると、その日、フォンニ村とその隣のフォンニャットで1968年2月に69人が死亡した。

It was one of many alleged Vietnam War atrocities committed against defenseless civilians that would come to be overshadowed by the My Lai massacre a month later.
それは1ヶ月後にマイ・ライ虐殺によって影を落とすようになる、無防備な民間人に対するベトナム戦争の多くの残虐行為の一つであった。

Unlike My Lai, which became public the year after it happened, the Phong Nhi and Phong Nhat killings remained largely unknown until the 21st century.
それが起こった1年後に公になったマイ・ライとは異なり、フォンニとフォンニャットの殺害は21世紀までほとんど知られていませんでした。

They were also allegedly carried out not by US troops, but by South Korean soldiers, part of a pattern of brutal behavior documented in now declassified US government cables and reports, and the testimonies of survivors and veterans.
彼らはまた、米軍によってではなく、韓国の兵士によって行われたと言われており、現在は機密扱いの米国政府のケーブルと報告書に残虐な行動のパターンと、生存者と退役軍人の証言が掲載されている。

The revelations about South Korean atrocities during the Vietnam War, which began in the early 2000s, sparked a debate about the country's culpability for the US-led conflict. This reckoning, which jarred with South Korea's own history of abuse by foreign powers and mass killings, is still going on today and remains a deeply sensitive subject.
2000年代初めに始まったベトナム戦争時の韓国の残虐行為についての暴露は、米国主導の紛争に対する国の犯罪性についての議論を巻き起こした。 韓国の外国勢力による殺害の歴史と大量殺戮の歴史に悩まされているこの計算は、今日もなお進行中であり、依然として深刻な問題です。

South Korea's 'crucial' role
韓国の「重要な」役割


In September 1965, President Park Chung-hee, a former army general who had seized power in a coup four years earlier, ordered thousands of South Korean combat troops to pour into Vietnam.
1965年9月、4年前にクーデターで権力を握った元軍将軍の朴正熙(パク・チョンヒ)大統領は、何千人もの韓国の戦闘隊にベトナムへの注ぎを命じた。

They formed the bulk of of the Free World Military Assistance Forces, an unlikely grouping of troops from South Korea, Australia, New Zealand, the Philippines, Spain and Taiwan.
彼らは、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、スペイン、台湾からの軍隊のグループ化はほとんどない、自由兵器支援軍の大部分を形成した。

According to a 2016 report by the US School of Advanced Military Studies, "the ROK (Republic of Korea) Army played a crucial role in the US Army's operations ... and by 1972, outnumbered their American partners."
米軍高等学校の2016年の報告書によると、「韓国軍は米軍の活動において重要な役割を果たした...そして、1972年までに、彼らのアメリカのパートナーの数を上回った。

Around 320,000 South Korean soldiers would rotate through Vietnam during the war, with more than 50,000 in the country at the height of their deployment, according to the SAMS report. Despite this, South Korea's role in the conflict is little known in the West, where the Vietnam War is near universally depicted in popular culture as being fought by US troops, with other nations reduced to minor supporting roles.
サムスンレポートによると、約32万人の韓国人兵士が戦時中にベトナムを回り、その国の人口が5万人を超えているという。 それにもかかわらず、紛争における韓国の役割は西側ではほとんど知られておらず、ベトナム戦争は普遍的な文化の中で一般的には。

(ピクチャは省略)
South Korean soldiers seen with a group of captured Vietcong prisoners.
韓国の兵士たちは、捕獲されたベトコン囚人群と会った。

The deployment was a political masterstroke by Park, according to historian Kil J Yi, as it made the president essential to a US government that was balking at the cost of propping up a South Korean administration moving further from, not toward, democracy.
歴史家キル.J.リーによると、この派兵は朴政権による見事な政治的手腕であったと、韓国政府が民主主義からではなく、民主主義から非民主主義へと移行することを犠牲にして米政府に不可欠だった。

"South Korea was under enormous pressure to secure US economic and military assistance," Yi told CNN. "The Vietnam War was the catalyst for Washington deciding to continue to pour massive aid into the Korean government."
リー氏は「韓国は、米国の経済的、軍事的援助を確保する大きな圧力の下にあった」とCNNに語った。 「ベトナム戦争は、ワシントンが韓国政府に大規模な援助を続けていくことを決定する触媒だった」

"South Korea's participation changed how Washington perceived South Korea and (ROK) military forces," Yi said, adding that in the wake of the war South Korea "became a model client state."
「韓国の参加は、ワシントンが韓国と韓国軍をどのように認識するかを変えた」。リー氏は、戦争の結果「韓国は典型的な従属国となった」と付け加えた。

(ピクチャは省略)
A female Viet Cong soldier seen in action with an anti-tank gun during the Tet Offensive in early 1968.
1968年の初めのテト攻勢の時には対戦車砲で行動していた女性ベトコン兵が見られた。

Tet Offensive and brutal retaliation
攻撃的で残忍な報復を試みる


South Korean assistance ramped up throughout the mid to late 1960s, but it did little to turn the tide of the war, and in early 1968, the North Vietnamese and their revolutionary allies in the South, dubbed the "Viet Cong" by the US, launched the devastating Tet Offensive, a massive surprise attack against 36 cities in South Vietnam, including the capital, Saigon.
韓国の援助は1960年代後半にかけて増加したが、1968年の初めには北ベトナムと南部の革命的な同盟国であった米国の「ベトコン」と呼ばれ、 首都のサイゴンを含む南ベトナムの36都市に対する大規模な奇襲攻撃を開始した。

In response, US, Free World, and South Vietnamese forces launched a brutal counteroffensive, one that was viscerally brought home to the US public when an AP photographer snapped Gen. Nguyen Ngoc Loan summarily executing an unarmed Viet Cong prisoner on the streets of Saigon.
これに応えて、米国、フリー・ワールド、南ベトナム軍は、残虐な反撃を開始しました、APフォトグラファーがグエン・ゴク・ロアン氏を非難して、サイゴンの通りで非武装のベトコン囚人を即時に射殺したときに。

According to Nick Turse, author of "Kill Anything That Moves: The Real American War in Vietnam," the response to the Tet Offensive "quickly turned into an orgy of massacres." Within months, the My Lai massacre would take place.
「動くものはすべて殺せ:ベトナムのリアルアメリカ戦争」の著者ニック・タースによると、テト攻勢に対する反応は「すぐに大虐殺の乱交に変わった」 数ヶ月のうちに、マイ・ライの虐殺が起こるでしょう。

It was also at this time when a force of South Korean marines patrolling near the village of Phong Nhat (sometimes spelled Phong Nhut) came under sporadic sniper fire.
また、その頃フォンニャット村(時にはPhong Nhutと綴られる)の近くでパトロールしている韓国の海兵隊員が、散発的な狙撃兵の射撃を受けた。

180303_6lf35dc1w7_0002.jpg
US Marines Lt. JR Sylvia testifies to military investigators about an alleged massacre in Phong Nhi, Vietnam on February 12, 1968. Original image altered for clarity.
米海兵隊JRシルビア中尉は1968年2月12日にベトナムのフォンニで起きた虐殺容疑について、軍の捜査官に証言している。元画像は見やすくするために修正されている。

According to a US military investigation, the South Koreans responded by shelling the village with mortars, before moving in to clear it. They then headed into nearby Phong Nhi, where they allegedly massacred dozens of villagers.
米軍の調査によると、韓国人は村を迫撃砲で砲撃して、それをクリアすることにした。 彼らはその後、近くのフォンニャット村に向かった。彼らは恐らく数十人の村人を虐殺した。

US troops entered the village after the South Koreans had left. "The villagers had apparently been rounded up into three groups and shot," a report prepared by the US Embassy to South Vietnam said.
韓国軍が去った後、米軍は村に入った。南ベトナムの米大使館が作成した報告書によると「村人たちは明らかに3つのグループに分かれて撃たれた」。

"A number of victims had been stabbed, and one young woman had her breast cut off ... sixty-nine civilians were killed, mostly women and children."
「多くの被害者が刺され、若い女性の1人が乳房を切った.69人の一般市民、主に女性と子供が殺された」

Lt. JR Sylvia watched the massacre taking place from a position opposite the village with a force of US marines and South Vietnamese troops. "The (Koreans) refused us permission to go into Phong Nhi," he told investigators. "Thus we could only wait until it had ended."
JRシルビア中尉は、米海兵隊員と南ベトナム軍の力で村の向かい側から虐殺を見た。 「(韓国人は)私たちがフォンニに入る許可を拒否した」と彼は捜査官に語った。「それゆえ、私たちはそれが終わるまで待つだけでした」

When they eventually entered the village, "the patrol found two old people buried under the debris of a burned house, a large number of bodies were found in a nearby ditch all covered with grass, several other corpses were recovered from the debris -- all too badly burned to identify or determine their sex."
彼らが最終的に村に入ったとき、「パトロールでは、2人の老人が燃え尽きた家の瓦礫の下に埋葬され、近くには草で覆われた多数の遺体が発見され、他のいくつかの遺体が瓦礫から回収された 彼らの性別を特定したり決定したりするにはあまりにもひどく燃えた」

"Further down the trail another large group of bodies were found along with ... two wounded women," Sylvia said. "One woman held out her ID card the entire time for fear that the patrol would kill her."
「2人の負傷した女性とともに、別の大きなグループの遺体が発見された」とシルビア氏は語った。「パトロールが彼女を殺してしまう恐れがあるため、ある女性がIDカードを全面に出した。」

Photos taken by the US troops, contained within the investigators' report, show women and children shot at close range and mutilated, and their homes burned.
調査官の報告書に含まれている米軍の撮影写真には、近距離で射殺された女性や子供たちが示され、家屋は焼かれた。

A US Marine Corps history of the period suggests such behavior was common: Maj. Gen. Rathvon Tompkins told the authors whenever the Korean marines received fire "or think (they got) fired on from a village ... they'd divert from their march and go over and completely level the village ... it would be a lesson to (the Vietnamese)."
米海兵隊のこの時期の歴史は、このような行動が一般的であることを示唆している.ラスボン・M・トンプキンズ将軍は、韓国の海兵隊員が火事を受けたとき、あるいは彼らが村から発砲したと思ったら... 行進して村を完全に平らにする...それはベトナム人にとって教訓になるだろう。

Marine commander Gen. Robert Cushman added, "we had a big problem with atrocities attributed to them, which I sent on down to Saigon."
ロバート・クシュマン海兵司令官は、「私たちはサイゴンに送られた残虐行為に大きな問題を抱えていた」と付け加えた。

(ピクチャは省略)
US Gen. William Westmoreland ordered an investigation into alleged South Korean atrocities.
ウィリアム・ウエストモアランド国防長官は、韓国の残虐行為の疑惑を調査した。

Campaigning for the truth
真実のためのキャンペーン


Two months after the Phong Nhi massacre took place, the commander of US forces in Vietnam, Gen. William Westmoreland, sent a preliminary copy of the investigation to his South Korean counterpart, Lt. Gen. Chae Myung-shin, asking for an urgent response, according to declassified US documents.
虐殺が起きてから2ヵ月後、ベトナムのウィリアム・ウェストモアランド軍司令官は、米国の文書によると、緊急の対応を求めて、韓国側の窓口チェ・ミョンシン陸軍中将に予備調査を送った。

Chae assured Westmoreland that ROK troops were not responsible, instead laying the blame at the foot of the Viet Cong communist revolutionaries.
チェ氏はウェストモアランドに対し、韓国軍には責任が無い事を保証し、代わりにベトコン共産主義革命家の責任を置いた。

"Viet Cong, at numerous occasions, had operated in the area, disguised in camouflaged uniforms similar to those normally worn by ROK Marine troops," Chae said in a declassified cable. "(We) conclude that the massacre was an act conspired and mercilessly (carried out) by the communists."
チェ氏は、機密扱いのケーブルで「ベトコンは、数多くの機会に、韓国海兵隊が通常着用するような偽装された制服で装飾され、その地域で活動していた」「虐殺は、共産主義者が共謀して無慈悲に(行使した)行為だと結論づけている」と述べた。

The case stopped there. Faced with an abject South Korean denial, there was little US investigators could do despite describing Chae's account as "at odds" with evidence from US Marines, Vietnamese troops and civilians.
事件はそこで止まった。 惨めな韓国の拒否に直面して、米海兵隊員、ベトナム軍および民間人からの証拠を「不安定」としているチェ氏の説明にもかかわらず、米国の捜査官はほとんど対応できなかった。

As Turse has documented, drawing on dozens of declassified documents, courts martial hearings, and war crimes probes, most alleged atrocities by US and allied troops were not investigated and went unpunished, despite mass killings of civilians being "unbearably commonplace throughout the conflict."
タースが文書化したように、数十の機密文書、裁判所の聴聞会、戦争犯罪の調査で描かれているように、民間人の大量殺戮が「紛争全体ではめったに見られない」にもかかわらず、米国と連合軍の最も残虐な主張は調査されず、処罰されなかった。

180303_6lf35dc1w7_0003.jpg
In a letter from South Korea Lt. Gen. Chae Myung-shin to US commander Gen. William Westmoreland, Chae accused Viet Cong guerillas of carrying out the Phong Nhi massacre. Original image altered for clarity.
チェ氏は、韓国チェ・ミョンシン陸軍中将から米国ウィリアム・ウェストモアランド軍司令官への手紙で、ベトコン・ゲリラがフォンニの虐殺を実行したと非難した。元画像は見やすくするために修正されている。

My Lai was the rare exception, both in that it became front page news around the world, and that someone was held accountable for it: US Army Lt. William Calley. He was court-martialed and sentenced to life in prison, but released in 1974 after serving only three years of house arrest. None of his superiors were punished.
マイ・ライは、世界のトップニュースとなり、誰かが責任を負うことになったという点で、まれな例外であった。米軍陸軍ウィリアム・キャリー(William Calley)。 彼は裁判所に殺され、刑務所での生活を宣告されたが、1974年には3年間の自宅捜査を行った後に釈放された。 彼の上司のいずれも処罰されなかった。
(※ブログ主註:ウィリアム・カリーwiki

The horror of My Lai also served to overshadow other alleged atrocities, which, as Turse writes, "have essentially vanished from popular memory."
マイ・ライの恐怖は、タースが書いているように、「人気のある記憶から本質的に消えてしまった」と言われている他の残虐行為を隠す役割も果たしました。

This was despite a years-long effort by Vietnamese civilians, peace campaigners, journalists and US veterans to bring attention to the horror of the war. As future Secretary of State John Kerry testified before Congress in 1971, "war crimes committed in Southeast Asia (were) not isolated incidents but crimes committed on a day-to-day basis with the full awareness of officers at all levels of command."
これは、戦争の恐怖に注目するために、ベトナムの民間人、平和運動家、ジャーナリスト、そして米国の退役軍人が何年もの努力をしてきたにもかかわらず、 ジョン・ケリー国務長官が1971年に議会の前で証言したように、「東南アジアで戦争犯罪が起きたのは、孤立した事件ではなく、あらゆるレベルの将校の警察官の徹底した犯罪です。

In the "Winter Soldier" hearings organized by Vietnam Veterans Against the War, a transcript of which was later entered into the Congressional Record by Sen. Mark Hatfield, soldiers testified, in Kerry's words, to how "they had personally raped, cut off ears, cut off heads, taped wires from portable telephones to human genitals and turned up the power, cut off limbs, blown up bodies, randomly shot at civilians, razed villages in fashion reminiscent of Genghis Khan, shot cattle and dogs for fun, poisoned food stocks, and generally ravaged the countryside of South Vietnam."
VVAW(反戦ベトナム復員兵)主催の「冬季軍人公聴会」では、マーク・ハットフィールド上院議員の議会記録に記録された兵士たちは、ケリーの言葉で、「彼らが個人的にレイプしたり、耳を切ったり、頭をカットしたり 携帯電話から人の生殖器にワイヤーを巻き付けて力を入れ、手足を切って体を吹き飛ばし、無作為に市民に撃ち殺し、ジンギスカンを連想させるファッションで村落を荒らし、牛と犬を撃ち殺し、食糧を食べさせた。 南ベトナムの田舎を荒廃させた」と述べた。

They also testified about the conduct of their allies. One witness told the "Winter Soldier" hearings how they handed over four captured female North Vietnamese army nurses to ROK Marines.
彼らはまた、同盟国の行動について証言した。 ある証人は「冬季軍人公聴会」で、捕虜の北ベトナム陸軍看護師4人を韓国海兵隊に引き渡したことを伝えた。

"They tied their hands to the ground, they spread-eagled them: they raped all four," he said, going on to describe how the Korean troops mutilated and murdered the women.
「彼らは地面に手をつないで広げた。彼らは4人すべてを強姦した」と、韓国軍がどのように女性を殺害し殺害したかを描写した。

(ピクチャは省略)
A memorial erected to victims of the Phong Nhi massacre in Quang Nam province, Vietnam.
ベトナム・クアンナム省のフォンニ虐殺の被害者に建立された記念碑。

Reckoning with history
歴史を考慮する


In the US, public opinion around the Vietnam War plummeted as it dragged on and evidence of civilian massacres began to come out, ending in the publication of the Pentagon Papers exposing the "systematic" nature in which multiple presidential administrations lied to the public about the war.
米国では、ベトナム戦争の周りの世論は引きずり込まれ、民間虐殺の証拠が出始め、複数の大統領政権が戦争について嘘をついた「系統的な」性質を明らかにしたペンタゴン論文の出版が終わった。

However, Ku Seu-jeong, executive director of the Korean-Vietnamese Peace Foundation, says "despite the fact that the Vietnam War was the first and largest overseas (combat) deployment in the history of South Korea, and had great influence on the country's economic growth, it was (still) a 'forgotten war'."
しかし、ベトナム平和財団の常任理事ク・スジョン「ベトナム戦争は韓国歴史の中で初めての最大の海外(戦闘)展開であり、経済成長に大きな影響を与えたにもかかわらず、それは(まだ)“忘れられた戦争”だった」と言う。

"It was forbidden to discuss ... why South Korea engaged in the war, and what it did," she said.
「なぜ韓国が戦争に参加したのか、それが何をしたのか、議論することは禁じられた」と彼女は言った。

Beginning in 1999, Ku helped bring evidence of alleged South Korean massacres to light as a Vietnam-based correspondent for the weekly news magazine Hankyoreh 21.
ク氏は1999年から週刊誌「ハンギョレ21 」のベトナム特派員として、韓国の虐殺容疑の証拠を明らかにした。

In 2001, South Korean President Kim Dae-jung told visiting Vietnamese leaders he was sorry "we took part in an unfortunate war and unintentionally created pain for the people of Vietnam."
2001年、金大中(キム・デジュン)大統領は、訪問したベトナムの指導者に対し、「私たちは不幸な戦争に参加し、意図せずにベトナムの人々に苦痛を与えた」と申し訳なく思った。

Conservatives were outraged, and Park Geun-hye, daughter of Park Chung-hee and a future South Korean President, accused Kim of driving "a stake through the honor of South Korea," according to local media.
保守派は激怒し、朴正熙(パク・チョンヒ)の娘であり将来の韓国大統領でもある朴槿恵(パク・クネ)は、地元の報道によると、金氏が「韓国の名誉を通じて賭けをする」と非難した。

180303_6lf35dc1w7_0004.jpg
A string of ten blindfolded Viet Cong suspects is led to his base camp by a soldier of the Korean Tiger division on Feb. 20, 1966.
1966年2月20日、韓国人タイガー部隊の兵士によって、ベト・コンと疑われた目隠しされた10人が基地キャンプに導かれた。

The massive amounts of US aid which came with the war helped kick start an economic boom which eventually saw South Korea become one of the leading Asian economies, and acknowledging the source of that growth remains a sensitive subject, said Yi, the historian.
戦争に伴う米国の大量の援助は、経済的なブームを起こし、韓国をアジアの主要経済国の1つに見せていたが、その成長の源泉を察知することは依然として敏感な問題であると、歴史家のリー氏は述べる。

"South Koreans in the 1980s and 1990s were encouraged to believe that their economic transformation was a miracle of the Han River, not the blood shed in Indochina," he said.
「1980年代と1990年代の韓国人は、彼らの経済的変革がインドシナの流血ではなく、漢江の奇跡だと信じるよう奨励された」と彼は語った。

"To argue that one of the contributing factors was sending 300,000 soldiers to Vietnam, some of whom acted very, very violently, doesn't fit very well with the modern history."
「ベトナムへの30万人の派兵が要因の一つであるという主張は、そのうちいくつかは非常に暴力的な行動で、現代史にはうまく合わない」

To this day, Yi said, "there's an element of self-censorship to seriously looking into the bloody and darker side of South Korea's intervention in the Vietnam War."
今日まで、リー氏は、「ベトナム戦争への韓国の介入の真っ暗な部分を真剣に見極めるための自己検閲の要素がある」と述べた。

Discussion of the war remains a sensitive issue for South Korean-Vietnamese relations as well, with Seoul and Hanoi -- now some of the closest allies in East Asia -- generally avoiding the topic.
戦争の議論は、韓国とベトナムの関係にとっても、ソウルとハノイ(現在東アジアで最も緊密な同盟国の一部)にとって、この話題を一般的に避けている。

Last year, President Moon Jae-in earned a rare rebuke from Hanoi when, in a Memorial Day address, he praised the "dedication and sacrifice of the Korean Vietnamese War veterans," who "carried out their missions silently, prevailing over hardships in sweltering heat waves and jungles."
昨年、ムン・ジェイン大統領は、記念日の演説で「猛烈な熱波とジャングルの苦難を乗り越えて、自らの使命を黙って実行したベトナム戦争のベテランの献身と犠牲」を称賛して、ハノイから珍しい叱責を受けた。

In a statement, Vietnam's Ministry of Foreign Affairs urged Seoul to avoid future actions that might "negatively affect the cooperative relationship between the two countries."
声明で、ベトナム外務省はソウルに、「両国間の協力関係に悪影響を与える」将来の行動を避けるようにと訴えた。

(ピクチャは省略)
There has been increasing pressure in recent years for South Korea to apologize for its role in alleged Vietnam War atrocities.
近年、韓国はベトナム戦争の残虐行為での役割について謝罪する圧力が高まっている。

Seeking apology
謝罪を求めて


According to Ku, "calls for the recognition of the truth about the massacre of South Vietnamese civilians" have been growing in the past two decades.
クー氏によると、「南ベトナムの民間人の虐殺についての真実の認識が求められている」という指摘が過去20年間で増えている。

Sensitivity over how and how much to apologize for South Korea's role in Vietnam is particularly poignant given the country's own experience under Japanese occupation and ongoing disputes over so-called "comfort women" forcibly enlisted by Japan for its troops in World War II, accounts of which Japan strongly disputes.
ベトナムでの韓国の役割について、どのくらい、そしてどれほど謝罪するかは神経過敏な問題で、日本の占領下での自国の経験と第二次世界大戦中に日本が強制力をもって訴えたいわゆる「慰安婦」に関する紛争が続いていることを考えると、特に痛烈である。

Many of those active in pushing for a full reckoning with the Vietnam War legacy are also campaigners for the "comfort women," including artists Kim Seo-kyung and Kim Eun-sung, who designed an iconic statue of a "comfort woman," versions of which have been erected in protest outside several Japanese consulates in South Korea.
ベトナム戦争の遺産に全面的に取り組むために積極的に活動している人々の多くは「慰安婦」の象徴的な像をデザインしたキム・ソギョン、キム・ウンソンのアーティストを含む「慰安婦」の運動家でもある、そのうちのいくつかは、韓国のいくつかの日本領事館の外に抗議して建てられている。

Last year, the Kims unveiled a statue memorializing the victims of the Vietnam War on the South Korean island of Jeju, sponsored by the Korean-Vietnamese Peace Foundation.
去年、キムは、韓国 - ベトナム平和財団が主催する韓国の済州島へのベトナム戦争の犠牲者を記念した彫像を披露した。

Ku said the statue, called the "Vietnam Pieta" and modeled on the traditional depiction of the Virgin Mary cradling post-crucifixion Jesus, was "intended as an apology for the Vietnam War."
「ベトナム・ピエタ」と呼ばれ、イエス・キリストを葬った聖母マリアの伝統的な描写を模した像は、「ベトナム戦争の謝罪を意図していた」とクー氏は言う。

180303_6lf35dc1w7_0006.jpg
The "Vietnam Pieta" statue, commemorating civilian deaths in the Vietnam War, seen on South Korea's Jeju island.
ベトナム戦争で民間人が死亡したことを記念して制作された「ベトナムピエタ」像。

Kim Seo-kyung said she and her husband were inspired by seeing Japanese people coming to rallies to apologize for that country's treatment of Korea during World War II, and designed the statue "to apologize in our way" for the Vietnam War.
キム・ソギョンは、第二次世界大戦中に日本人が集会に来て日本の韓国の扱いを謝罪するのを見て、彼女と夫は触発され、ベトナム戦争のために "途中で謝罪する"という彫像をデザインしたと語った。

She said the plan had been to unveil statues in Vietnam and South Korea at the same time, but this fell through.
彼女は、計画がベトナムと韓国の彫像を同時に公開することになっていたと述べたが、これは崩壊した。

In April, the two-day People's Tribunal on War Crimes by South Korean Troops During the Vietnam War will open in Seoul, focusing on the Phong Nhi and Phong Nhat massacres, and the killings in Ha My. Organizers said they plan to use the material gathered in the unofficial hearing to help bring a damages lawsuit against the South Korean government later in the year.
4月には、ベトナム戦争中の韓国軍による戦争犯罪に関する2日間の人民裁判所が、フォンニとフォンニャットの大虐殺とハ・マイの殺害に焦点を当てて、ソウルで開かれる。 主催者は、非公式聴聞会で集められた資料を使用して、今年後半に韓国政府に対して損害賠償を請求することを計画していると述べた

The tribunal will also be used to pressure President Moon, who disappointed campaigners by failing to go further than previous leaders in a November trip to Vietnam, saying only that South Korea "has a debt of heart" to the country. The South Korean government did not respond to a request for comment for this article.
裁判所はまた、11月のベトナム訪問で前回の指導者より先に失敗して選挙人に失望したムン大統領に圧力をかけるために使用され、韓国には「心の負担がある」と言いました。 韓国政府はこの記事に対するコメントの要請に応じなかった。

"We think it is time to hold the Korean government officially accountable and accept our (country's) responsibility during the Vietnam War," said Boram Jang, a lawyer and one of the tribunal's organizers.
「ベトナム戦争中に韓国政府に正式に責任を負わせ、私たちの(国の)責任を受け入れるべき時だと思う」と、法廷裁判所と裁判所の主催者の1人であるボラム・ジャン氏は述べた。

She said given South Korea's continued lobbying of Japan over "comfort women" and other World War II abuses, "we should also officially apologize to victims of the Vietnam War."
彼女は、韓国の「慰安婦」やその他の第二次世界大戦の暴力に対する日本の継続的なロビー活動を踏まえて、「ベトナム戦争の犠牲者に公式に謝罪すべきだ」と述べた。

"Our principle for this tribunal is not to judge or punish those Korean soldiers who participated, we want to hear their stories, not just condemn," she said. "Maybe those veterans could be victims too."
「この法廷の原則は、参加した韓国の兵士を裁くものではなく、非難するだけでなく、彼らの話を聞きたい」と述べた。 「そのベテランも犠牲者になるかもしれない」(終)


「NHK解体」に関するまとめ(十例)

(1) 日本の公共放送であるにもかかわらず、「自立国家・日本」が主張すべき意見を封殺し、しかも運営資金のほとんどを日本人が負担しているのに、中国・朝鮮、又は旧GHQ(特に米国の立場を優先するような番組しか制作しない。 リンク1リンク2

(2) 受信料制度に様々な不備があり、甚だ公平性を欠いている。また「国営なのか?非国営なのか?」という点も不明瞭である。「国営放送局の新規創設」「民営化」「スクランブル化及びペイパービュー」などが検討されて然るべきである。 リンク1リンク2リンク3リンク4
(※NHK受信契約訴訟の最高裁判決(平成29年12月6日)に関する記事)
「NHK受信契約訴訟・最高裁判決」から私が考えた事(2017/12/9)

(3) 局の政治的及び思想的スタンスが左側の言論に偏っている。「いわゆる保守系」の言論人はほとんどNHKの番組から排除されている。 リンク1リンク2

(4) 昔はともかく、現在では朝日新聞よりもNHKのほうが害が大きい。朝日は儲からなくなれば方針転換を余儀なくされ、また新聞業界自体が斜陽産業である。一方NHKには潤沢な資金(税金)があり、更には「映像や音声で直接感覚に訴える」という高いプロパガンダ能力もある。 リンク1リンク2

(5) 「弱者・被害者」報道は公共放送として、もちろんあって然るべきだが<言葉狩り><論点ずらし><自己保身><イデオロギー闘争>に利用する為にNHKの場合、それが至上命令となっておりやり過ぎである。 リンク1リンク2

(6) NHKの原発報道は「反原発」一色で、「原発再稼働」側の意見は皆無に等しい。現在多くの国民が患っている「原発アレルギー」は、NHKが3.11以降に垂れ流してきた“音声”と“映像”によって作り上げられた、と言っても過言ではない。 リンク1リンク2リンク3拙ブログの「反原発」関連カテゴリへのリンク

(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2

(8) 「表現の自由」を盾に一切の干渉を排除し、リベラル知識人特有の「上から目線(=「国民は愚民」という意識)」も強烈で、公共放送の在り方や番組の内容について「国民にアンケートを採る」という事を一切しようともせず、非常に独善的であるリンク1リンク2

(9) 「JAPANデビュー反日台湾番組」や「佐村河内のヤラセ番組」等、非常に問題のある番組を数多く放送してきたが、責任を全く感じていない。 リンク1リンク2

(10) 一般のマスメディアで取り上げられる事はほとんどないが、NHK職員の不祥事は異常に多い。また公共の受信料で成り立つ放送局としては職員の待遇がお手盛り過ぎるという問題もある。 リンク1リンク2


その他にも、NHKが制作してきた数多くの「媚中番組」「韓国・朝鮮人擁護番組(ヘイト関連含む)」「民進党擁護番組」等の問題、また近年急速に内容が劣化している「NHK大河ドラマ」の問題などもありますが、それらは上記から割愛しました。

【結論】NHKを解体して、国民にとって必要最低限の事を放送する国営放送局を立ち上げ、残りは民営化すべし。(終)

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

確かに北朝鮮問題の最中にモリカケで騒ぐマスゴミと野党は愚かだが、しかし

人気ブログランキングへ

毎年3.11の頃になると、このブログではNHKの反原発・放射能プロパガンダを批判する記事をずっと書いてきたような気がするのですが、改めて一年前のその頃の記事を調べてみると、実は違っていました。

一年前、何の事を書いていたか?と言うと実は「森友」の件でした。
『こんな幼稚でバカバカしいニュースをまだ続けるのか?』と。
(※ちなみにそれ以前の記事も調べてみたら、3.11に関するNHKの反原発プロパガンダを追及していたのは基本的に3年目の2014年までだった)

これは今現在の私の心境と全く同じです。
考えてみればマスゴミと野党は一年以上、このような愚にもつかないバカ騒ぎを続けてきた訳ですね。

まあ、そんな話は私自身、このブログで昨年からずっと指摘してきた話ですけど。
北朝鮮危機の最中によくもまあ、こんな幼稚でバカバカしい騒ぎを続けているものだ』と。

こういった話は今でこそ、ネット上では頻繁に目にするようになったと思います。

しかしこの事については、実は「マスゴミと野党の幼稚さ、および愚かさ」ばかりを嘆いてはいられないと、私はかなり以前から感じています。


この幼稚でバカバカしい騒ぎを続ける事は、実はマスゴミと野党だけに限らず、与党・安倍自民党を含めた多くの政治家、そしてそれを無自覚に支持している多くの国民、要するに日本人の大半が「好んで」このバカ騒ぎを続けているのではなかろうか?と私はずっと感じているのです。

なぜなら、私が昨年からずっと書いているように「北朝鮮危機」に対して日本が自主的に出来る事はほとんど何も無いのですから、「このバカ騒ぎを止めて」真面目に対処方法を議論した所で、出てくるセリフは所詮「他国と連携して圧力を加える」等の決まりきったセリフのみで、日本が自力で北朝鮮の核・ミサイルを放棄させたり、拉致被害者を奪還する事など「出来る訳がない」と、こういった不都合な事実が白日の下にさらされるだけの事なのですから。

要するに「バカ騒ぎをしていれば現実を見なくても済むので、皆そのようにしているだけ」という事で、それは別に
「与党、野党」「親日、反日」「ネット、マスゴミ」
に関わらず、大半の日本人がそのように考えている訳で、野党反日マスゴミだけが批判されるのは少し筋が違うのではなかろうか?という事です。
(※と言うか「現実を見なくても済む」というある種の罪悪感を意識している人間はまだマシなほうで、実は大半の人間は「日本の危機」に対して無自覚なのだと思う)




『いや、私は違うぞ。私は日本がもっと素晴らしい国になる事を心底願っているぞ』
と思う人がいるかも知れません。

しかし、そうであるならば、まず「日本を強い国にする」という事を願うのが当然のはずです。


最近、青山繁晴議員が『私は昔から日本の核武装には反対の立場だったけれども、もしアメリカが北朝鮮の核ミサイルを「アメリカに届かないようであれば、これを認める」(=日本が射程圏内である分には容認する)という事になれば、日本は核武装するしかなくなる』という話をよくされています。

私個人の考え方としては、青山繁晴議員の意見は(現実的かどうかは別にして)至極当たり前の意見だと思います。
日本の残念な所は、このような当たり前の意見を述べる事が出来るのが「青山さん一人しかいない」という事なのですけど。

そして青山繁晴議員は以前から「原発の再稼働」を賛成する立場の人です。過去記事でずっと書いてきたように、私も同様の意見です。

この7年間、無意味に原発を止めてきたせいで、日本は何十兆円という無駄な費用を海外に支払ってきたのですから当たり前の話です。

そして日本の軍備増強も大いに急がなければならない所ですが、この「何十兆円」という金があったならば、日本はどれだけの軍備増強が出来た事か。




しかし私が知る限りネット上であれどこであれ、こういった「日本を強い国にする」という意見を見かける事はあまりありません。

特に「原発の再稼働」に関しては、そうです。

これは私が昔から指摘している話ではあるのですが「いわゆる保守系」と呼ばれる人達の中にも「原発の再稼働」に反対している人間はかなりいます。
(※この人達を「いわゆる保守系」と呼んで良いのかどうか知らないが、主だった所では長谷川幸洋武田邦彦竹田恒泰などがそれに当たる)




朝日新聞に「言論封殺」をする力など、もはや残っていない事は誰の目にも明らかである。それはこの一年間のモリカケ騒動でより一層明白になった。

今一番「言論封殺」の力を有しているのはNHKである。

そして私が度々指摘してきたように、NHKの「言論封殺」の三大項目は、
核兵器(広島・長崎)、原発(福島)、沖縄基地問題である。

日本人が核兵器や原発について「正しい意見を述べる事が出来ない」のは、NHKが有している絶大な「言論封殺力」を恐れているか、あるいは無意識の内に『そのような事を発言するのは悪い事だ』と思い込まされて(=洗脳されて)いるからである。
(※3.11以降に何度も書いたが、この洗脳は戦後GHQがNHKを使って刷り込ませた「自虐史観」の洗脳と全く同じで、3.11以降の3年間、国民に向けて徹底的に繰り返して浴びせられ、現在でも定期的に反復させられている)




中国の軍備増強は膨れ上がり続け、アメリカは東アジアでの影響力が相対的に低下しつつある。

普通に考えれば、日本はかなり急いで軍備増強をする必要がある、と誰もが考えるはずだろう。

しかしこの一年間「北朝鮮危機」という「ある種のきっかけ」があったにも関わらず、日本は軍備増強に向かう気配をほとんど見せない。

これはマスゴミと野党がモリカケのバカ騒ぎをやっていた事が原因と言うよりも、大半の日本人が「日本が強い国になる必要性」を感じていないか、それに気がついていないだけの事である。




日本の軍備増強はそう簡単に出来る事ではない。相手国がそれ以上に強くなってしまう可能性もあるのだから。

しかし「自分達の意識を変えるだけ」なら、実はそれほど難しい話ではない。

「原発再稼働」も「核武装の論議をする事」も「憲法改正」も、「自分達が意識を変えるだけ」で、すぐにでも出来る話である。



ただ、このような当たり前の理屈が世間に共有されるようになるのは、今の日本のメディア状況では到底不可能なので、おそらく「本当の有事」に遭遇する時になって初めて表面化する事になるのだろう、と私は思っている。



<最後に最近のツイートをいくつか紹介>
https://twitter.com/U40rou/status/971994809257811970


https://twitter.com/U40rou/status/971589451087425537



「NHK解体」に関するまとめ(十例)

(1) 日本の公共放送であるにもかかわらず、「自立国家・日本」が主張すべき意見を封殺し、しかも運営資金のほとんどを日本人が負担しているのに、中国・朝鮮、又は旧GHQ(特に米国の立場を優先するような番組しか制作しない。 リンク1リンク2

(2) 受信料制度に様々な不備があり、甚だ公平性を欠いている。また「国営なのか?非国営なのか?」という点も不明瞭である。「国営放送局の新規創設」「民営化」「スクランブル化及びペイパービュー」などが検討されて然るべきである。 リンク1リンク2リンク3リンク4
(※NHK受信契約訴訟の最高裁判決(平成29年12月6日)に関する記事)
「NHK受信契約訴訟・最高裁判決」から私が考えた事(2017/12/9)

(3) 局の政治的及び思想的スタンスが左側の言論に偏っている。「いわゆる保守系」の言論人はほとんどNHKの番組から排除されている。 リンク1リンク2

(4) 昔はともかく、現在では朝日新聞よりもNHKのほうが害が大きい。朝日は儲からなくなれば方針転換を余儀なくされ、また新聞業界自体が斜陽産業である。一方NHKには潤沢な資金(税金)があり、更には「映像や音声で直接感覚に訴える」という高いプロパガンダ能力もある。 リンク1リンク2

(5) 「弱者・被害者」報道は公共放送として、もちろんあって然るべきだが<言葉狩り><論点ずらし><自己保身><イデオロギー闘争>に利用する為にNHKの場合、それが至上命令となっておりやり過ぎである。 リンク1リンク2

(6) NHKの原発報道は「反原発」一色で、「原発再稼働」側の意見は皆無に等しい。現在多くの国民が患っている「原発アレルギー」は、NHKが3.11以降に垂れ流してきた“音声”と“映像”によって作り上げられた、と言っても過言ではない。 リンク1リンク2リンク3拙ブログの「反原発」関連カテゴリへのリンク

(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2

(8) 「表現の自由」を盾に一切の干渉を排除し、リベラル知識人特有の「上から目線(=「国民は愚民」という意識)」も強烈で、公共放送の在り方や番組の内容について「国民にアンケートを採る」という事を一切しようともせず、非常に独善的であるリンク1リンク2

(9) 「JAPANデビュー反日台湾番組」や「佐村河内のヤラセ番組」等、非常に問題のある番組を数多く放送してきたが、責任を全く感じていない。 リンク1リンク2

(10) 一般のマスメディアで取り上げられる事はほとんどないが、NHK職員の不祥事は異常に多い。また公共の受信料で成り立つ放送局としては職員の待遇がお手盛り過ぎるという問題もある。 リンク1リンク2


その他にも、NHKが制作してきた数多くの「媚中番組」「韓国・朝鮮人擁護番組(ヘイト関連含む)」「民進党擁護番組」等の問題、また近年急速に内容が劣化している「NHK大河ドラマ」の問題などもありますが、それらは上記から割愛しました。

【結論】NHKを解体して、国民にとって必要最低限の事を放送する国営放送局を立ち上げ、残りは民営化すべし。(終)

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

「大体役人か公務員が悪い」という騒動が最近は多い。特に「反日」絡みで

人気ブログランキングへ

サブタイトルには「役人や公務員が悪い」というような事を書いてはおりますが、昔からこのブログをご覧になっている人であればご存知の通り、本来私は橋下徹大阪維新のような「役所や公務員を叩いて庶民の妬み・嫉みの心を煽る」というやり方があまり好きではありませんでした。

しかしそうは言っても例の「大阪都構想」の時にも書きましたが、『どちらか一方、二者択一で決めろ』と言われれば『橋下・大阪維新の方に軍配を上げざるを得ない』とその時も答えたように、やはり私も根っから「そういった気質」が強いのだろうと自覚しています。

ただし私の場合は、もちろん橋下・大阪維新が言うような「金銭、経費的な問題」も重要ではありますけれども、もっと重要なのは「役人や公務員の世界でハビコる“反日”の問題」という点で、これがために、私の彼らに対する不信感は増大しているのだろうと思います。




さて、話は少し変わりますが、今週のNHK報道は実に酷い有り様でした。

まあ例の「財務省問題」をこぞって取り上げているマスゴミのバカ騒ぎに関して言えば、別にNHKだけが酷い訳ではなくて、多分民放も同じなのだろうとは思いますけど(私は民放はチェックしてないから知らんけど)。

特に月曜、火曜(3月12日、13日)のNHK報道は酷い有り様で、まさに昨年のこの時の状況がよみがえったかのようでした。

NHKの加計学園“印象操作”は、「ここまでやるか」というぐらい凄かった。これは本気だ(2017/06/17)

<3月12日(月)ニュース7より>
180317_3sg6s8g5d4_0001.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0002.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0003.jpg

<3月12日(月)ニュースウォッチ9より>
180317_3sg6s8g5d4_0004.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0005.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0006.jpg

<3月13日(火)ニュース7より>
180317_3sg6s8g5d4_0009.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0007.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0008.jpg

<3月13日(火)ニュースウォッチ9より>
180317_3sg6s8g5d4_0010.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0011.jpg

以上、月曜と火曜のNHK報道は「一気呵成」に安倍政権を攻撃するような“印象操作”満載の報道内容だった訳ですが、3日目(水曜)にもなりますと、早くもトーンダウンになりました。

そりゃそうでしょう。

今回の財務省の不祥事(というか単なる文書の書き換え)が出てきたからといって、それで別に「政権との関係性」が何か新たに出てきた訳でもなく、本質的には政権にとっては大した問題ではないのですから。

おそらく世論の反応的にも、それに近い反応なのでしょう。

その事をNHKおよび左系のマスゴミ連中が感じ取ったからかどうか知りませんけど、週の後半の木曜と金曜には新たな「追撃弾」が追加されました。

前川前次官授業の報告を要求 文科省、名古屋市立中に(2018年3月16日)
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018031602000064.html

<3月15日(木)ニュースウォッチ9より>
180317_3sg6s8g5d4_0012.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0013.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0014.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0015.jpg

<3月16日(金)ニュースウォッチ9より>
180317_3sg6s8g5d4_0016.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0017.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0018.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0019.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0020.jpg
180317_3sg6s8g5d4_0021.jpg

しかしまあ、この「前川」の件についてはどうなんでしょう?

私から見ても、かなりの無理筋だと思いますけどねえw

https://twitter.com/U40rou/status/974517495313805312


と言うか細かい話を抜きにしても、私などはもう一年前から既に指摘してきたように、昨年の加計騒動の中心人物だった前川喜平「明らかにそちら側」「反日サイド」の人間で、彼らにとって自陣営の人間である前川に対して『疑義を差し挟むなどという無礼な態度はやめろ!』と、NHKや朝日などの「反日サイド」がイチャモンを付けて、自分達の陣営への反論を恫喝して封じ込めようとしているだけの話だよねえw
(※要するにこれも一種の“言論封殺”で、『文科省による言論封殺だ!』と叫んでいながら、その実、奴らの目的こそが“言論封殺”であるという、いつものパターン。戦後の“言論封殺”は、常に左からしか存在しませんから)



そしてこれも昨年から私がずっと主張してきた話ですが、彼ら(反日サヨク)がこうもいきりだって反安倍、打倒安倍を叫んでいるのは、もちろん、
憲法改正を阻止したいからです。

まあ、自民党内で憲法9条改正の事が議論されたりして、その可能性が目前まで迫ってきましたから、彼らも「なりふり構わず」暴れまくるつもりなのでしょう。それはそれで、もっともな話だと思います。



これは私の個人的な感想に過ぎませんが、そういった「反日サヨク・護憲」の人間というのは「前川」だけに限らず、なんとなく「役人・公務員・公的サービス」に従事している人間に多い様な気がしています。
(※もちろん、この文脈にはNHK職員も含まれている)

今回の財務省による不祥事以外にも、最近では文科省(天下り問題および加計騒動に関する異常な情報リーク)、厚労省(裁量労働制のデータ間違い)など「まるで政権に打撃を与える事が目的であるかのような」不祥事が頻発していました。
(※昨年の防衛省の文書問題は多分そういった目的のものではないだろう。逆に、第一次安倍政権時の「厚労省の“消えた年金”問題」はそういった目的に近いものだろう)

まあ、ロクなもんじゃありませんね。
自分達が手抜きやミスをすれば、それが「政権に対する打撃のきっかけ」になる訳ですから、もしその公務員が「そういった思想」の持ち主であったとすれば、そりゃそうするに決まっているでしょう。


こういう話をすると、『いや。公務員にもそんな人ばかりじゃなくて立派な人もいる』という話をよく耳にします。

それはそうでしょう。

と言うか、本来であれば「我々の税金を受け取っている人間」なのだから、全ての公務員が立派であるべきなのだが、実際はそうでない事のほうが多い。
(※例えば一例を挙げると、NHKの不祥事この時の記事でまとめてあるので、そちらを参照してもらいたい)



ちなみに今回前川を学校に呼んだ中学校も「公立中学」のようである。

また、これも話は少し逸れるが、都立高校の定員割れが相次いでいるらしい。

都立高校35校、2次募集でも定員割れ 昨年は1校だけ(2018年3月16日)
https://www.asahi.com/articles/ASL3J5D0SL3JUTIL02Y.html

私立高校の「授業料実質無償化」が原因であるらしい。
私も昔、都立高校や私立高校に関係する仕事をした事があるが、「その差」は歴然としていた。首都圏に住んでいる人であればお分かり頂けると思うが、「授業料が同じであれば」誰だって「あの都立高校」に通わせたいとは思わないだろう。




根本的な事を言えば、こういった「公の仕事」、言い換えれば「国の為の仕事」をする人々の中に、上記のような「屈折した人間」が多いのは、やはり日本国憲法のせいなのだと私は思う。

上記の3月15日(木)のニュースウォッチ9でも放送されているように、「愛国的な教育」=「国家の為に尽くすという教育」が現代の日本では「反憲法的な行為」としてNHKや朝日新聞など左サイドの連中から糾弾されてしまうような社会であるのだから、そりゃ公務員が「屈折した精神」を抱いていたとしても全く不思議ではないでしょうよ。

そして裁判所でも(ちなみにこれも公務員の仕事場だが)、左サイドが得意になって「左サイド」に対して訴訟(スラップ訴訟含む)を繰り返しているが、裁判所の頂点にある「日本国憲法」自体が「日本は悪うございました、と書いてある詫び証文」である以上、彼ら「反日・左サイドが絶対的な正義」である事に疑義を差し挟む余地はなく、憲法を遵守すべき裁判所がNHKや朝日新聞に都合の悪い判決を出すはずがないのである。
(※この辺の話は、昨年の11月12月にも散々書いた)


そんな訳で、私の個人的な結論を言えば、今回の財務省の件も含めた一連の役人の不祥事は多分「政権に打撃を加える目的」で役人が引き起こした「憲法改正阻止」の為のクーデターなのではないだろうか?と思う。

それが「日本国憲法」=「日本は悪うございました、と書いてある詫び証文」を守り、憲法改正を許さないという、「日本国憲法」を遵守する公務員の本懐である、と多分そのように考えて行動しているのだろう、と思う。




まあ、話をもう少し身近な所に即して話すとすれば、民間企業で働いている人間であれば、自分達が手抜きやミスをしたりすれば、役人や公務員と違って、企業全体に対して、また一緒に働いている仲間の従業員に対して「倒産の可能性も含めて」多大な迷惑をかける事になるので、そう簡単に(ましてや意図的に)ミスをする事はできないが、役人や公務員に関してはそういった心配がない。だから平気で「政権に打撃を与えるようなミス」でもやらかしてしまうのだろうと思う。政権がどうなろうが、別に役所自体は解体されないのだから。

上記でもNHKの不祥事一覧のリンクを貼ったけれども、これだけ見ても、私は民放のほうがNHKよりも十分まともな放送局だと思っている。

もし民放でこれだけの不祥事をやっていれば、とっくに倒産してるだろう。そして倒産の心配が無いからこそ、NHK職員は平気でこれだけの不祥事を繰り返しているのである。



あと最後に一つだけ付け加えると民間企業であれば、自分達にとって不利益にもなりかねない「反日」を敢えて標榜するなどというのは普通は出来ないけれども、役人・公務員であれば、別に営業に関係がある訳でもないので「平気で反日ができる」という部分もあり(むしろ日本国憲法を遵守すればする程反日こそが正義である)、だからこそ役人・公務員に反日が多い(もちろんNHK含む)という状況を助長しているのだと思う。

少なくとも私個人の認識としては、そうである。

「NHK解体」に関するまとめ(十例)

(1) 日本の公共放送であるにもかかわらず、「自立国家・日本」が主張すべき意見を封殺し、しかも運営資金のほとんどを日本人が負担しているのに、中国・朝鮮、又は旧GHQ(特に米国の立場を優先するような番組しか制作しない。 リンク1リンク2

(2) 受信料制度に様々な不備があり、甚だ公平性を欠いている。また「国営なのか?非国営なのか?」という点も不明瞭である。「国営放送局の新規創設」「民営化」「スクランブル化及びペイパービュー」などが検討されて然るべきである。 リンク1リンク2リンク3リンク4
(※NHK受信契約訴訟の最高裁判決(平成29年12月6日)に関する記事)
「NHK受信契約訴訟・最高裁判決」から私が考えた事(2017/12/9)

(3) 局の政治的及び思想的スタンスが左側の言論に偏っている。「いわゆる保守系」の言論人はほとんどNHKの番組から排除されている。 リンク1リンク2

(4) 昔はともかく、現在では朝日新聞よりもNHKのほうが害が大きい。朝日は儲からなくなれば方針転換を余儀なくされ、また新聞業界自体が斜陽産業である。一方NHKには潤沢な資金(税金)があり、更には「映像や音声で直接感覚に訴える」という高いプロパガンダ能力もある。 リンク1リンク2

(5) 「弱者・被害者」報道は公共放送として、もちろんあって然るべきだが<言葉狩り><論点ずらし><自己保身><イデオロギー闘争>に利用する為にNHKの場合、それが至上命令となっておりやり過ぎである。 リンク1リンク2

(6) NHKの原発報道は「反原発」一色で、「原発再稼働」側の意見は皆無に等しい。現在多くの国民が患っている「原発アレルギー」は、NHKが3.11以降に垂れ流してきた“音声”と“映像”によって作り上げられた、と言っても過言ではない。 リンク1リンク2リンク3拙ブログの「反原発」関連カテゴリへのリンク

(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2

(8) 「表現の自由」を盾に一切の干渉を排除し、リベラル知識人特有の「上から目線(=「国民は愚民」という意識)」も強烈で、公共放送の在り方や番組の内容について「国民にアンケートを採る」という事を一切しようともせず、非常に独善的であるリンク1リンク2

(9) 「JAPANデビュー反日台湾番組」や「佐村河内のヤラセ番組」等、非常に問題のある番組を数多く放送してきたが、責任を全く感じていない。 リンク1リンク2

(10) 一般のマスメディアで取り上げられる事はほとんどないが、NHK職員の不祥事は異常に多い。また公共の受信料で成り立つ放送局としては職員の待遇がお手盛り過ぎるという問題もある。 リンク1リンク2


その他にも、NHKが制作してきた数多くの「媚中番組」「韓国・朝鮮人擁護番組(ヘイト関連含む)」「民進党擁護番組」等の問題、また近年急速に内容が劣化している「NHK大河ドラマ」の問題などもありますが、それらは上記から割愛しました。

【結論】NHKを解体して、国民にとって必要最低限の事を放送する国営放送局を立ち上げ、残りは民営化すべし。(終)

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

財務省は悪くないが安倍政権は悪い?更に自民内紛へ誘導?財務省は凄いね

人気ブログランキングへ

https://twitter.com/U40rou/status/975572242389073920


https://twitter.com/hyakutanaoki/status/976292551551414274


https://twitter.com/U40rou/status/975942150981496832


https://twitter.com/U40rou/status/976296745167499264


https://twitter.com/U40rou/status/976298281201356801


いきなりツイートのリンクをベタベタと貼って恐縮ですが、最近の政治動向を見るにつけて私が感じた事は大体上記のツイートに集約されております。

とにかく今現在、「反安倍」が絶対的な思想である野党及びマスゴミの主張というのは、
財務省は悪くないが、安倍政権は悪い!
安倍総理は財務官僚に責任を押し付けるな!

というもので、これが彼らの言いたい事の全てです。

いや全くホントに凄いね。財務省というのは。
誰がどう見ても「悪いのは財務省の役人」というのは火を見るよりも明らかなのに、その責任を全て安倍政権に押し付けるように世論を誘導できるのだから。

そして挙句の果てに、和田政宗議員の国会での発言まで取り下げさせてしまった。

自民2議員の発言削除=参院予算委(2018/03/20)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032001024&g=pol

(以下、引用)
 参院予算委員会は20日の理事会で、渡辺美樹、和田政宗両議員(ともに自民)の同委での発言について、議事録から削除することで与野党が一致した。両議員からの申し出を受けた対応。

 渡辺氏は13日の中央公聴会で、公述人の過労死遺族の前で「週休7日が幸せなのか」と発言。和田氏は19日、学校法人「森友学園」に関する財務省文書改ざん問題をめぐり、太田充同省理財局長に対し「安倍政権を陥れるために意図的に答弁しているのではないか」と述べ、批判を受けていた。
(以上、引用終了)

上記のツイートにも書いたように、私は上念・倉山の「財務省叩き」の芸風を支持するような立場ではなかったし、和田政宗議員の事をこのブログで殊更取り上げた事もなかったが、「反安倍」を掲げる野党・マスゴミが「財務省擁護の為に」和田議員を叩くのはまだしも、おそらく私の予想では「自民党内からも和田議員は叩かれた」のだろうと推察します。
(※ただし私個人の感想としては和田議員にも苦言がある。ちょっと非難されたぐらいで簡単に引っ込めるような主張なら最初からするな、と。そして質問の仕方も確かにズサンだったと思う。あんな風に問い質した所で「ハイそうです。アベノミクスを潰すためです」なんて答える訳がないだろう?)


そして、事は財務省だけに限りません。
文部科学省でも同じような事が起こっています。

自民文科部会 2人が問い合わせ (3月20日)
http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20180320/3201151.html
180321_bi6d5g4dk3_0001.jpg
180321_bi6d5g4dk3_0002.jpg

こちらの文部科学省の事案についても、
文科省は悪くないが、安倍政権は悪い!
安倍総理は文科省に責任を押し付けるな!

という論理で野党とマスゴミは必死に煽っています。

しかしまあ前回も書いたように、コレはさすがに無理筋でしょうよ?と私は思いますけどね。

<ツイッターに追加で書きましたので以下に引用>
https://twitter.com/U40rou/status/975972421667704834


https://twitter.com/U40rou/status/975976000763830272



このブログに来られるような「いわゆる保守系」の方々であれば、和田政宗議員も赤池誠章議員も、二人とも安倍総理と近しい関係にある事は既にご存知の事と思います。


これらの報道を見れば「この報道の狙いが一体どこにあるのか?」というのは言わずもがな、といった所でしょう。

そしておそらく、これらの動きの陰には「自民党内の安倍おろし」も絡んでいるのだと私は思います。

それが百田氏の言う「石破政権を狙ってのもの」なのかどうか?そこまでは私にも全く予想はできませんけど。
(※朝日新聞はそうなのかも知れないが、少なくとも私がNHKを監視している限りでは、そういった雰囲気はあまり感じられない。以前書いたように私はNHKの次期総理推しは岸田文雄だと思っているので)

こうなってくると、冒頭のツイートで私が書いた「安倍政権は安泰」という話は危うくなると思います。確かに、いくら安倍政権の支持率が下がった所で、相手が「あのゴミクズ野党」である内はこれまで通り支持率の下落も一時的なものに決まっていますが、これに「自民党内の安倍おろし」が加わってきますと、話は別です。

そしてもちろん、この内紛は自民党内での憲法9条改正論議にも絡んでいるのでしょう。
(※更に当然の事として、公明党が陰で暗躍しているのだろう)




改めてここで述べておきますが、そもそも私は自民党を支持している人間ではありません。

その事は2年前の例の「日韓慰安婦合意」の時に散々このブログで述べた話です。

しかし、「他に選択肢が無いから」「他に憲法改正に動き出そうという勢力が無いから」仕方がなく、安倍政権を擁護しているだけの事です。



それにしても「財務省は凄いもんだね」と改めて思い知らされました。

前回も書いたように、どう見ても「財務官僚の自爆クーデター」であるのはミエミエなのに、上手い具合に自民党内に内紛を引き起こして、そのクーデターを成功寸前まで持ってきているのだから。しかも自分達は無傷のままで。

上念や倉山も、だらしがないよね。
こんな「財務省解体」の好機は二度と無いはずなのに、手をこまねいているだけなのだから。やっぱりただの「芸風」だったという事なのだろう。

もし仮にこれが「NHK解体」の好機だったとしたら、私ならなりふり構わず全力でNHKを糾弾するだろう。ただし残念ながら私の発信力は上念・倉山の足元にも及ばないので、もしそんな好機があったとしてもNHKには傷一つ付けられずに終わってしまうだろうけれども。


そして何よりも一番酷いのは橋下徹大阪維新の連中だと思います。

前回も書いたように、官僚や役人を糾弾する機会は今をおいて無いはずなのに、他の野党の連中と一緒になって安倍政権糾弾に乗っかって、官僚や役人の責任を全く糾弾しないのだから、もはや彼らの存在意義など無きに等しい。

新たに「年金情報と中国企業の問題」も起こっているというのに。

今この時に官僚や役人の無責任体制を批判しないで、一体いつやるつもりなのだ?と私は言いたい。

「NHK解体」に関するまとめ(十例)

(1) 日本の公共放送であるにもかかわらず、「自立国家・日本」が主張すべき意見を封殺し、しかも運営資金のほとんどを日本人が負担しているのに、中国・朝鮮、又は旧GHQ(特に米国の立場を優先するような番組しか制作しない。 リンク1リンク2

(2) 受信料制度に様々な不備があり、甚だ公平性を欠いている。また「国営なのか?非国営なのか?」という点も不明瞭である。「国営放送局の新規創設」「民営化」「スクランブル化及びペイパービュー」などが検討されて然るべきである。 リンク1リンク2リンク3リンク4
(※NHK受信契約訴訟の最高裁判決(平成29年12月6日)に関する記事)
「NHK受信契約訴訟・最高裁判決」から私が考えた事(2017/12/9)

(3) 局の政治的及び思想的スタンスが左側の言論に偏っている。「いわゆる保守系」の言論人はほとんどNHKの番組から排除されている。 リンク1リンク2

(4) 昔はともかく、現在では朝日新聞よりもNHKのほうが害が大きい。朝日は儲からなくなれば方針転換を余儀なくされ、また新聞業界自体が斜陽産業である。一方NHKには潤沢な資金(税金)があり、更には「映像や音声で直接感覚に訴える」という高いプロパガンダ能力もある。 リンク1リンク2

(5) 「弱者・被害者」報道は公共放送として、もちろんあって然るべきだが<言葉狩り><論点ずらし><自己保身><イデオロギー闘争>に利用する為にNHKの場合、それが至上命令となっておりやり過ぎである。 リンク1リンク2

(6) NHKの原発報道は「反原発」一色で、「原発再稼働」側の意見は皆無に等しい。現在多くの国民が患っている「原発アレルギー」は、NHKが3.11以降に垂れ流してきた“音声”と“映像”によって作り上げられた、と言っても過言ではない。 リンク1リンク2リンク3拙ブログの「反原発」関連カテゴリへのリンク

(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2

(8) 「表現の自由」を盾に一切の干渉を排除し、リベラル知識人特有の「上から目線(=「国民は愚民」という意識)」も強烈で、公共放送の在り方や番組の内容について「国民にアンケートを採る」という事を一切しようともせず、非常に独善的であるリンク1リンク2

(9) 「JAPANデビュー反日台湾番組」や「佐村河内のヤラセ番組」等、非常に問題のある番組を数多く放送してきたが、責任を全く感じていない。 リンク1リンク2

(10) 一般のマスメディアで取り上げられる事はほとんどないが、NHK職員の不祥事は異常に多い。また公共の受信料で成り立つ放送局としては職員の待遇がお手盛り過ぎるという問題もある。 リンク1リンク2


その他にも、NHKが制作してきた数多くの「媚中番組」「韓国・朝鮮人擁護番組(ヘイト関連含む)」「民進党擁護番組」等の問題、また近年急速に内容が劣化している「NHK大河ドラマ」の問題などもありますが、それらは上記から割愛しました。

【結論】NHKを解体して、国民にとって必要最低限の事を放送する国営放送局を立ち上げ、残りは民営化すべし。(終)

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

3月23日のBSフジ「プライムニュース」で靖国神社問題を扱っていたが

人気ブログランキングへ

「NHK批判」がメインであるはずのこのブログで、BSフジ「プライムニュース」の事を取り上げるとは「珍しい」と思われるかも知れません。

「プライムニュース」公式サイトへのリンク
180324_5k6d7g4jd7_001.jpg

https://twitter.com/primenews_/status/977129086337323008

以前どこかで書いたような気もしますが、私が唯一民放の番組で見る機会があるのは(もちろん録画してから後で内容を確認する形式ですが)BSフジの「プライムニュース」ぐらいのものです。

多分私だけに限らず「いわゆる保守系」の人であれば、そういった人々は結構いるのではないでしょうか?

「いわゆる保守系」の識者・論客、例えば櫻井よしこ氏や西尾幹二氏などをネット動画以外で見かける事ができるのは「プライムニュース」ぐらいのものでしょうから、我々「いわゆる保守系」の人々からある程度の支持があるのは当然と言えるでしょう。
(※「左サイド」の連中からすると、この程度の内容でも「極右番組」扱いされるらしいのだが、彼らの言論封殺姿勢がよく分かるというものだ)

とはいえ「いわゆる保守系」の識者・論客ばかりをスタジオに招くという事はなく、「左右両方のバランス」をそれなりに取って討論を展開していますから、その点では「いわゆる保守系のネット動画」とはかなり違うと言えるでしょう。



このブログの文末に毎回載せているテンプレで
--------------------------------------------------------------------
(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2
--------------------------------------------------------------------
と、NHKに対する批判を毎回載せていますが、本来であれば仮にも「公共放送」であるはずのNHKにおいてこそ、「プライムニュース」のような討論番組を毎晩やるべきなのです。上記のリンク1リンク2のリンク先に書いてあるように、私も過去に繰り返し述べてきた事ですけど。

しかし、それは不可能なのです。

例えばNHKの地上波で「プライムニュース」のような番組を毎晩放送してしまうと、それこそ「ガス抜き」では済まなくなってしまいますから。

今の「プライムニュース」は大手民放の放送番組とはいえ所詮は「BSフジ」の番組で、それほど認知度の高い番組とは言えませんから「ガス抜き」(=一応まともな番組も少しは放送していますよ、というエクスキューズ)用として一応放送する事も許されてはいますが、これがNHKの地上波のゴールデンタイムとなると、話は全く違ってきます。

そんな事をしたら、世論に対して多大な影響を与えてしまう事になります。

だからこそ、NHKで「まともな討論番組」をゴールデンタイムに度々放送するなどという事は不可能なのです。

まあ「モリカケ問題」を一年以上もダラダラと垂れ流し続けているマスゴミに、そもそもそんな事が出来る訳がありませんわなw



すみません。前置きが長くなってしましました。
以下、昨夜(3月23日)の「プライムニュース」について述べたいと思います。

(以下、「プライムニュース」公式サイトより抜粋して転載)
180324_5k6d7g4jd7_002.jpg
<番組ゲスト>
野田毅 自由民主党衆議院議員、亀井静香 靖国神社合祀申し入れの会・呼びかけ人、
小熊慎司 希望の党衆議院議員、堀雅昭 作家・歴史家
(※公式サイトにあげてあるハイライトムービーのリンクも貼っておきます。ただしご注意頂きたいのはいきなり大音量で動画が始まってしまうと思いますので(※制作側も、こういうのはちゃんと調整しろよ、と思うが)リンクをクリックする時は注意して下さい。左下にある一時停止を一旦押して、音量を下げる事をおすすめします)
ハイライトムービー『靖国に西郷“合祀論” A級戦犯“分祀”行方』【前編】
ハイライトムービー『靖国に西郷“合祀論” A級戦犯“分祀”行方』【後編】

上記のハイライトムービーでは『靖国に西郷“合祀論” A級戦犯“分祀”行方』の部分しか含まれていませんが、昨夜の放送全体で言うと、
(1) 経済問題。米国株、日本株の急落について(ゲスト解説:永濱利廣氏)
(2) 森友問題について(小熊慎司議員が野党の意見を代弁する形)
(3) 靖国神社 戊辰戦争「賊軍」合祀論について(会津出身の小熊慎司議員。長州出身の堀雅昭氏。加えて亀井静香氏が「いわゆる賊軍」合祀論を主張)
(4) 靖国神社 「A級戦犯」分祀論について(野田毅が主張)
といった番組の流れでした。大雑把に言えば。

えーと、今回のこの記事をブログカテゴリの「歴史、ドラマ、小説カテゴリ」に入れてあるように、今回は「政治よりも歴史優先」で私見を述べたいと思います。
(※まあ厳密に言えば、政治と歴史はかなり密接な関係にありますから両者を厳密に分ける事は不可能なのだが)

ですから先の大戦にまつわる、自民党・野田毅が主張する所の(と言うか「中共政府が」主張する所の)「A級戦犯」分祀論について、今回多くを述べるつもりはありません。

昨夜はこの問題について野田毅と亀井静香氏が意見を戦わせていましたが、これに関しては『亀井が全面的に正しい』と、それだけ述べれば十分だと思います。

昔はそれほど亀井静香氏の事を評価していた訳ではなかったのですが、昨夜の亀井氏は少なくとも(1)(2)(4)の問題に関して言えば「かなりまともな意見」を述べておりましたので、ちょっと見直しました。
180324_5k6d7g4jd7_005.jpg

亀井氏の意見を一言で言えば、
(1) > アメリカに振り回される事なく、堂々と日本の国益を主張しろ
(2) > 野党はバカ
(4) > 「A級戦犯」分祀など必要ない
といった感じの論調でした。

政治の世界から離れると「自由に物が言える」という部分もあるのでしょうけど、ここまでまともな意見を述べるとは思っておりませんでした。
ただし(3)の靖国神社 戊辰戦争「賊軍」合祀論は別です


そうなんです。
今回の私にとってのメインテーマは、これなんです。

今年は明治維新=戊辰戦争から150年です。
その関連でNHK大河ドラマで「西郷どん」が放送されている事も、私は昨年末から度々このブログで指摘しています。私自身が熱烈な「幕末・明治オタク」である事も含めて。


それにしても昨夜の靖国神社 戊辰戦争「賊軍」合祀論の討論は酷かった。

いや別に「誰が悪い」「亀井が悪い」という事を言っているのではなくて、「討論のレベルが低すぎ」=「まともな専門家を出せ」
というだけの話です。

いや、一人だけ「まともな専門家らしき人」が出てたんですけどね。
堀雅昭氏(歴史家・作家)
180324_5k6d7g4jd7_003.jpg
私に言わせれば、この人は「まともな専門家」ではないですね。
単なる「長州の代弁者に過ぎない地元歴史家」といった感じの人でした。

私も相当幕末関連の本を読んでいるつもりですが、この人の名前は聞いた事がないなあ。

180324_5k6d7g4jd7_004.jpg
亀井氏などが主張している「いわゆる賊軍」(=西郷、白虎隊、新選組等)合祀論の趣旨は私も理解できます。

しかし私は今現在、その必要性をそれほど強く感じておりませんので、基本的には「反対」の立場です。
(※もちろん、この討論番組を見る以前から)

実際、会津出身の小熊慎司議員も『(会津戦争の事については)できればそっとしておいて欲しい。現在の御当主(会津松平家の後裔)もそのように仰っていた。他(西郷など)はともかく、会津は靖国神社合祀論から外して欲しい』といったような事を述べていました。

至極当たり前の意見だと私も思います。

そして長州側の堀雅昭氏も『会津の人達も、今更薩長と一緒に祀ってもらいたいとは思ってないでしょう』といったような事を述べていました。

堀氏の意見も私はその通りだと思うけれども、この人の難点は、
『会津の人達は頭が固い』『会津は近代化の意識が薄かった』『三春藩のように早く降伏していれば良かった』
などと無神経な事を平気で述べてしまう所です。まあ完全に「長州側の代弁者」というスタンスで討論してましたから、仕方がない部分もありますけど。

そして番組の進行としても、いまさら「戊辰戦争」の解説(=戊辰戦争は鳥羽伏見、会津、箱館戦争等の事です、といった解説)があったり、司会の反町は反町で「会津の感情」に対して『それじゃまるで、いつまでも恨みを言い続ける韓国みたいじゃないですか』みたいな的外れな指摘をしたり、なんともカオスな、いや、残念な「幕末討論」に終始していました

NHKなどでよく見かける歴史の専門家「磯田道史・加来耕三・家近良樹」あたりがこの場に一人いれば、ここまでグダグダな「幕末討論」にはならなかっただろうに。

しかし、いまさら「戊辰戦争」がどんな戦争であったか?という事をイロハから解説しなければならない、そういったレベルの視聴者層に向けて見せている番組であれば、あまりハイレベルな問題提起をしても、それはそれで内容が難しくなり過ぎるのかも知れません。

私はよく自分の事を「幕末オタク」と、これは自虐的な意味も込めて述べているのですが、今の世の中、幕末の事に詳しい人間などというのは本当に「絶滅寸前の希少人間」だと自覚しています。

だからこそ、それほど詳しくもない人達に『いつまでも賊軍では可哀想だから、一緒に靖国神社に祀ってあげましょう』などと簡単に言われても、そうおいそれとは納得できないのです。

と言いますか、おそらく今の時代に靖国神社に参拝に行く人の大半は「大東亜戦争の英霊」を慰霊する為に行く人だと思います。戊辰、西南、日清・日露の事で慰霊に行く人は滅多にいないのではないでしょうか。そして各地の地元には、その地元の護国神社等、地域にまつわる神社などで各戦役の英霊は祀られているはずです。

なぜ今更、戊辰戦争や西南戦争の「いわゆる賊軍」を、わざわざ改まった形で靖国神社に合祀する必要があるのでしょうか?

そのような形式ばかりにこだわる前に「彼らの本当の歴史を学ぶ事、知ってあげる事こそ」が彼らに対する本当の慰霊になるのではないでしょうか?



彼らの事を学べば、彼らが何を考えて、何を求めて戦ったのか?それが分かるはすです。

戊辰戦争で勝った側も負けた側も、考えていた事は皆同じです。
『日本を偉大な国にしたい』
この考え方に反対するような輩は、現代と違って一人もいません。全くもって現代の日本人とは大違いですね。

こういった先人達の本心も知らずして、うわべだけで『いつまでも賊軍では可哀想だから、一緒に靖国神社に祀ってあげましょう』などとキレイ事を述べた所で、一体何の意味があるのか?と私は思うのです。


「現代人の独善」でもって150年前の先人の行動を好き勝手に決めつけるのは「アメリカだけで十分だ」と私は思うんです。

どうして銅像でもめるのか 南北戦争の像の何が問題なのか BBC (2017年08月18日)
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-40971464

まあ他所は他所で、他人の所の事情なんぞ知ったこっちゃありませんし、更に言えば、このアメリカの事情に比べれば「戊辰戦争」の傷跡なんて、いつかは治癒できるレベルの問題だと思うんだけどね。
(※まあ、アメリカは多分無理だろうな)

「NHK解体」に関するまとめ(十例)

(1) 日本の公共放送であるにもかかわらず、「自立国家・日本」が主張すべき意見を封殺し、しかも運営資金のほとんどを日本人が負担しているのに、中国・朝鮮、又は旧GHQ(特に米国の立場を優先するような番組しか制作しない。 リンク1リンク2

(2) 受信料制度に様々な不備があり、甚だ公平性を欠いている。また「国営なのか?非国営なのか?」という点も不明瞭である。「国営放送局の新規創設」「民営化」「スクランブル化及びペイパービュー」などが検討されて然るべきである。 リンク1リンク2リンク3リンク4
(※NHK受信契約訴訟の最高裁判決(平成29年12月6日)に関する記事)
「NHK受信契約訴訟・最高裁判決」から私が考えた事(2017/12/9)

(3) 局の政治的及び思想的スタンスが左側の言論に偏っている。「いわゆる保守系」の言論人はほとんどNHKの番組から排除されている。 リンク1リンク2

(4) 昔はともかく、現在では朝日新聞よりもNHKのほうが害が大きい。朝日は儲からなくなれば方針転換を余儀なくされ、また新聞業界自体が斜陽産業である。一方NHKには潤沢な資金(税金)があり、更には「映像や音声で直接感覚に訴える」という高いプロパガンダ能力もある。 リンク1リンク2

(5) 「弱者・被害者」報道は公共放送として、もちろんあって然るべきだが<言葉狩り><論点ずらし><自己保身><イデオロギー闘争>に利用する為にNHKの場合、それが至上命令となっておりやり過ぎである。 リンク1リンク2

(6) NHKの原発報道は「反原発」一色で、「原発再稼働」側の意見は皆無に等しい。現在多くの国民が患っている「原発アレルギー」は、NHKが3.11以降に垂れ流してきた“音声”と“映像”によって作り上げられた、と言っても過言ではない。 リンク1リンク2リンク3拙ブログの「反原発」関連カテゴリへのリンク

(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2

(8) 「表現の自由」を盾に一切の干渉を排除し、リベラル知識人特有の「上から目線(=「国民は愚民」という意識)」も強烈で、公共放送の在り方や番組の内容について「国民にアンケートを採る」という事を一切しようともせず、非常に独善的であるリンク1リンク2

(9) 「JAPANデビュー反日台湾番組」や「佐村河内のヤラセ番組」等、非常に問題のある番組を数多く放送してきたが、責任を全く感じていない。 リンク1リンク2

(10) 一般のマスメディアで取り上げられる事はほとんどないが、NHK職員の不祥事は異常に多い。また公共の受信料で成り立つ放送局としては職員の待遇がお手盛り過ぎるという問題もある。 リンク1リンク2


その他にも、NHKが制作してきた数多くの「媚中番組」「韓国・朝鮮人擁護番組(ヘイト関連含む)」「民進党擁護番組」等の問題、また近年急速に内容が劣化している「NHK大河ドラマ」の問題などもありますが、それらは上記から割愛しました。

【結論】NHKを解体して、国民にとって必要最低限の事を放送する国営放送局を立ち上げ、残りは民営化すべし。(終)

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

FC2Ad