処士策論

「処士」(しょし)とは、仕官していない人、民間の人、在野の人のこと

今のニュースウォッチ9を見て違和感を覚える人は、正常な感覚の持ち主だと思う

人気ブログランキングへ

私は以前、4月15日の記事で以下のように書きました。
--------------------------------------------------------------------
(以下、過去記事より一部抜粋して引用)
前回の記事でNHKのニュース7ニュースウォッチ9の違いについて書きました。そして『ニュース7のほうが酷い』という事を私は強調した訳ですが、確かに3.11後の3年間はその通りで間違いありません。

しかし、うっかり忘れてました。
私、一年半前にこんな記事を書いてたんですよね。

やはり今はニュースウォッチ9が一番酷い。大越の時よりも格段にね(2015/10/23)

実際、先月まで河野がやっていたニュースウォッチ9は、実はニュース7と五十歩百歩で、むしろ最初の一年はニュース7よりも酷かったんですよね。

そして今月から始まった、なんだかあの、妙チクリンなニュースウォッチ9は、やはりアレも、今の所はニュース7よりも確実に「酷い」です。

特にあの今村復興大臣の会見ネタを取り上げていた時は酷かったですね。ここで具体的には書きませんけど。他にも色々と「酷い」報道が目立ちます。
(以下略)
--------------------------------------------------------------------
そしてこれ以降、私がチェックしている限りにおいては、やはりニュースウォッチ9「酷い」報道姿勢に変わりはありませんでした。

端的に言ってしまえば、今年度のニュースウォッチ9の報道姿勢というのは以下の3つのパターンに当てはまる「偏向」報道が多い、と私は感じています。

1.このブログの末尾に毎回載せているテンプレの(5)「弱者・被害者」報道が非常に多い

2.「先の大戦」にまつわる「戦争の反省」報道が多い

3.朝日新聞的な「偏った反安倍報道」の流れに合わせた報道も少なくない


主に「特集」や「この1本」などのニュースコーナーで(特に1と2に関して)、ほとんど毎回のようにそういった事に関係するネタを突っ込んできているように私には感じられます。

--------------------------------------------------------------------
(以下、具体例をいくつか挙げておきます。見出しにリンクが貼ってあるものはNW9公式HPのリンクです)
4月20日 「特集」18万部のヒット なぜ? (マンガ家・田中圭一の『うつヌケ』という「鬱病」に関する作品について取り上げたもの)

4月24日 空襲から75年 元米軍パイロットとの“再会”
1700526_n5gtgfag9gqda_0001.jpg

4月25日 辺野古沖工事本格化
1700526_n5gtgfag9gqda_0002.jpg
1700526_n5gtgfag9gqda_0003.jpg
1700526_n5gtgfag9gqda_0004.jpg
1700526_n5gtgfag9gqda_0005.jpg
1700526_n5gtgfag9gqda_0006.jpg
桑子『結局、沖縄の人たちの理解を得られないまま、一線を超えてしまったという事ですよね』(以下略)
同4月25日 JR福知山線事故12年 企業の責任は 広がる声
1700526_n5gtgfag9gqda_0007.jpg

4月27日 ジャーナリストが反対声明 「テロ等準備罪」新設法案
1700526_n5gtgfag9gqda_0008.jpg
1700526_n5gtgfag9gqda_0009.jpg

5月3日 「憲法」関連の偏向報道(※前々回の記事を参照のこと)

5月4日 「特集」ウィーンフィルとナチス 知られざる歴史

5月5日 「特集」戦争孤児12万人の戦後史に迫る

5月8日 児童養護施設 退所した子どもの支援は
1700526_n5gtgfag9gqda_0010.jpg

5月10日 「特集」“赤ちゃんポスト”10年 当事者は

5月11日 「特集」ダウン症がある子と母 思い写して

5月15日 「特集」沖縄復帰45年 有馬キャスター “活況”の現場へ

5月16日 川崎 簡易宿泊所あす火災から2年
1700526_n5gtgfag9gqda_0011.jpg

5月18日 「特集」生活保護ジャンパー問題 検討会座長が語る“真相”
1700526_n5gtgfag9gqda_0012.jpg
1700526_n5gtgfag9gqda_0013.jpg
1700526_n5gtgfag9gqda_0014.jpg
1700526_n5gtgfag9gqda_0015.jpg
有馬『あの、井手さんは当初、情けなくて胸が張り裂けそうだったと、この問題ついて感じたという事ですけど、実際に調査に当たった結果どう思ってますか?』
井手教授『(中略)僕にとってすごく驚いたと言うかビックリしたのは、市民なり、あるいは県外市外の方からのご意見の中で半分近い人達が「市役所の皆さん、良くやった」と。「不正受給を取り締まる為に良く頑張ってくれた」と擁護する声が上がっていたという事だったんですね』
桑子『半分近くも?どうしてそういう事になってしまうんでしょうか?』
1700526_n5gtgfag9gqda_0016.jpg
井手教授『僕は今まさに悔しくて情けなくてというお話をして頂いんですけど、自分の子供達が生きていく町なのにこういった行政が行われているのか、と思った時に、もう悔しくて悔しくて、もうこのニュース知った時に布団かぶって泣いたんですよね。僕東京から引っ越して来ましたんで。こんな事の為に引っ越して来たのか。こんな町に引っ越して来たのか。子供達こんなとこで生きていくのかと思いました。ただ、(以下略)』

5月19日 「特集」いじめ自殺 学校側の対応に苦しむ遺族
同5月19日 注目集める映画ポスター “生のままの芸術”
1700526_n5gtgfag9gqda_0017.jpg
1700526_n5gtgfag9gqda_0018.jpg

5月22日 “必ずライフジャケットを” 息子を亡くした夫婦の思い
1700526_n5gtgfag9gqda_0019.jpg
(具体例の提示は以上で終了)
--------------------------------------------------------------------
あと、ニュースウォッチ9の特徴についてもう一つ付け加えるとすれば「くだらない演出」というか「何か少し変わった事をしよう」といったような姿勢も、番組内でチラホラ見かけます。

「取材インタビューの撮影時に目線(主観)カメラを使う」だの、「スポーツコーナーで一橋が小走りにスタジオに入ってくる」だの、およそ報道の本質から見れば「どうでもいい」と思われるような部分にばかり手間をかけて、実際の報道の中身は上記の3つのパターンに集約されるという非常に偏ったニュース番組になっています。
(※4月15日の記事で『なんだかあの、妙チクリンなニュースウォッチ9』と述べたのは、これらの「くだらない演出」を指して述べたものです。まさか9時に放送されるサラリーマン(=大人)向けのニュース番組でこんな幼稚な内容の番組をやるとは夢にも思いませんでした。外国の人に見られたら恥ずかし過ぎますわな)


一方ニュース7は、これは過去記事でも書いた事がありますが、放送時間の枠がニュースウォッチ9と違って30分しかありませんので、余計な「偏向報道」を差し挟むような余裕はなく、事前に私が懸念していたような、それは昔(=3.11以降の3年間)武田真一がキャスターを務めていた頃のような「偏向報道」だらけのニュース番組になる、という状態にはなっていません。

要するに、私がこの時の記事の一番最後に、
--------------------------------------------------------------------
とにかく、今のニュースウォッチ9は本当に酷いです。

おそらくニュース7とニュースウォッチ9は交互に「ガス抜き」を分担しているんだと私は思います。

ニュース7が酷い時は、ニュースウォッチ9で「ガス抜き」(2011年~2014年の大越時代)
ニュースウォッチ9が酷い時は、ニュース7で「ガス抜き」(2015年、今年)

これを交互に繰り返しているという事は、結局、酷いニュース番組はいつまで経っても無くならないと、まあ、そういう事ですわな。
--------------------------------------------------------------------
と書いたように、今年度もニュース7が「ガス抜き」、というか「そこそこ普通」の状態を保ち続けており、その一方で、
ニュースウォッチ9が酷い
という組み合わせがまだ続いている、という事なのだと思います。


そして、これは毎年言っている事でもありますので、もう皆さん聞き飽きているとは思いますが、これから夏(と言うか8月)に向かってNHKの報道姿勢はより一層、上記の
2.「先の大戦」にまつわる「戦争の反省」報道
いわゆる「厭戦・反日・自虐プロパガンダ」報道が加速度的に増していきますので(8月15日に至るまで)、ニュースウォッチ9の報道姿勢もますます酷くなっていくものと思われます。
(※まずは6月の沖縄報道がその端緒となる、という事も毎年書いている事ではありますが)

しかしまあ、百歩譲って「その報道姿勢」を許容するとしても、そういった報道はNスペか討論番組あたりでやるのが「然るべき報道姿勢」のはずであって、ニュースウォッチ9のような日常のニュースを伝える番組の中でやるようなものじゃないはずなんだよなあ。



これは私の独断と偏見による見方かも知れませんが、NHKがニュースウォッチ9でこういった開き直った報道姿勢をとるのは、おそらく彼ら(=NHKを含む日本のマスゴミ連中)は、アメリカにおけるマスメディアの姿勢
「(開き直ったかのように)反トランプ色を鮮明にしている」
といった流れにあるので、その流れを受けて日本でも「その報道姿勢を多少真似ている」という事なのだろう、と私は思っています。

要するに、アメリカの「トランプ現象」および日本のネットにおける「反マスメディア」という世論の潮流に対しては、
逆に「開き直って好き勝手報道する」という姿勢で返す
という彼ら(=NHKを含む日本のマスゴミ連中)の「抵抗の意志の現れ」がそこにはあるのだろう、と私は見ているのですが、いかがなもんでしょうかね。


それにしても、アメリカと違って日本は、すぐそこに「北朝鮮暴発の危機」というリアルな危機が迫っているというのに、そういった現実を直視しようとしない日本のマスゴミ(NHK含む)は本当に愚かな連中だ、と言わざるを得ない。

「NHK解体」に関するまとめ(十例)

(1) 日本の公共放送であるにもかかわらず、「自立国家・日本」が主張すべき意見を封殺し、しかも運営資金のほとんどを日本人が負担しているのに、中国・朝鮮、又は旧GHQ(特に米国の立場を優先するような番組しか制作しない。 リンク1リンク2

(2) 受信料制度に様々な不備があり、甚だ公平性を欠いている。また「国営なのか?非国営なのか?」という点も不明瞭である。「国営放送局の新規創設」「民営化」「スクランブル化及びペイパービュー」などが検討されて然るべきである。 リンク1リンク2

(3) 局の政治的及び思想的スタンスが左側の言論に偏っている。「いわゆる保守系」の言論人はほとんどNHKの番組から排除されている。 リンク1リンク2

(4) 昔はともかく、現在では朝日新聞よりもNHKのほうが害が大きい。朝日は儲からなくなれば方針転換を余儀なくされ、また新聞業界自体が斜陽産業である。一方NHKには「映像や音声で感覚に直接訴える」という高いプロパガンダ能力もある。 リンク1リンク2

(5) 「弱者・被害者」報道は公共放送として、もちろんあって然るべきだが、<言葉狩り><論点ずらし><自己保身><イデオロギー闘争>に利用する為にNHKの場合は、それが至上命令となっており、やり過ぎである。 リンク1リンク2

(6) NHKの原発報道は「反原発」一色で、「原発再稼働」側の意見は皆無に等しい。現在多くの国民が患っている「原発アレルギー」は、NHKが数年に渡って垂れ流してきた“音声”と“映像”によって作り上げられた、と言っても過言ではない。 リンク1リンク2リンク3拙ブログの「反原発」関連カテゴリへのリンク

(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2

(8) 「表現の自由」を盾に一切の干渉を排除し、リベラル知識人特有の「上から目線(=「国民は愚民」という意識)」も強烈で、公共放送の在り方や番組の内容について「国民にアンケートを採る」という事を一切しようともせず、非常に独善的であるリンク

(9) 「JAPANデビュー反日台湾番組」や「佐村河内のヤラセ番組」等、非常に問題のある番組を数多く放送してきたが、責任を全く感じていない。 リンク

(10) 一般のマスメディアで取り上げられる事はほとんどないが、NHK職員の不祥事は異常に多い。また公共の受信料で成り立つ放送局としては職員の待遇がお手盛り過ぎるという問題もある。 リンク1リンク2


その他にも、NHKが制作してきた数多くの「媚中番組」「韓国・朝鮮人擁護番組(ヘイト関連含む)」「民主党擁護番組」等の問題、また近年急速に内容が劣化している「NHK大河ドラマ」の問題などもありますが、それらは上記から割愛しました。

【結論】NHKを解体して、国民にとって必要最低限の事を放送する国営放送局を立ち上げ、残りは民営化すべし。(終)

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく
関連記事

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/tb.php/645-b7f36305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad