処士策論

「処士」(しょし)とは、仕官していない人、民間の人、在野の人のこと

NHKニュース7で差別・ヘイトスピーチの酷い偏向報道

人気ブログランキングへ


今夜のNHKニュース7「在特会」を叩くための偏向報道が大々的に放送された。

日曜夜の7時という注目度の高い放送枠で、実に6分間もの時間を割いて長々と
「在特会」、というか「在特会」だけに限らず、韓国・朝鮮人を嫌っている日本人に
対して、くどくどと説諭するように「脅し」をかけていた。

『韓国・朝鮮人を嫌ってはならない!』と。

【ニコニコ動画】【NHK】「ヘイトスピーチ」反対訴えパレード
以下、9月22日(日)のニュース7より映像を抜粋。
130923_001.jpg
130923_002.jpg
130923_003.jpg
130923_004.jpg
130923_005.jpg
130923_006.jpg
(またNHK御用達の五野井か)
130923_007.jpg
130923_008.jpg

私は韓国・朝鮮が嫌いである。

あちら側がこちら(日本)側を当たり前のように嫌っているのだから、我々日本人
があちら側を嫌うのも当たり前の事である。あちら側も好かれたいなどとは思って
いない
はずなのだから、別に我々があちら側を嫌った所で、どこからも咎め立て
されるいわれはない


在日については、良い人も、そうでない人も、私は知っている。
彼らが日本で「日本人として」生きていく事には、私は何の異議を唱えるつもりもない。
日本で、日本人らしく、日本の為に生きていきたい」というのであれば。

しかし私の印象では、そういうスタンスの在日はあまり多くないと感じている。

基本的に彼らのアイデンティティは、あの我々を嫌っている韓国・朝鮮にあるの
だろう、と思う。

彼らが、
『日本で生活させて下さい。我々も日本人に配慮して生活していきます』
という姿勢を見せてくるのであれば、私もそれを受け入れるだろう。

なぜ逆に、我々日本人が在日に対して配慮をして
あげなければならないのか?
ここは我々の国、日本である。


問題の根幹はここにある。

もしこれがアメリカでの話であったなら、そこで暮らす「在米」韓国・朝鮮人は、
日本の「在日」のようにつけ上がった態度は取らないだろう。
それなりにアメリカ社会に溶け込むように、アメリカ人に配慮をして暮らしていく
はずである(たぶん)。

日本社会だから、ここまでつけ上がるのだ。
日本をナメているのである。


NHKは日本人によるヘイトスピーチ」だの、日本人が差別をしている」だのと
言うが、悪いけど、相手を差別したり見下したりする感情は、韓国・朝鮮人に比べ
れば日本人は全然優しい国民性なので、全くかないませんわw

仲良くしたい相手に対して中指を立てて『仲良くしようぜ!』なんて、日本人には
とてもじゃないけど出来ませんねw
130923_014.jpg


さて、実はここからが今回の本題である。

オリンピック東京招致の件で書いた記事。この時は私はNHKの「皇室に対する
報道姿勢」、特に高円宮妃久子殿下をニュース番組内でスルーし続けた事を
指摘した。

NHKの言い分では、ブエノスアイレスでの高円宮妃殿下の活動は、
皇室の政治利用に抵触するおそれがあるので伝えなかった』
という事なのだろう。

じゃあ、今夜のNHKのニュース報道は「皇室の政治利用」にはならないんですかね?
(以下、今夜放送された日韓交流イベントの報道の映像)
130923_011.jpg
130923_012.jpg
130923_013.jpg
130923_009.jpg
130923_010.jpg
このニュースの場面でアナウンサーの小郷はハッキリとこう言っていた。
『イベントには高円宮妃の久子さまも出席され、ビビンバを混ぜました』
(※オリンピック東京招致の時は、画面に度々映っていた高円宮妃殿下を無視し
  続けたくせに)

『日韓の交流を深めたくない国民がいたとしても、皇室の人間でさえ交流に努めて
るんですよ、国民の皆さん。よもや日韓交流に異を唱えたりはしませんよね?

NHKは間違いなく、こういった政治性を帯びたメッセージをこのニュース
番組内で国民に対して伝えたよな?

オリンピックの時はスルーしたのに、なぜこの「日韓交流イベント」の時だけ放送し
たのだ?
NHKは納得のいく説明をする必要がある。



最後に、私は普段はあまり「在特会」を記事で取り上げる事は多くない。
ただし過去記事でNHKの「在特会」に対するレッテル貼りについては何度か取り
上げました。
5月31日NHKおはよう日本、ヘイトスピーチ特集、在特会潰し(2013/06/01)
平成25年夏のNHK厭戦・反戦・反日プロパガンダ番組のご紹介(2013/08/18)
(※8月18日の記事は一番最後の部分のみ)

その時の記事でも指摘しましたが、NHKが「在特会」を取り上げたからには、
奴ら(NHK)は徹底的にやるだろう、と。

そしてやはり、NHKはかなりネチネチとしつこく「在特会」にレッテル貼りをして、
「しばき隊」の支援をし続けている。
「ヘイトスピーチ」という言葉も繰り返し何度も使用して、
「在特会」「ヘイトスピーチ」
という事を既成事実化する事にも余念がない。


言うまでも無い事ですが、今回の「差別撤廃」デモに参加している連中の大半が、
NHKが原発事故後、大々的に支援し続けている
反原発サヨクの連中
と重複しているはずである。


それにしても、今回NHKが放送した「在日」のサヨク的偏向報道が、現在渦中に
ある消費増税の目くらまし(特にネットの保守系に対する目くらまし)を狙ったもの
だとしたら、NHKも相当あくどいよなあ~。


人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

関連記事

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/tb.php/441-7db37e30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad