FC2ブログ

処士策論

「処士」(しょし)とは、仕官していない人、民間の人、在野の人のこと

公共放送NHKなのに岩波書店の大宣伝。まあ朝日、岩波は身内同然だもんねw

人気ブログランキングへ

う~ん、ネタが無い!
ホットで、しかも面白みのあるネタが全然無いので、こんなありきたりな、しかも新鮮味も無いネタでお茶を濁すしかありません。


『朝日、岩波は左翼だ!親中派だ!』
などといった今更誰でも知ってる事を私は書きたいとも思わないし、どうせ書くのなら他人が書いていない事をなるべく書きたいと思っているのですが、まあ他にネタが見当たりませんので、今回は我慢してコレで行きます。


先週の金曜日(1月12日)にNHKニュース7ニュースウォッチ9岩波書店「広辞苑」が大々的に宣伝されていた事は既に皆さんご存知の事と思います。

180115_6k3lqg2s5_0007.jpg

特にツイッター界隈で「広辞苑が台湾を中国の一部として表記している!」と多くの人が抗議しているので、その関連でご存知の方も多いと思います。まあ、NHKのニュース7、ニュースウォッチ9では、その問題については全くスルーしてましたけどね。

台湾問題を全くスルーする一方で、NHKの報道の仕方は、とにかく
『広辞苑の最新版が出ましたので、皆さん買ってあげてくださいね!』
といった内容のものでニュース7では5分間ニュースウォッチ9では8分間の時間を割いて、しかも両方とも岩波書店の編集部とがっちり協力をして「公共放送による大宣伝活動」をやっておりました。

まあネットリテラシーの備わっている皆さんに対してであれば、今更言う必要も無い話でしょうけれども、
朝日、岩波とNHKは(ついでに共産党も)
全員お仲間みたいなもんですから

「公共放送」の電波を使って特別に優遇してあげる事は当たり前の話であって、彼らとは正反対の立ち位置にいる我々「反サヨク」からすれば、
『てめえら、公金を使って好き勝手な事やってんじゃねえぞ!』
と罵声を浴びせてやりたい所ではありますが、礼儀正しい我々はそんな下品な言葉使いは控える事と致しましょう。

<以下、ニュース7より>(放送時間:5分間
180115_6k3lqg2s5_0001.jpg
180115_6k3lqg2s5_0002.jpg
180115_6k3lqg2s5_0003.jpg
180115_6k3lqg2s5_0004.jpg
180115_6k3lqg2s5_0005.jpg
180115_6k3lqg2s5_0006.jpg

<以下、ニュースウォッチ9より>(放送時間:8分間
180115_6k3lqg2s5_0007.jpg
180115_6k3lqg2s5_0008.jpg
180115_6k3lqg2s5_0009.jpg
180115_6k3lqg2s5_0010.jpg
180115_6k3lqg2s5_0011.jpg
180115_6k3lqg2s5_0012.jpg

どうですか?凄いでしょう?

ニュースキャスターは「営業スマイル」で視聴者の皆さんに「セールストーク風」に語りかけ、更にNHKではお馴染みの(「街の皆さん」と称する毎回NHKの言いたい事を代弁する)サクラを使って『まず困ったら広辞苑』『なかなかいい本ですよ』としゃべらせて宣伝。

その後、お仲間である岩波書店の人間を出してきてPR活動をさせてあげて、ついでにニュースウォッチ9に至ってはどさくさ紛れにNHKでは鉄板の定番である「反原発」「沖縄基地問題」(=オスプレイの用語を映している)まで突っ込んで「印象操作」放送を繰り広げています。


完璧ですね。
自分達がやりたい事を完璧に、全て盛り込んでいる。

「やりたい放題」とは、まさにこういうのを言うのだろう、という見本ですね、これは。
(※余談だが、ここ6、7年程ノーベル文学賞の時期になると毎年繰り返されてきたNHKによる「村上春樹押し」報道も、これと同様の現象と言える)




まあツイッターにも書きましたけど、私自身、岩波の本と無縁という訳でもありません。私も「幕末・明治」関連の岩波の古本を沢山持っています。

https://twitter.com/U40rou/status/952012182522183685


https://twitter.com/U40rou/status/952101107991326721


ネット全盛のこの時世ですから、私もご多分にもれず「広辞苑」なんぞ全く使ってはおりません。まあ先人たちが作った古い「広辞苑」であれば、「美しい日本語」が沢山載っているのかも知れませんし、それはそれで、私も殊更否定するつもりもありませんけど。



とにかく岩波、朝日に共通しているのは、
媚中姿勢が甚だしいという部分ですね。
------------------------------------------------------------------
(※参考までに「マンガ、アニメ」カテゴリで取り上げた事がある森田信吾「栄光なき天才たち」16巻 日本人初の世界的フォト・ジャーナリスト「名取洋之助」から、支那事変にまつわる部分を以下に一部抜粋して引用)
180115_6k3lqg2s5_0013.jpg

ms130420_016.jpg
(以上、引用終了)
------------------------------------------------------------------
ただしNHKに関して言うと、私も過去に繰り返し書いてきましたが、
『NHKの中国愛は間違いなく本物ではあるが、ここ数年は国民からの視線をはばかってか、多少ナリをひそめている』
というレベルのものであって、一頃に比べれば(特に民主党政権の前後の頃に比べれば)それほど極端なものではないと思います。岩波・朝日とは違って。ただし「いつぶり返してもおかしくない」という注意は必要ですが。

まあNHKの場合は、なにしろ「金満NHK」ですから、岩波・朝日とは違ってなにも「チャイナマネー」をアテにする必要もありませんので、少なくともチャイナによる金銭的な束縛からは解放されております。

しかしながら「団塊の世代」を中心に「朝日・岩波・NHK・共産党」的な思想にかぶれていた連中がまだごっそりと残っていて、社会的な影響力も持っておりますから、そういった点を忖度して、NHKも上記のような「左派びいき」の大宣伝放送をやり続けている訳です。


そんな訳ですから、こういった「偏向報道」はNHKを解体しない限り、まだ当分の間は続くものとして我々は覚悟しなければなりません。




以下、余談。
皆さんのご想像通り、この余談コーナーで取り上げるのは「西郷どん」ですが、多くを述べるつもりはありません。まだ第2話ですから。

しかしまあ、10日前(第1話直前)に書いた通り、
>とりあえず「西郷隆盛」の大河ドラマを見るのであれば、わざわざ「西郷どん」なんか見なくてもツタヤかゲオに行って「翔ぶが如く」を借りて見た方が百倍楽しめると思うけどねえ

この一言に尽きますね。


後はツイッターに書いた事をここにも貼っておきます。
多分今後もこういったパターンになるのかな、今年は。
https://twitter.com/U40rou/status/952519698301599745


https://twitter.com/U40rou/status/952520432741113858


https://twitter.com/U40rou/status/952523972263817217


(終)

「NHK解体」に関するまとめ(十例)

(1) 日本の公共放送であるにもかかわらず、「自立国家・日本」が主張すべき意見を封殺し、しかも運営資金のほとんどを日本人が負担しているのに、中国・朝鮮、又は旧GHQ(特に米国の立場を優先するような番組しか制作しない。 リンク1リンク2

(2) 受信料制度に様々な不備があり、甚だ公平性を欠いている。また「国営なのか?非国営なのか?」という点も不明瞭である。「国営放送局の新規創設」「民営化」「スクランブル化及びペイパービュー」などが検討されて然るべきである。 リンク1リンク2リンク3リンク4
(※NHK受信契約訴訟の最高裁判決(平成29年12月6日)に関する記事)
「NHK受信契約訴訟・最高裁判決」から私が考えた事(2017/12/9)

(3) 局の政治的及び思想的スタンスが左側の言論に偏っている。「いわゆる保守系」の言論人はほとんどNHKの番組から排除されている。 リンク1リンク2

(4) 昔はともかく、現在では朝日新聞よりもNHKのほうが害が大きい。朝日は儲からなくなれば方針転換を余儀なくされ、また新聞業界自体が斜陽産業である。一方NHKには潤沢な資金(税金)があり、更には「映像や音声で直接感覚に訴える」という高いプロパガンダ能力もある。 リンク1リンク2

(5) 「弱者・被害者」報道は公共放送として、もちろんあって然るべきだが<言葉狩り><論点ずらし><自己保身><イデオロギー闘争>に利用する為にNHKの場合、それが至上命令となっておりやり過ぎである。 リンク1リンク2

(6) NHKの原発報道は「反原発」一色で、「原発再稼働」側の意見は皆無に等しい。現在多くの国民が患っている「原発アレルギー」は、NHKが3.11以降に垂れ流してきた“音声”と“映像”によって作り上げられた、と言っても過言ではない。 リンク1リンク2リンク3拙ブログの「反原発」関連カテゴリへのリンク

(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2

(8) 「表現の自由」を盾に一切の干渉を排除し、リベラル知識人特有の「上から目線(=「国民は愚民」という意識)」も強烈で、公共放送の在り方や番組の内容について「国民にアンケートを採る」という事を一切しようともせず、非常に独善的であるリンク1リンク2

(9) 「JAPANデビュー反日台湾番組」や「佐村河内のヤラセ番組」等、非常に問題のある番組を数多く放送してきたが、責任を全く感じていない。 リンク1リンク2

(10) 一般のマスメディアで取り上げられる事はほとんどないが、NHK職員の不祥事は異常に多い。また公共の受信料で成り立つ放送局としては職員の待遇がお手盛り過ぎるという問題もある。 リンク1リンク2


その他にも、NHKが制作してきた数多くの「媚中番組」「韓国・朝鮮人擁護番組(ヘイト関連含む)」「民進党擁護番組」等の問題、また近年急速に内容が劣化している「NHK大河ドラマ」の問題などもありますが、それらは上記から割愛しました。

【結論】NHKを解体して、国民にとって必要最低限の事を放送する国営放送局を立ち上げ、残りは民営化すべし。(終)

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく
関連記事

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/tb.php/696-8553a815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad