処士策論

「処士」(しょし)とは、仕官していない人、民間の人、在野の人のこと

国会中継を放送していながら「青山発言は無かった事にする」のがNHK

人気ブログランキングへ

本日は月曜日なので“国会中継”の前に、いつものように青山繁晴さんによる「虎ノ門ニュース」もあった訳ですが、とにかく本日に限っては青山参議院議員の「NHK全国地上波“国会中継”」をクローズアップすべきでしょう。

しかしまあ、その前段階(準備段階)として「虎ノ門ニュース」を見ておくのも、それはそれで悪くはありませんけれども。

<Youtubeへのリンク>
【DHC】7/10(月) 青山繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】


さて、それでは本日の「前川参考人招致」の国会中継について。

ひょっとすると知らない人がいるかもしれないので一応念の為に申しておきますと、本日は「午前は衆議院午後は参議院」における国会質疑がNHKで中継されました。

そして青山参議院議員の質疑は午後の3時37分から約40分ほどでした。

質疑の内容について、今回は書き起こしはしません。

以下のYoutubeの動画を見て頂ければ青山参議院議員の考え方と同様に
『今回の「いわゆる加計問題」などというのは、問題と呼ぶにも値しない』
という事が、ほとんどの人にお分かり頂けると思います。

<Youtubeへのリンク>
【前川喜平参考人招致】神回 青山繁晴&加戸さん(前愛媛県知事)
170710_x56e1sjk3f_0001.jpg
(※この動画の元映像は多分、ニコニコ動画の中継か何かなのでしょう。NHKの動画素材を使うと(※“国会中継”という公的利用の色彩が濃い動画でさえ)NHKは積極的に「削除要請」をして“言論封殺”を敢行してきますので、敢えてここではNHKの動画素材は使いません)
--------------------------------------------------------------------
(※後日追記。関連動画などのリンクの追加)
【ニコニコ動画】【青山繁晴】加計学園問題 前川前次官を参考人招致【参議院】2017.07.10
【ニコニコ動画】加計学園問題で参考人招致実現!青山繁晴氏の重要な質疑をマスコミは報じるか? KAZUYA Channel
【Youtube】加計学園問題で参考人招致実現!青山繁晴氏の重要な質疑をマスコミは報じるか? KAZUYA Channel

加計・閉会中審査で青山繁晴さんが質問!加戸前知事の魂の叫びを聞け!(全文書き起こし)(※いつもの「ぼやきくっくり」さんのブログ)
--------------------------------------------------------------------

しかしこの中継をTVで直接見た人は限られています。
そりゃそうでしょう。平日の昼間のTV中継なのですから。

多くの一般国民は、この国会質疑を「編集したニュース番組」でしか見ません。

NHKで例えると、正午のニュース、夜7時のニュース7、夜9時のニュースウォッチ9、これらのニュース番組になる訳ですが、当然と言えば当然の如く、NHKが本日の国会質疑を正しく編集するはずがありません

実は本日の国会質疑では午後の青山参議院議員の質疑以外にも、午前の衆議院の質疑で以下のようなやり取りがありました。

自民党の平井卓也衆議院議員の質疑です。



私は予約録画をしてあったので、この中継直後にNHKのスタジオでアナウンサーや政治部担当記者のやり取りなどもチェックしてみましたが、この前川の「回答拒否」には全く触れずに、『両者の意見は平行線をたどった』『疑惑はなんら解消されていない』といった解説に終始していました。

そして、正午のNHKニュースでも、そのNHKのスタンスは全く変わりがなく、前川の「回答拒否」は全くスルーしていました。
(※ただし夜のニュース7およびニュースウォッチ9の段階になってやっと、前川の「回答拒否」については触れるようになっていた。おそらく上記のようなネットの反応が影響したものと思われる)


こういったNHKの政治部担当、社会部担当記者による“世論誘導”は、午後の参議院質疑の中継直後に放送されたスタジオトークでも全く同様で、『両者の意見は平行線をたどった』『疑惑はなんら解消されていない』みたいな発言に終始していました。
170710_x56e1sjk3f_0002.jpg

あの青山参議院議員の質疑を自局で中継した直後に、この反応ですからね。

まあ、私がいつも述べてる事ではありますが、
NHKの連中は、とことん我々国民をナメているんですよ。
(※文末の「NHK解体」に関するまとめ(十例)の(8)も参照の事)

NHK職員の思考回路としては、
『青山の質疑がTV中継されたとはいっても、多くの国民は直接目にしてないはずだし、もし仮に目にしていたとしても、奴の主張をちゃんと理解できる人間は少ないに違いない』
とまあ、大体こんなもんでしょ。




最後に、夜のニュース7、ニュースウォッチ9の録画分も今チェックしましたが、やはり上記の「国会中継直後のスタジオトーク」と大差ない内容ですね。

もちろん、青山参議院議員の事が全くスルーされていたのは言うまでもない事です。

一番重要な前愛媛県知事の加戸守行氏の発言も非常に雑な扱いだった。
(※ニュース7ではかなり歪曲(印象操作)ぎみの扱い方で、ニュースウォッチ9にいたっては完全にスルーされていた)

<以下、ニュース7より>
(画面右上の見出し)前愛媛県知事“「加計ありき」で来た”
170710_x56e1sjk3f_0011.jpg
加戸氏『今治選出の県議会議員と加計学園の事務局長が「お友達」だったから、この話がつながった』

170710_x56e1sjk3f_0012.jpg
加戸氏『「加計学園ありき」と言われるが、声をかけてくれたのは加計学園だけで』

170710_x56e1sjk3f_0013.jpg
加戸氏『愛媛県は12年間「加計ありき」で来た


昼までとは違って前川の「回答拒否」に触れるようになったのは幾分マシになったと言えるのかも知れないが、その分「NHK世論調査」を利用しての安倍自民ネガキャンを追加してきているので、プラマイゼロですね。

もちろんその基準ベースは、マイナスからはみ出る事は決して無いのが、NHKのNHKたる所以(ゆえん)なのだが。

(※以下、最後に本日のNHK世論調査のピクチャを貼っておきます)
--------------------------------------------------------------------
170710_x56e1sjk3f_0003.jpg
「内閣支持率、第2次安倍内閣発足以降、最低水準に」

170710_x56e1sjk3f_0004.jpg
「日本・EU EPA関税撤廃など大枠合意」

170710_x56e1sjk3f_0005.jpg
「“ICBM発射実験成功”北朝鮮の動き」

170710_x56e1sjk3f_0006.jpg
「日米韓 北朝鮮に圧力強化」

170710_x56e1sjk3f_0007.jpg
「「加計学園」獣医学部新設 安倍首相の説明」

170710_x56e1sjk3f_0008.jpg
「臨時国会 速やかな召集など」

170710_x56e1sjk3f_0009.jpg
「稲田防衛相 自衛隊発言で辞任すべきか」

170710_x56e1sjk3f_0010.jpg
「各政党の支持率」

(※参考までに一カ月前に書いたNHK世論調査に関する過去記事のリンク)

「NHK解体」に関するまとめ(十例)

(1) 日本の公共放送であるにもかかわらず、「自立国家・日本」が主張すべき意見を封殺し、しかも運営資金のほとんどを日本人が負担しているのに、中国・朝鮮、又は旧GHQ(特に米国の立場を優先するような番組しか制作しない。 リンク1リンク2

(2) 受信料制度に様々な不備があり、甚だ公平性を欠いている。また「国営なのか?非国営なのか?」という点も不明瞭である。「国営放送局の新規創設」「民営化」「スクランブル化及びペイパービュー」などが検討されて然るべきである。 リンク1リンク2

(3) 局の政治的及び思想的スタンスが左側の言論に偏っている。「いわゆる保守系」の言論人はほとんどNHKの番組から排除されている。 リンク1リンク2

(4) 昔はともかく、現在では朝日新聞よりもNHKのほうが害が大きい。朝日は儲からなくなれば方針転換を余儀なくされ、また新聞業界自体が斜陽産業である。一方NHKには潤沢な資金(税金)があり、更には「映像や音声で直接感覚に訴える」という高いプロパガンダ能力もある。 リンク1リンク2

(5) 「弱者・被害者」報道は公共放送として、もちろんあって然るべきだが<言葉狩り><論点ずらし><自己保身><イデオロギー闘争>に利用する為にNHKの場合、それが至上命令となっておりやり過ぎである。 リンク1リンク2

(6) NHKの原発報道は「反原発」一色で、「原発再稼働」側の意見は皆無に等しい。現在多くの国民が患っている「原発アレルギー」は、NHKが3.11以降に垂れ流してきた“音声”と“映像”によって作り上げられた、と言っても過言ではない。 リンク1リンク2リンク3拙ブログの「反原発」関連カテゴリへのリンク

(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2

(8) 「表現の自由」を盾に一切の干渉を排除し、リベラル知識人特有の「上から目線(=「国民は愚民」という意識)」も強烈で、公共放送の在り方や番組の内容について「国民にアンケートを採る」という事を一切しようともせず、非常に独善的であるリンク1リンク2

(9) 「JAPANデビュー反日台湾番組」や「佐村河内のヤラセ番組」等、非常に問題のある番組を数多く放送してきたが、責任を全く感じていない。 リンク1リンク2

(10) 一般のマスメディアで取り上げられる事はほとんどないが、NHK職員の不祥事は異常に多い。また公共の受信料で成り立つ放送局としては職員の待遇がお手盛り過ぎるという問題もある。 リンク1リンク2


その他にも、NHKが制作してきた数多くの「媚中番組」「韓国・朝鮮人擁護番組(ヘイト関連含む)」「民進党擁護番組」等の問題、また近年急速に内容が劣化している「NHK大河ドラマ」の問題などもありますが、それらは上記から割愛しました。

【結論】NHKを解体して、国民にとって必要最低限の事を放送する国営放送局を立ち上げ、残りは民営化すべし。(終)

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく
関連記事

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/tb.php/655-8742726c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad