処士策論

「処士」(しょし)とは、仕官していない人、民間の人、在野の人のこと

【神回】本日の青山繁晴さんの虎ノ門ニュース(H29年6月26日)

人気ブログランキングへ

過去に青山繁晴さんの番組に対して何度も「神回」というセリフを使ったような気がしますが、今日の虎ノ門ニュースは本当に「神回」でした。

今回はほぼ全て青山さんの虎ノ門ニュースの内容に関する記事になります。

【DHC】6/26(月) 青山繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】
https://www.youtube.com/watch?v=M6dhO9IpDU0&t

170626_p5wb25dgsa_0008.jpg

まあ大切な話は全て青山さんが語ってしまっているので、私が何かグダグダと付け加えても蛇足になるだけです。

例の加計騒動が始まって以来私が疑問に感じていた事、それは、
文部科学省の体質と、それに絡む左巻き勢力の関係
という事なのですが、今回青山さんが全てその疑問に答えてくれています。

私も実にスッキリとしました。


では、以下にYoutube動画の、特に38分頃からの部分について紹介します。
---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------
青山さんの活動の甲斐もあって、先日(公式リリースは6月21日)文部科学省の学習指導要領が改正される事になった。
170626_p5wb25dgsa_0001.jpg

(参考リンク)
【産経新聞】拿捕や死傷者など船員被害の歴史を教科書に明記へ 竹島や尖閣など 学習指導要領解説書の全容判明(2017.6.21)
http://www.sankei.com/life/news/170621/lif1706210025-n1.html

しかし青山さんに事前にその資料を持ってきた文部科学省の官僚が語った話によると、実はこの案件は以前「自民党・福田康夫政権」の時にも俎上に載せられた事がある案件だった、とのこと。
170626_p5wb25dgsa_0002.jpg

(以下、青山さんの発言の書き起こし)
---------------------------------------------------------------
若手官僚たちが自民党の福田康夫政権でこれをやろうとして、当時の文部科学大臣は渡海紀三朗さんという自由民主党の中ではリベラルに属する人で、その渡海さんが「自分はリベラルだけど、国家主権や領土の問題は別だ」「お前らの言っている事は正しい」と言って、これをやろうとしたら、実は官邸からストップがかかった。
170626_p5wb25dgsa_0003.jpg
具体的には呼び出しがあったと。福田総理から。渡海大臣が福田総理に呼び出されて、そして文部科学省に帰ってきたら、これは僕の所にやって来た官僚がそう仰ったから、ずうっと聞きこんで僕は本当かどうか確かめていったら「渡海大臣は男泣きをされていた」と。悔しくて。

福田さんから「こんな韓国や中国を刺激するような事をやっちゃいかん」という主旨の事を、これ言葉は分かりません、渡海さん、これを暴露してないから。で、これは一旦潰れてしまった、と。

その時に、役所の中で潰すのに中心的に働いたのが前川さんでした、と。
170626_p5wb25dgsa_0004.jpg

で、やって来た若手官僚は、当時相当な重職にあった前川さんから、当時、審議官クラスだったと思われる前川さんから呼び出されて、
「お前、この右翼!」
「文部省はこんなの認めないでやってきたんだ、ずっと敗戦後。この右翼!」
とメチャクチャに言われました、と。

だから日教組と癒着をし、実は自由民主党の中でも、福田康夫総理も含めて、そういう所とがっちり繋がってる勢力があって、その人たちは徹底的に反安倍ですよ、もちろん。

憲法を変える、こんな学習指導要領をついに認める安倍内閣、そんなものは絶対に認められないというのが、この「加計だ、森友だ」の背後にある一番大きな、黒い大きな流れなんですよ。敗戦後の日本を、72年間ずっと支配してきた流れの正体がコレなんです。

だから前川さんは自信たっぷりなんです。

170626_p5wb25dgsa_0005.jpg

で、例の出会い系バーもですね(中略)バーの名前までハッキリと言いましょう。これはインテリジェンスも含めた情報なんですが、これは新宿歌舞伎町の「ラブ・オン・ザ・ビーチ」という出会い系バーで、これは暴力団の経営です。

暴力団の名前も入ってますけど、それはやめておきます。なぜかと言うと暴力団の人権を守ってるんじゃなくて、これは当然起訴して裁判されなきゃいけませんから。
(中略)
そこのシステムが出会い系バーの中でも一番売春に直結していると警視庁が考えたのはですね、調べたら(※店内のシステムに関する詳しい解説は省略)店の外に一時的に連れ出すだけだと5千円。暴力団が直接経営しているラブホテルに連れ出すんだったら3万円と料金が決まってて、これはもう出会い系バーとか言ってるけど完全な管理売春です。
170626_p5wb25dgsa_0004.jpg
そこにこの前川次官、プラス元の事務次官も一緒に通ってた。これが貧困女性の実態調査。まず、この貧困女性の実態調査と言った時にメディアが一斉に書かなきゃいけないのは「それ文部科学省の仕事ですか?」と。(先述の資料を手に取って)文部科学省の仕事ってこういう事でしょう?学習指導要領をどうする?と。(以下略)
---------------------------------------------------------------

そして次に、青山さんが共同通信にいた時、実際に歌舞伎町で役人たちの素行を調査した話へと続く。

その話の中で、以前、青山さんが何度か紹介した事もある、
青山さんと連合の山岸会長との交流、会話のやりとり
の話になり、以下のように青山さんの解説は続く。

(以下、再び青山さんの発言の書き起こし)
---------------------------------------------------------------
その時に山岸さんが、反山岸の動きと戦ってた訳です。山岸さんは連合の初代会長だったけど、これ、亡くなったから言うんじゃなくて、「今の憲法で良い訳ない」と言ってました。はい。特攻隊に行こうとして目の前で特攻機が焼けて、山岸さん死なずに済んだ、という人ですね。昔の言葉で言ったら「特攻くずれ」と呼ばれた人たちですけど、「あの時に作られた憲法で良い訳ないだろ」と。
170626_p5wb25dgsa_0009.jpg
(※以前、青山さん主催のネット番組で山岸氏と対談された時の画像)

そうしたら「連合会長がそれでは困る」というので「憲法は変えるな」、日教組とか自治労とか、こういう所の「既得権益守れ」って勢力が山岸さんをなき者にしようとして物凄く動いてて、そして山岸さんが仰ったのは
「青山くん。市川市のこの俺の家に来てくれるのもとても大事。でも同時に歌舞伎町へ行け」
(中略)
「行ったら、俺を追い落とそうとする奴らが組合費を流用してドンドン酒飲んで女買ってるんだ」
(中略)
「こっちは一点の曇りもないけど、憲法を変えるな、今までの日本で良かった、という奴は組合費くすねて歌舞伎町で酒飲んで女買ってるんだよ。だから青山、お前だったら食い込めるぞ。そこへ行って実態をつかむべきだ」
と言われたんです。
(中略)
170626_p5wb25dgsa_0006.jpg
そこで連合の首脳陣、この方も亡くなってるんだけど、亡くなってるから余計、ここで「俺は組合費利用してないんだ」と言えないから名前は止めときますけど、ハッキリ表に出ちゃった例で言うと自治労、今も物凄く強い、日教組よりも本当は強い、自治労という組合があって、もちろん完全に左巻きってやつですね。自称リベラル。

そこに後藤森重さんという委員長がいて、凄い穏やかな感じの人だけど物凄い実権握ってた人で、この後藤さんに「あなたは組合費から実質歌舞伎町で飲んでますよね」と僕は直当りして、歌舞伎町の店にどれくらい行ってるか全部調べて僕は突きつけたから、後藤さん真っ青になったけど「絶対…お金はポケットマネーだ!」と。「ポケットマネーでこんなに金払えるんですか?」実はいくらぐらい使ったかも僕は聞きこんでたから。(中略)そうしたら後藤さんが、自治労が組合費を不正利用してたって事件がバーンと出たんです。あ、ネットで調べてください。そして後藤さんは法人税法違反で在宅起訴されたんです。だから今僕は申し上げてるんですけど。(以下略)
---------------------------------------------------------------
(※以下、ネットで調べた結果)
元委員長が顧問辞任/連合、自治労不祥事で 2001/11/06
http://www.shikoku-np.co.jp/national/political/20011106000463

裁判所が自治労を糾弾 裏金作りのための脱税 - 横浜市従業員労働組合
http://www.siju.or.jp/topics/backnumber/backnumber/t0207-1-4.htm

岐阜県の裏金作りと自治労の不祥事問題 2006年8月 6日
http://otsu.cocolog-nifty.com/tameiki/2006/08/post_4272.html

他に「全日本自治団体労働組合」(自治労)のWikiにも、この件に関する記載あり(※このWikiページで“後藤”と検索すると引っかかる)。


その後の青山さんの解説では、更なる文部科学省の闇の部分も解説していた。

簡単に言えば、文部科学省で偉くなるには、「そっち側の人」でないとなれない。「清潔な人」が偉い役職に就いたら、闇の部分が全部表沙汰にされてしまうから、とのこと。それは綿々と続けられてきた体質である、と。

更に青山さんは、
「前川さんが文科省の幹部になってから取扱注意の資料がドンドン外に出て行く。それをたどっていったら全部女性記者だ。これ知らない人いないんですよ、文科省で」
と述べた上で、「そういう人たち」の金銭および女性関係の問題、そしてそれらの問題に対応する「マスメディアのやり方」(=女性関係に甘い人物には女性記者を配置する、というやり方)についても解説していました。
170626_p5wb25dgsa_0007.jpg
---------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------
以上です。

いやはや、今回は凄い回でしたねえ。
久々にしびれました。
(※もっと詳しい内容については、いつものようにぼやきくっくりさんのブログに詳細な書き起こしがありますので、そちらをご参照ください)


これが地上波テレビで全国に流れれば、日本もすぐに変わるのに。
(※まあ昔のアンカーの頃からずっと言ってる事ですけど)

まったくもって惜しい事だと、つくづく思います。

「NHK解体」に関するまとめ(十例)

(1) 日本の公共放送であるにもかかわらず、「自立国家・日本」が主張すべき意見を封殺し、しかも運営資金のほとんどを日本人が負担しているのに、中国・朝鮮、又は旧GHQ(特に米国の立場を優先するような番組しか制作しない。 リンク1リンク2

(2) 受信料制度に様々な不備があり、甚だ公平性を欠いている。また「国営なのか?非国営なのか?」という点も不明瞭である。「国営放送局の新規創設」「民営化」「スクランブル化及びペイパービュー」などが検討されて然るべきである。 リンク1リンク2

(3) 局の政治的及び思想的スタンスが左側の言論に偏っている。「いわゆる保守系」の言論人はほとんどNHKの番組から排除されている。 リンク1リンク2

(4) 昔はともかく、現在では朝日新聞よりもNHKのほうが害が大きい。朝日は儲からなくなれば方針転換を余儀なくされ、また新聞業界自体が斜陽産業である。一方NHKには潤沢な資金(税金)があり、更には「映像や音声で直接感覚に訴える」という高いプロパガンダ能力もある。 リンク1リンク2

(5) 「弱者・被害者」報道は公共放送として、もちろんあって然るべきだが<言葉狩り><論点ずらし><自己保身><イデオロギー闘争>に利用する為にNHKの場合、それが至上命令となっておりやり過ぎである。 リンク1リンク2

(6) NHKの原発報道は「反原発」一色で、「原発再稼働」側の意見は皆無に等しい。現在多くの国民が患っている「原発アレルギー」は、NHKが3.11以降に垂れ流してきた“音声”と“映像”によって作り上げられた、と言っても過言ではない。 リンク1リンク2リンク3拙ブログの「反原発」関連カテゴリへのリンク

(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2

(8) 「表現の自由」を盾に一切の干渉を排除し、リベラル知識人特有の「上から目線(=「国民は愚民」という意識)」も強烈で、公共放送の在り方や番組の内容について「国民にアンケートを採る」という事を一切しようともせず、非常に独善的であるリンク1リンク2

(9) 「JAPANデビュー反日台湾番組」や「佐村河内のヤラセ番組」等、非常に問題のある番組を数多く放送してきたが、責任を全く感じていない。 リンク1リンク2

(10) 一般のマスメディアで取り上げられる事はほとんどないが、NHK職員の不祥事は異常に多い。また公共の受信料で成り立つ放送局としては職員の待遇がお手盛り過ぎるという問題もある。 リンク1リンク2


その他にも、NHKが制作してきた数多くの「媚中番組」「韓国・朝鮮人擁護番組(ヘイト関連含む)」「民進党擁護番組」等の問題、また近年急速に内容が劣化している「NHK大河ドラマ」の問題などもありますが、それらは上記から割愛しました。

【結論】NHKを解体して、国民にとって必要最低限の事を放送する国営放送局を立ち上げ、残りは民営化すべし。(終)

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく
関連記事

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/tb.php/651-2ff86e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad