処士策論

「処士」(しょし)とは、仕官していない人、民間の人、在野の人のこと

ニュース女子?DHCシアター?東京MX?よく分からんけど青山さんは神

人気ブログランキングへ

ネット上でちょっと面白い動画を見かけましたので、今回は簡単に動画紹介だけのためにアップします。

詳しい番組名はよく分かんないんですけど、番組内でNHK受信料義務化うんぬんの話をしているので、それほど昔に放送された訳でもないみたいです。


ちょっと検索して探してみました所、youtubeのDHCシアター動画でも東京MX動画でも、公式動画としてはちょっと見つけられませんでした。転載された動画なら見つかったんですけど。

とりあえず青山さんは神!

それにしてもとか長谷川幸洋とかがゴミな事は今更言うまでもない話としても、久しぶりに見た藤井厳喜さんもちょっと微妙な感じでしたね。NHKに対する見方は。
いや、そんなに酷くもないんだけど、もっと青山さんのようにピンポイントでNHKの急所を突いてもらいたいのになあ…(あ、でも、著作権帰属問題に突っ込んでくれたのはグッドです)。

【ニコニコ動画】【拡散希望】青山繁晴 NHKがなぜ反日偏向報道を繰り返すのか
151125aonh_0001.jpg


女は悩まない 女の世直しニュース女子 15 11 18 youtube版フル動画(但し転載版)
https://www.youtube.com/watch?v=CPaOyBd-uEc
151125aonh_0002.jpg

しかしまあ、所詮、DHCシアターだったらネット限定だし、東京MXであったとしてもローカル地上波の、しかも深夜限定の番組枠らしいので、ほとんどの日本国民は見られないよねえ、コレ。
実際、私自身の目にもとまってなかった訳だし。
(※追伸 DHCシアターってスカパーでもやってたんですね。知りませんでした。上記の番組は11月27日の10:00からの放送だそうです。と言ってもこのスカパーchを契約している人間がそうそういるとも思えませんけど)

『これを全国放送のゴールデンタイムでやれ』という話ですよ。

私から言わせれば「この程度の話」というレベルの内容なのだが、青山さん以外は(まあ隣りにいたオッサンは比較的マシかな)ほとんどの人間が腰が引けているし、司会の長谷川幸洋も番組冒頭に『気が重い』とか言ってる始末だし。

最後のほうで、NHKをヨイショしていた長谷川幸洋に向かって、
『もっと左に行かないと(NHKは)出してくれないよ』
みたいな事を誰か突っ込んでいたけど、長谷川の反原発の姿勢はおそらくNHKも、大いに歓迎してくれると思うぞw



NHKに対して腰が引けていたりハッキリと物を言えない「メディア界の空気」自体が異常だと感じない長谷川みたいな奴ばかりでは、内部から(=メディア界が)NHKを糺すなんて事は絶対に不可能だよなあ。

まあそんな事は元々分かりきってた話ですが。

NHKを本当に糺す事が出来るのは我々一般の国民だけですからね。
今回の青山さんの発言が広く拡散されて、その事に気がついてくれる国民が少しでも増える事を祈るばかりです。

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく

(以下、毎回このブログに貼られるテンプレートになります)

「NHK解体」に関するまとめ(十例)

(1) 日本の公共放送であるにもかかわらず、「自立国家・日本」が主張すべき意見を封殺し、しかも運営資金のほとんどを日本人が負担しているのに、中国・朝鮮、又は旧GHQ(特に米国の立場を優先するような番組しか制作しない。 リンク1リンク2

(2) 受信料制度に様々な不備があり、甚だ公平性を欠いている。また「国営なのか?非国営なのか?」という点も不明瞭である。「国営放送局の新規創設」「民営化」「スクランブル化及びペイパービュー」などが検討されて然るべきである。 リンク1リンク2

(3) 局の政治的及び思想的スタンスが左側の言論に偏っている。「いわゆる保守系」の言論人はほとんどNHKの番組から排除されている。 リンク1リンク2

(4) 昔はともかく、現在では朝日新聞よりもNHKのほうが害が大きい。朝日は儲からなくなれば方針転換を余儀なくされ、また新聞業界自体が斜陽産業である。一方NHKには「映像や音声で感覚に直接訴える」という高いプロパガンダ能力もある。 リンク1リンク2

(5) 「弱者・被害者」報道は公共放送として、もちろんあって然るべきだが、<言葉狩り><論点ずらし><自己保身><イデオロギー闘争>に利用する為にNHKの場合は、それが至上命令となっており、やり過ぎである。 リンク1リンク2

(6) NHKの原発報道は「反原発」一色で、「原発再稼働」側の意見は皆無に等しい。現在多くの国民が患っている「原発アレルギー」は、NHKが数年に渡って垂れ流してきた“音声”と“映像”によって作り上げられた、と言っても過言ではない。 リンク1リンク2リンク3拙ブログの「反原発」関連カテゴリへのリンク

(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2

(8) 「表現の自由」を盾に一切の干渉を排除し、リベラル知識人特有の「上から目線(=「国民は愚民」という意識)」も強烈で、公共放送の在り方や番組の内容について「国民にアンケートを採る」という事を一切しようともせず、非常に独善的であるリンク

(9) 「JAPANデビュー反日台湾番組」や「佐村河内のヤラセ番組」等、非常に問題のある番組を数多く放送してきたが、責任を全く感じていない。 リンク

(10) 一般のマスメディアで取り上げられる事はほとんどないが、NHK職員の不祥事は異常に多い。また公共の受信料で成り立つ放送局としては職員の待遇がお手盛り過ぎるという問題もある。 リンク1リンク2


その他にも、NHKが制作してきた数多くの「媚中番組」「韓国・朝鮮人擁護番組(ヘイト関連含む)」「民主党擁護番組」等の問題、また近年急速に内容が劣化している「NHK大河ドラマ」の問題などもありますが、それらは上記から割愛しました。

【結論】NHKを解体して、国民にとって必要最低限の事を放送する国営放送局を立ち上げ、残りは民営化すべし。(終)

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく
関連記事

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/tb.php/587-b57a8fb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad