FC2ブログ

処士策論

「処士」(しょし)とは、仕官していない人、民間の人、在野の人のこと

3年目の今年も同じ事を言います。「風評被害を作り上げたのはNHK」

人気ブログランキングへ


籾井会長を始めとした一連のNHK人事に絡む騒動もあり、また恒例のNHK職員
による金銭的不祥事
も後を絶たず、最近はNHKに対する世間の視線も厳しさ
増しているように思われる。

<最近のNHK職員による不祥事>
NHK出版でも不祥事…“懲戒免職”編集長の殿様商売と高給(14/03/08)
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/gendainet_000205691

NHK出版、架空発注をしたとして編集長を懲戒免職 刑事告訴検討(14/03/06)
http://www.youtube.com/watch?v=HqxctZ_nsus

NHK子会社、1億4千万円の売上水増し 部長を解雇(14/03/06)
http://www.asahi.com/articles/ASG353F85G35UCVL009.html

<過去にテンプレとして使っていたNHK不祥事の一覧表がある過去記事>
NHK放送技術研究所職員を懲戒免職(2013/10/16)

※念のため一応指摘しておきますが、左派・サヨクとは違って、私は籾井会長に声
援を送りこそすれ、糾弾するつもりなどサラサラありません。



さて、日頃からNHKの番組を見る機会の多い人達にとっては今更言うまでもない
事ではありますが、3月11日を目前にひかえたここ最近のNHKは震災関連の話題、
特に福島(=原発関連)の話題で目白押しとなっている状況です。

その報道内容が理性的かつ公平公正な内容であれば『全くもって結構な報道姿勢
である』と言うのにやぶさかではないけれども、皆様ご承知のようにサヨク偏向が常
態化
している今のNHKでは理性的かつ公平公正な報道姿勢など微塵も見受けら
れません。


今年はとうとう3年目となりました。
やはり「3年」となると「一つの区切り」という感覚が強い。

反原発プロパガンダ及び放射「脳」扇動の影響は相変わらず日本人の深層心理
に深く刻み込まれてはいるものの、「3年」という「一つの区切り」を目前にひかえて、
NHKや左翼・サヨク勢力「閉店直前の特別処分セール」の如く、ここ最近は大々
的に広報宣伝活動に邁進している。
(※いやまあ、日本国内ではまだまだ彼らサヨクの側が既得権体制の側であり
 「閉店」 などはまだまだ当分先の話になるでしょうけど、反原発イデオロギー
 的には一つの区切りとなるのは間違いのない所でしょう)

3月7日(金)のニュース7より
140309_001.jpg
140309_002.jpg
140309_003.jpg
140309_004.jpg
140309_005.jpg
140309_006.jpg

3月7日(金)のニュースウォッチ9より
140309_007.jpg


ちなみに私は昨年暮れのブログ記事で、
「弱者・被害者利権」「弱者・被害者プロパガンダ」
NHKの関係性

について書きました。
私達国民がNHKを処分する事は、多分できない、と私は思う・前編(2013/12/30)

まあ公人や著名人であれば、この手の話には触れたくないというのが人情というもの
でしょう。危ないだけで何のメリットもありませんからね。私のような匿名のブロガーで
あれば話は別ですけど。

しかし最近では、例の「佐村河内事件」の話題もあって、左派・サヨクにとってはやや
不都合な状況も見受けられるようになってきている。
「NHKと佐村河内」の関係こそ、「朝日といわゆる従軍慰安婦」の関係と、
可哀想な弱者・被害者をイデオロギー的に利用した自作自演
という図式で見れば、全く同じ性質の物である。

そして気の毒なことに、この図式は「福島」も全く同じである、と言える。
いや「福島」だけに限らず、「沖縄」「広島・長崎」も全く同じ図式なんですけどね。

昨夜のニュース7における反原発集会のニュース報道にはそういったサヨク・左派
イデオロギーの典型例としての「演出」が見受けられた。
(※その「演出」NHKによる直接的なものではなくて、反原発集会を催した連中
 よる「演出」ではあるが、結局どちらも根は同じなので共同「演出」みたいなものだ)

「女子供を利用する」サヨクの基本中の基本とでも言える「泣き落とし戦術」
という「演出」ですね。
彼らは我々と違って徹底してます(=プロです)からね。この辺りの「見せ方」が。

昨夜3月8日(土)のニュース7より
140309_009.jpg
140309_010.jpg
140309_011.jpg
140309_012.jpg
140309_013.jpg

サヨク及びNHKによるこの手の(=「女子供を利用する」)手法については、昨年6月
に放送された沖縄集会の報道について触れた時にも私は指摘しました。
この時にマイクを握っていたのは小学1年生の男の子でしたね。
NHKの沖縄戦没者追悼式典報道に対する疑問(2013/06/24)
130624_001.jpg



もうそろそろ我々日本国民も冷静になって「サヨクの自作自演」「感情論丸出しの演出」
に立ち向かうべきなのではないでしょうか?

私のこのブログでは、震災以降一番力を入れて注意喚起してきたのは
NHKによる反原発・放射能プロパガンダ
についてでした。

残念ながら、そういった指摘をする人間は、少なくとも私が目にした限りでは私以外に
誰も見受けられませんでした。
NHKに対する監視の目が強まってきている昨今、こういった側面についても、是非と
も目を向けられて然るべきだと思います。


私は昨年、一昨年の3月11日頃のブログ記事でも同じように指摘しましたし、今年も
同じ事を繰り返し述べたいと思います。
「福島の風評被害」を拡大した最も重い責任NHKにある
と。
言葉と現実(2012/03/10)
震災から2年目のNHK報道に想う事(2013/03/11)

この事こそ、私がこの3年間言い続けてきた事でもあります。


上記にも紹介してある通り、NHKは先日のニュース7「福島の自主避難者が帰る
事が出来ない」
というニュースをこれ見よがしに報道していた。
『福島の人々は今も心理的に放射能を恐れて、故郷に帰還する事が出来ない』と。
要するに、全て原発が悪い、東電が悪いのだ、と。

そのニュース報道を見た私はNHKは不思議な事を言う』と思った。

福島の人々が故郷に帰れない状況こそ、NHK反原発サヨク
の連中
望んできた状況であり、また作り上げた結果でもある。
その逆の結果(=福島に帰る事が出来る結果)になっていれば、
それはあなた達のプロパガンダによる影響力が無くなった、と
いう事を意味する。


今の状況(=自主避難者達が帰還出来ないでいる状況)は、NHK及びサヨクによる
「自作自演」「自作能力」いまだに健在である事を証明しているのであり、NHK
としては「我々がもたらした誇るべき結果(=洗脳結果と内心ではほくそ笑んでいる
はずだ。

まあプロの詐欺師がそんな本音を漏らしてしまってはプロとして失格なので、NHK
そんな本音はおくびにも出しませんけどね。


人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

関連記事

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/tb.php/478-93a42ca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad