処士策論

「処士」(しょし)とは、仕官していない人、民間の人、在野の人のこと

都知事選、「保守の分裂」ではなくて、本質的には「既得権側の分裂」

人気ブログランキングへ

都知事選が始まりました。

都知事選について言えば、それこそ前回舛添が選ばれた都知事選の時は私も一(いち)都民として、かなりの危機感を持ってこのブログで持論を展開しておりました。

『保守(反サヨク)勢力の分裂はやめろ!』と。


近い所では今年の3月に書いた「舛添辞任」に関するこの記事も、その一つに該当しますでしょうか。(※この時はまだ舛添の政治資金問題は出てきておらず、韓国人学校うんぬんの話だけでしたが)
「桝添を選んだ都民は愚民」と言うが、桝添を推したのは安倍自民だよ(160327)

そして以下のリンク一覧は前回の都知事選の頃に書いた一連の記事です。
都知事選が及ぼした保守系言論界への影響(2014/02/22)
シンパでもないのに、なんでチャンネル桜の選挙を手伝わんとアカンの?(2014/02/14)
「戦略が無い」と言うよりも「一体何がやりたかったのか?」が分からない(2014/02/11)
もう既に諦めの境地にある都民の独り言(2014/01/18)
都知事選、始まる前からオワタ(2014/01/14)
田母神さんの都知事選は、水島社長との関係がキーポイントになる(2014/01/12)
来月の都知事選についての所感(2014/01/09)
前回の時はそれなりに真剣に選挙結果を予想したりして、選挙の動向を注意深く見守ってはいましたが、今回はそれほど入れ込んではおりません。

予想も難しいですね。
おおよそ皆さんが考えておられるように、小池、増田、鳥越による三つどもえの接戦になるでしょう。

私の希望ですか?
それはもう、私が過去に書いた記事を見ていただければ、お分かりになりますでしょう。
(※と言いましても、もし仮に当選したとしても、安倍総理と同様にあの人も選挙後にコロっと態度を変えてしまう事は大いにあり得ると重々承知をしておりますので、私もそれほど入れ込んでいる訳ではありません)



一つだけ申し上げておかなければならない事は、今回の都知事選は「保守の分裂」という事が言われておりますが、
160716huaojoa_001.jpg
確かにそれは客観的に見ればその通りで間違ってはおりませんけれども、本質的な事を言えば
160716huaojoa_002
「既得権側の分裂」であるはずなのです。

これとよく似た構図を、我々国民は昨年の11月に大阪で見たはずです。
160716huaojoa_003.jpg
(参考外部リンク。「ぼやきくっくり」さんより)
共産党とSEALDsが自民党に乗っかる大阪W選…Tweetまとめ15.11.01~15.11.15


自民党側としては(特に東京自民としては)、敵は野党連合(民主・共産)ではなくて、小池(改革側)なのです。

だから東京自民は、候補を一本化できなかったのです。

大阪では、共産党とも共闘したあの「地方議会・自民党」ですよ?


しかし、前々回の記事でも書きましたように、私が住んでいるここ東京は、大阪とは全く事情が異なるのです。

ここでは大阪のように「ガス抜き用」のテレビ番組さえも一切存在しない、完全な「言論封殺状況」にあるのですから、もし大阪であればそれこそ「小池有利」という状況を作り出せたかも知れませんが、ここ東京ではそういった空気(雰囲気)を作り出すのは無理なのです。

ちなみに、私自身も(過去記事で何度も書いたように)大阪維新を好んでいる訳でもなく、「改革」(行政改革)を絶対的な善であると思っている訳ではありません。特に「国や行政を敵とする」とか、「役人の高待遇に対する嫉妬心を煽る」とか、そんなやり方は間違っていると思っています(ただし、現状の民意(民度)では残念ながら「その方法が集票手段としては一番有効である」というのが現実ではあるけれども)。

このあたりの事を詳しく解説するとなると、一番分かりやすい目安を用いるとすれば、「憲法改正」「どういった形で憲法を改正するのか」といった目安を使えば解説しやすいのですが(やや極論になってしまうきらいはあるが)、今回はそこまで立ち入る事はやめておきましょう。



しかし、一般的な国民感覚からすれば、これらの細かい事情などは全く関係がありません。
無党派層の有権者達はもっと「肌感覚」や「イメージ」などを優先して、投票をしてしまいますから。


私はそういった観点から見て申すとしても、実は小池氏はそれほど「悪いイメージではない」のではないか?とも思っているのです。


あのどう見ても「老害」以外の何物でもないサヨクのジイさんと、
前回の舛添同様既得権まみれ」の俗物のおっさんと、
この二人に比べれば、まあ女性という面もプラス材料ではあるけれども、イメージ戦略という面から見ても、小池氏は悪くないと思いますよ。

まあ一番の問題点は、「既存マスゴミ」による「鳥越上げ、小池下げ」印象操作なんですけどね。

言論封殺状況下にある東京では、やはりそれが一番の問題点です。

(参考リンク。2007年の時の都知事選)
選挙戦終了直後の石原慎太郎氏の発言『一部メディアから非常に陰湿な、狡猾なバッシングにあいましてね。大きな誤解が広がったというハンディキャップは、初めての経験でしたね』
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/2007-04-09.html
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1176132135/l50


(※最後の余談として、このブログでも過去に何度か触れた事がある桜井のマコっちゃんについては、前回のタモさんのような獲得票数にはならんでしょうから影響はそれほど大きくはありませんが、上記にも書いたように今回の選挙は三つどもえの接戦になる事が予想されますので、案外前回の都知事選以上に、コレが致命傷(僅差の負け)になる可能性も、無いとは言い切れませんなあw)

「NHK解体」に関するまとめ(十例)

(1) 日本の公共放送であるにもかかわらず、「自立国家・日本」が主張すべき意見を封殺し、しかも運営資金のほとんどを日本人が負担しているのに、中国・朝鮮、又は旧GHQ(特に米国の立場を優先するような番組しか制作しない。 リンク1リンク2

(2) 受信料制度に様々な不備があり、甚だ公平性を欠いている。また「国営なのか?非国営なのか?」という点も不明瞭である。「国営放送局の新規創設」「民営化」「スクランブル化及びペイパービュー」などが検討されて然るべきである。 リンク1リンク2

(3) 局の政治的及び思想的スタンスが左側の言論に偏っている。「いわゆる保守系」の言論人はほとんどNHKの番組から排除されている。 リンク1リンク2

(4) 昔はともかく、現在では朝日新聞よりもNHKのほうが害が大きい。朝日は儲からなくなれば方針転換を余儀なくされ、また新聞業界自体が斜陽産業である。一方NHKには「映像や音声で感覚に直接訴える」という高いプロパガンダ能力もある。 リンク1リンク2

(5) 「弱者・被害者」報道は公共放送として、もちろんあって然るべきだが、<言葉狩り><論点ずらし><自己保身><イデオロギー闘争>に利用する為にNHKの場合は、それが至上命令となっており、やり過ぎである。 リンク1リンク2

(6) NHKの原発報道は「反原発」一色で、「原発再稼働」側の意見は皆無に等しい。現在多くの国民が患っている「原発アレルギー」は、NHKが数年に渡って垂れ流してきた“音声”と“映像”によって作り上げられた、と言っても過言ではない。 リンク1リンク2リンク3拙ブログの「反原発」関連カテゴリへのリンク

(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2

(8) 「表現の自由」を盾に一切の干渉を排除し、リベラル知識人特有の「上から目線(=「国民は愚民」という意識)」も強烈で、公共放送の在り方や番組の内容について「国民にアンケートを採る」という事を一切しようともせず、非常に独善的であるリンク

(9) 「JAPANデビュー反日台湾番組」や「佐村河内のヤラセ番組」等、非常に問題のある番組を数多く放送してきたが、責任を全く感じていない。 リンク

(10) 一般のマスメディアで取り上げられる事はほとんどないが、NHK職員の不祥事は異常に多い。また公共の受信料で成り立つ放送局としては職員の待遇がお手盛り過ぎるという問題もある。 リンク1リンク2


その他にも、NHKが制作してきた数多くの「媚中番組」「韓国・朝鮮人擁護番組(ヘイト関連含む)」「民主党擁護番組」等の問題、また近年急速に内容が劣化している「NHK大河ドラマ」の問題などもありますが、それらは上記から割愛しました。

【結論】NHKを解体して、国民にとって必要最低限の事を放送する国営放送局を立ち上げ、残りは民営化すべし。(終)

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく
関連記事

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/tb.php/614-27eb384b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad