処士策論

「処士」(しょし)とは、仕官していない人、民間の人、在野の人のこと

NHKの加計学園“印象操作”は、「ここまでやるか」というぐらい凄かった。これは本気だ

人気ブログランキングへ

前回同様、冒頭に青山さんの「虎ノ門ニュース」(6月12日)での発言を紹介しておきます。
------------------------------------------------------------------
【DHC】6/12(月) 青山繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】
https://www.youtube.com/watch?v=p5O_CNchv2Y
17006013_jg5ds6vc1tre_0001.jpg
(動画の30分頃から)青山繁晴参議院議員の発言
『「総理のご意向」だからっていうのが、例えばこのお友達、加計なんとかさん?この人をよしなにやってくれ、と総理が言ったという意味ですか?
「総理のご意向」っていうのは国家戦略特区だから既得権益で新たな獣医さんができないところは打破すべきだと、
構造改革特区ではしきれなかったからこれをやるべきだ、というのが「総理のご意向」だったら何の問題もないじゃないですか?』
(以下略)
------------------------------------------------------------------

まあ今日でさすがに終わったと思うんですけど、今回の「加計学園問題」に関するNHKの「印象操作」報道は、マジで凄かったです。

これは本気ですわ。

NHKがここまで本気で「印象操作」をやっているのを見るのは久々ですね。

あの3.11以降の3年間、徹底的に繰り返された反原発・放射能プロパガンダ以来ですかね。多分。


以下、今夜6月16日(金)のニュースウォッチ9で放送された「加計学園」報道の締めの部分を紹介します。
------------------------------------------------------------------
170616_gualbny5u8fe_0001.jpg
桑子『結局その、野党の追及とそれに対する政府の答弁、これ噛み合わないまま時間切れとなった感じはしますよねえ』

有馬『いや、その時間切れを狙ったんじゃないか、という声が上がってもしょうがないですよね。これで問題は幕引き、というのでは納得できない人はいるんじゃないかと思います。という事で、野党は国会の閉会中の質疑を求めている。これ閉会中審査という訳なんですが、与党の中でもそれを理解する声は出てるんですよね。来週月曜日に安倍総理大臣が閉会にあたっての記者会見を予定してますけど、まずは、そこでの説明に注目したいと思います』

桑子『このままにはして欲しくないですよね
------------------------------------------------------------------

今回の一連の「加計学園」報道では、毎回冒頭で「総理のご意向」というセリフを持ってきて(森友の時における「忖度」同様)、全国の視聴者の耳目に「総理のご意向」というセリフを印象付けるという手法(一般的には、普通それを“印象操作”もしくは“洗脳”と呼ぶ)が徹底されており、更には、訳の分からない識者のコメントとして『情報公開が大切だ』といった事ばかりを強調して、上記の青山さんが述べているような正論、

『構造改革特区ではしきれなかったからこれをやるべきだ、というのが「総理のご意向」だったら何の問題もないじゃないですか?』

こういった正論は一切番組では紹介しない。
(※おそらくNHKとしては『番組内で国会における総理の答弁などを紹介しているのだから、その事を完全に無視している訳ではない』と抗弁するつもりであろうが、国会答弁とコメンテーター(番組司会者も含む)が述べるコメントとは、視聴者が受ける印象は全く違うのだから、そういった言い逃れは出来ない)

(訳のわからない識者の例)
170616_gualbny5u8fe_0003.jpg

そして本日の国会で福山哲郎が述べていたのと同様、NHKも文科省の職員に対しては「非常に寛容で」、その直前にあった天下り問題に関する批判的なコメントも一切しなかった。
(※この事は、前回の記事でも私は指摘しましたが)
170616_gualbny5u8fe_0004.jpg
170616_gualbny5u8fe_0005.jpg
170616_gualbny5u8fe_0006.jpg
170616_gualbny5u8fe_0007.jpg
NHKが福山同様、文科省職員を批判しないのは当たり前だよなあ。

今回、この問題を追及し始めてからNHKは何度も、
『NHKが入手した文部科学省の職員からの内部資料によりますと~』
と、文科省の職員と結託して政権攻撃の「印象操作」に度々利用してきたんだから。
170616_gualbny5u8fe_0002.jpg
くだらない「内部リーク」によって国会運営をかき回し、その直前には「天下り問題」を起こしていた「あの文部科学省」に対して、NHKが全く追及しようとしないのは、誰でも理解できる話だよなあw



前回の記事では、先日行われたNHK世論調査の結果を紹介しましたが、毎晩毎晩、全国地上波を利用してこのような「洗脳電波」を全国の何百万人という国民に浴びせ続ければ「政府の説明に納得できない」と答える割合が65%になるのは当然の事です。いやむしろ、ここまで「洗脳電波」を浴びせられても「政府の説明に納得できる」と答えた人が25%もいる事のほうが「驚くべき事」と言えるでしょう。
17006013_jg5ds6vc1tre_0006.jpg

もし国民が、あの8年前の、マスゴミによって民主党政権が作られた時の「メディアリテラシー」のレベルであったなら、今頃「納得できない」が9割を超えていたのは間違いのない所でしょう。




それにしても最近のNHKの「印象操作」は執拗で、かつ徹底的に練り上げられた「効果的な印象操作」であると私は思います。

例えば、以下のこの番組なども、まさに「印象操作」の為に作成された番組と言えるでしょう。
------------------------------------------------------------------
金曜イチから「わたしたちと“忖度”(そんたく)」
https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20170602-21-18535

2017年6月2日(金) 午後7:30~午後8:00(30分)
【番組内容】最近なにかと注目される言葉“忖度(そんたく)”。政治の話題だけでなく身近なところでも使われるようになっている。何にどう気をつけて向き合えばよいのか見ていく。
------------------------------------------------------------------
こういった何気ない番組でも、国民に“忖度”という言葉を印象付けようと、執拗に「洗脳電波」を垂れ流しています。

そして何より一番凄いのは、やはりニュースウォッチ9だと思います。

確か、ちょうどこの「加計学園問題」が盛り上がっている頃の事だったと思いますが、この問題に合わせた形で「アメリカのトランプのロシアゲート」を引き合いに出して、
『やっぱり情報公開こそが一番大切ですね』
『こちら(=アメリカ)でも“忖度”が働いたんじゃないでしょうか』
みたいなコメントをして加計学園や森友学園を連想させる見事なネガキャン「印象操作」をやってのけていました。

上手い!さすが「印象操作」のプロ!
よくシナリオを練り上げてある!


と、これには私も、思わず感じ入ってしまいましたよw

まあ、本来であれば、上記で青山さんが述べているように、

『構造改革特区ではしきれなかったからこれをやるべきだ、というのが「総理のご意向」だったら何の問題もないじゃないですか?』

と、この一言さえ国民に知れ渡れば何ら問題にならない話なのに、
「まるで何か問題があるかのように世間を扇動する、その才能」、
ホント、詐欺師としてはプロ級の腕前と言えるでしょうw
ニュースウォッチ9のスタッフ達はw




最後の余談です。

前回の記事の最後にも「最近のとち狂ったサヨクマスゴミ連中の暴走」について、その原因は何なのか?という事を書きました。

<前回書いたサヨクマスゴミの暴走の原因>
(1) アメリカにおけるトランプバッシングと軌を一にした、日本における安倍バッシング
(2) 「都議選」、または「衆院選」が近くなったから、という理由
(3) 北朝鮮問題に関連した北朝鮮および中国からの圧力

しかし、この3つだけではありませんでした。
あと2つ、重要な観点が抜け落ちていました。
以下にその2つを追加しておきます。

(4) 安倍総理が5月3日に「憲法9条の改正」を提議したから
(5) 「女性宮家」を含めた皇室の皇位継承問題に干渉する為

この2つはかなり重要な問題ですから、サヨクマスゴミの暴走には当然これらの事も原因として含まれているのでしょう。

「NHK解体」に関するまとめ(十例)

(1) 日本の公共放送であるにもかかわらず、「自立国家・日本」が主張すべき意見を封殺し、しかも運営資金のほとんどを日本人が負担しているのに、中国・朝鮮、又は旧GHQ(特に米国の立場を優先するような番組しか制作しない。 リンク1リンク2

(2) 受信料制度に様々な不備があり、甚だ公平性を欠いている。また「国営なのか?非国営なのか?」という点も不明瞭である。「国営放送局の新規創設」「民営化」「スクランブル化及びペイパービュー」などが検討されて然るべきである。 リンク1リンク2

(3) 局の政治的及び思想的スタンスが左側の言論に偏っている。「いわゆる保守系」の言論人はほとんどNHKの番組から排除されている。 リンク1リンク2

(4) 昔はともかく、現在では朝日新聞よりもNHKのほうが害が大きい。朝日は儲からなくなれば方針転換を余儀なくされ、また新聞業界自体が斜陽産業である。一方NHKには「映像や音声で感覚に直接訴える」という高いプロパガンダ能力もある。 リンク1リンク2

(5) 「弱者・被害者」報道は公共放送として、もちろんあって然るべきだが、<言葉狩り><論点ずらし><自己保身><イデオロギー闘争>に利用する為にNHKの場合は、それが至上命令となっており、やり過ぎである。 リンク1リンク2

(6) NHKの原発報道は「反原発」一色で、「原発再稼働」側の意見は皆無に等しい。現在多くの国民が患っている「原発アレルギー」は、NHKが数年に渡って垂れ流してきた“音声”と“映像”によって作り上げられた、と言っても過言ではない。 リンク1リンク2リンク3拙ブログの「反原発」関連カテゴリへのリンク

(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2

(8) 「表現の自由」を盾に一切の干渉を排除し、リベラル知識人特有の「上から目線(=「国民は愚民」という意識)」も強烈で、公共放送の在り方や番組の内容について「国民にアンケートを採る」という事を一切しようともせず、非常に独善的であるリンク

(9) 「JAPANデビュー反日台湾番組」や「佐村河内のヤラセ番組」等、非常に問題のある番組を数多く放送してきたが、責任を全く感じていない。 リンク

(10) 一般のマスメディアで取り上げられる事はほとんどないが、NHK職員の不祥事は異常に多い。また公共の受信料で成り立つ放送局としては職員の待遇がお手盛り過ぎるという問題もある。 リンク1リンク2


その他にも、NHKが制作してきた数多くの「媚中番組」「韓国・朝鮮人擁護番組(ヘイト関連含む)」「民主党擁護番組」等の問題、また近年急速に内容が劣化している「NHK大河ドラマ」の問題などもありますが、それらは上記から割愛しました。

【結論】NHKを解体して、国民にとって必要最低限の事を放送する国営放送局を立ち上げ、残りは民営化すべし。(終)

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく
関連記事

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント

NHK、20年前はまともだっのに

お邪魔します。
1990年代はニュースといえばNHKしか見ていませんでした。でも2000年代の
半ば辺りから異様な空気が漂い始め、2010年代以降完全に見捨てました。
20時からは「BSフジ・プライムニュース」、続く22時から「BSジャパン・日経
プラス10」というのが定着し、NHKはデータ放送のニュースだけチェック
して、変なことが書いてあれば公式サイトから批判を送信しています(ブラック
リストに載ってるかも)。
「BSフジ・プライムニュース」はおそらく唯一の「保守系ニュース番組」で、
キャスターの反町氏が左翼政党の出演者にガンガン鋭いツッコミを入れる様は
気持ちのいいほどです。番組内では既に「忖度」という語句が揶揄の表現として
使われています(番組宣伝みたいで済みません)。
昔のNHKはドキュメンタリー番組もいいもの作ってたんですけどね。政治
絡み以外でも近年はお粗末です。BS1をパッと付けて、あれ?いいのやってる
ぞ、と思ったら海外の放送局が作ったのをそのまま流してるやつ(息)。
スポーツ中継とNHK交響楽団定期公演を見るためだけに視聴料を払ってます。

  • 2017/06/17(土) 17:00:49 |
  • URL |
  • トンガのガント #HuBhO90w
  • [ 編集 ]

Re: NHK、20年前はまともだっのに

コメントどうもありがとうございます。

全く仰る通りですね。
こういったNHK批判ブログを書いている私も、90年代のNHKは好きだったのです。

またBSフジのプライムニュースが結構まとも、というご意見も同意致します。私は通常「NHKの番組を監視する(但し全て録画分)」という理由もあって、普段民放の番組に目を通す事はありませんが、出張先のホテルなどでTVを見る際には、確かにまともな番組はプライムニュース以外見当たらないんですよね。しかしこれも一応BSであって地上波(=一般向け)ではないんですよね。ですからある意味「ガス抜き用」(=全部が全部偏向放送という訳ではない)という意味合いもあるんだと思います。

更に加えますと、私も昔はNHKのスポーツ中継は好きでしたよ。民放の低レベルな解説に比べて無駄なしゃべりが少なくて落ち着いて見れますからね。今は、スポーツ中継自体をあまり見ませんけど。

その事は昔このブログで書いた事があります。「近年のNHKは基本女子供向けの番組作りに徹している。但し男性用としてはスポーツ中継(特にBS)のみ残されている」と。

  • 2017/06/17(土) 17:52:54 |
  • URL |
  • SyoshiU #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/tb.php/648-17970636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad