FC2ブログ

処士策論

「処士」(しょし)とは、仕官していない人、民間の人、在野の人のこと

NHKニュースウォッチ9における原発トリチウム及び特攻隊報道(後編)

人気ブログランキングへ

今回は前回の記事で書きました、8月30日(木)放送のNHKニュースウォッチ9に関する批評の続き(後編)になります。

前回はNHKの定番のプロパガンダである原発報道についてでしたが、今回は、まあこれもNHKの定番である「8月の厭戦・自虐・反日プロパガンダ」について、という事になります。

それにしても今年の「8月の厭戦・自虐・反日プロパガンダ」のしつこさについては前々回の記事及びその2つ前の記事でも書きましたけれど、例年8月15日を過ぎれば下火になるはずのこのプロパガンダが、まさか8月一杯ギリギリまで(8月30日まで)続けられるとは、私も予想しておりませんでした。

というか、まさか9月に入っても続けられるんじゃないだろうな?と、多少心配する気持ちも生じ始めています。いくらなんでも「それは無いだろう」とは思っておりますけど。



そんな訳で本題に入ります。

以下、当日放送された「特攻隊」関連の報道について、他サイトに載っている番組情報と、番組からスキャンしたピクチャで内容を紹介します。

180901_5g5hj2r4awbv_0009.jpg
(※以下、「TVでた蔵」のサイトより番組内容をコピペ)
記録作家 林えいだいさん 83歳の遺作

2018年8月30日放送 21:31 - 21:40 NHK総合
ニュースウオッチ9 (ニュース)

記録作家の林えいだいさんが亡くなる直前まで書いていた原稿が見つかった。タイトルは「命の滴」。太平洋戦争中、特攻隊員だったある男性を取材した作品で原稿用紙132枚まで書かれていたものの完成されていない。主人公のモデルとなった男性は現在も生きていた。その男性はエンジントラブルのため飛び立つことができず振武寮に入れられ再教育を受け再び戦場へ行き、シベリアで2年間の抑留生活を強いられたという過去をもつ。「命の滴」にはこのように無責任な軍によって振り回される少年の心情を語っている。(了)

180901_5g5hj2r4awbv_0010.jpg
180901_5g5hj2r4awbv_0011.jpg
180901_5g5hj2r4awbv_0012.jpg
180901_5g5hj2r4awbv_0013.jpg
180901_5g5hj2r4awbv_0014.jpg

(※参考までにもう一つ別のサイトからも番組内容のコピペをしておきます)
08/30 21:31 NHK総合 【ニュースウォッチ9】
特攻に利用された夢・未完のルポを追って…

去年の9月1日に83歳で死去した記録作家・林えいだいは、戦争などをテーマに、社会の不条理を訴え続けた。
亡くなる直前まで書いていた原稿が発見された。
タイトルは「命の滴」。
太平洋戦争中、特攻隊員だったある男性を取材した作品。
原稿用紙132枚まで書かれたが完成していない。
この作品で何を描き出そうとしていたのか追った。
遺品を保管している福岡市中央区の施設には、取材の過程で集めた特攻関連の資料などが数多く残されている。
戦争や公害など、社会問題に取り組んだ林は、被害に苦しむ人たちを丹念に歩いて取材し、60以上の作品を発表。
林が発掘した資料の一つ特攻作戦に参加した部隊の名簿。
戦時中は機密とされていた。
名簿を基に、生存する元特攻隊員を探し出し証言を集めてきた。
遺作「命の滴」の主人公・桜井文雄もその一人。
林が発掘したこの元特攻隊員・関口文雄(旧姓桜井文雄)を探し出し取材。
関口は戦後、特攻隊員であったことを周囲に語ってこなかったが、林の問題意識に共感し協力。(了)

この番組におけるキーマンは二人います。

特攻隊のルポを書こうとした「林えいだい」という人物。
もう一人は、その取材対象である元特攻隊員の関口(旧姓、桜井)氏です。

「林えいだい」という人物はwikiがありますのでリンクを貼っておきます。

林えいだいwiki

wikiを見て頂ければお分かりのように「荒畑寒村」「朝鮮人徴用工」「朝日新聞」「岩波書店」「毎日新聞」といったある種の左がかったイデオロギーが垣間見えるような気がします。

まあ、これ以上はあまり詳しくこの人について調べるつもりもなかったのですけど、今回のこの「特攻隊」関連の事を少しググってみました所、意外な情報が出てきましたので、一応その事について書いておきたいと思います。

ちなみに今回のニュースウォッチ9では、この元特攻隊員の関口氏について
『私達は林さんが発掘したこの元特攻隊員を探し出し、取材に応じてもらう事が出来ました』とナレーションをしていました。

しかし、この関口氏は過去に一度別のTV局(TBS及び毎日放送)の番組で今回と同じ内容の取材を受けており、今回のニュースウォッチ9の番組内容は、4年前にTBS・毎日放送で放送された番組の「二番煎じ」であり、『元特攻隊員を探し出し』などとナレーションをしていたけれども、同じ業界内の人間がこの4年前の番組の事を知らなかったはずはない、と私は思います。

以下、4年前のTBS・毎日放送の「特攻隊」番組について、他サイトに載っている情報を紹介します。

(※以下、「TVでた蔵」のサイトより番組内容をコピペ)
2014年6月2日放送 1:20 - 1:59 TBS
報道の魂
命の滴(しずく)〜記録作家・林えいだいと特攻〜


この番組では林えいだいが、自身もその1人であった特攻隊について語る。林は「特攻隊を美化する雰囲気が出てきた。そうじゃない。命というのは1回しかない」と語った。

福岡県田川市に住む林えいだいは、数々の取材を行ってきたが、今特攻というテーマに向き合っている。林は「体験者の話は残しておかないといけない。それを拾い上げていく作業は金もかかるし時間もかかるけど、これは我々の仕事」と語った。
(中略)
福岡市中央区を訪ねた林えいだいは、特攻隊員の写真が撮られた場所を訪れて、当時と現在の違いを噛み締めた。林は「特攻隊員は飛行機もろとも敵艦に突入する。なので、生きて帰って貰っては困るわけです」と語った。そんな中で生き残った特攻隊員は、福岡女学院の旧寄宿舎で、振武寮と名付けられた施設に密かに隔離された。林は「振武寮に帰還兵を入れて精神教育をする。それで、朝から教育勅語、軍人勅諭を写させる。そして死ぬために再出発させるための教育をした」と語った。
(中略)
林が特攻隊を養成した元陸軍参謀に話を聞いた時のテープが公開された。陸軍参謀は「教養、世間の常識がないうちから徹底的にマインドコントロール、洗脳をやっていく。人の命をあんまり知ると死ぬのが怖くなる。それを、中学1年生のころから洗脳すれば、自然とそういう人間になる」、「手前もやっぱり命が惜しかった。特攻隊をあんなに殺しておいてね」などと語っている。

戦時中は軍事機密だった特攻隊の帰還者名簿を調べているうち、意外な事実がわかった。桜井伍長が生きていたのだ。

群馬県高崎市で、林えいだいは関口文雄(旧姓 桜井)と会い、話を聞いた。林は関口に本田エミ子さんの写真を手渡した。特攻に参加したものの不時着で生き延びた関口は、「あの時は結構な機体が突撃に参加した」と語った。関口が参加した5月25日は第八次総攻撃が実施され、160機あまりの特攻機が出撃した。関口は当時について「昭和19年の12月6日に四平(旧満州)の42教育飛行隊に転属され、命令によって特攻隊の要員となった。その時は、俺は嫌だというような空気ではなかった」と語った。
(以下略)
-------------------------------------------------------------------

(※参考までにもう一つ別のサイトも紹介しておきます)

放送日:2014年6月15日(日) 5:00~ 5:30
放送局:毎日放送
JNNドキュメンタリー@にっぽん 2014年6月15日放送回
命の滴(しずく)~記録作家・林えいだいと特攻~
(※番組紹介の文章は上記と全く同じなので省略)

どう見ても今回ニュースウォッチ9で放送された内容と「瓜二つ」です。

私は上記で『(NHK及びニュースウォッチ9の制作スタッフは)知らなかったはずはない』などと書いておりますが、もっとハッキリ言ってしまえば、このTBSの番組を制作した関係者からNHKの制作サイドの人間に対して『以前こんな企画の番組を制作しましたけど、NHKさんのほうでも放送されてはいかがですか?』といった横の繋がりから発生した、今回のニュースウォッチ9の番組だったのではなかろうか?と疑っています。


ちなみに番組内容については、それほど批判すべき点は見当たりません。
(※実は「シベリア抑留」という点については、多少疑問に思っている点も無い訳ではないのだが、素人の私が口を差し挟むべき問題でもないと思う)

もちろん前々回の記事でも述べたように、視聴者(=国民)の「厭戦」感情を煽る為の番組であるという事は、今更言うまでもない話でしょう。


しかし一つだけ確実に言える事があります。

今回のこのニュースウォッチ9の番組でも、
『少年を“消耗品”扱い』
『若いうちは教育のしようでどうにでもなるという怖さがある』

といった「少年、若者」の部分を強調していました。

私は8月15日の夜に書いた記事で、以下のように指摘しています。
-------------------------------------------------------------------
(以下、過去記事より抜粋して引用)
更にこの2つの番組に特徴的なのは、子供や十代の若者など若年層が多く犠牲になっているという点でしょう。

多分、そういった年代の視聴者に向けて、強く印象に残る事を狙って作られたものなのだろう、と私は思います。
(中略)
徴兵前の十代半ばの若年層が何人も犠牲になっている、というのも上記で述べた通りです。
(中略)
そしてこれが今年のNHKの8月15日報道の特徴だと思うのですが、それはその昨年10月の記事でも指摘しましたように、
戦没者遺族の高齢化および次の世代にどう伝えるか?
という事に重点を置いて報道していたように感じました。(以下略)
-------------------------------------------------------------------

同様に、8月24日に書いた記事では以下のように指摘しています。
-------------------------------------------------------------------
(以下、過去記事より抜粋して引用)
ニュースウォッチ9公式サイト「特集ダイジェスト」 2018年8月21日(火)
15歳が見た戦争の事実とは
http://www9.nhk.or.jp/nw9/digest/2018/08/0821.html
(以下、番組内よりスキャンしたピクチャをいくつか紹介)
180824_p6ak6f54g5sbv_0001.jpg
180824_p6ak6f54g5sbv_0002.jpg
180824_p6ak6f54g5sbv_0003.jpg
(中略)
こういった「今年のNHKの思惑」(=若年層に強く印象に残る事を狙った)、その延長線上に放送された「厭戦・自虐・反日プロパガンダ番組」と言えるでしょう。このニュースウォッチ9の報道は。(以下略)
-------------------------------------------------------------------

このように、今年NHKで放送された一連の「厭戦・自虐・反日プロパガンダ番組」が一番目的として狙っていたのは
「若年層視聴者を狙った厭戦プロパガンダ」
これに一番注力していた、というのは間違いのない所でしょう。

特にニュースウォッチ9に関しては8月21日と8月30日と、2回も「若者の特攻隊」関連の番組を放送しているのですから、これはどう考えても意図的にやっているのは間違いありません。
(※実は8月14日にもニュースウォッチ9は「特攻隊」番組をやってたから今回で3回目という事になり、実際これも「若者」の部分が強調されていた。以下、参考用に8月14日の「特攻隊」番組のピクチャを紹介。蛇足ながら言っておくと、この8月14日の番組は、内容自体はそれほど悪くなかった)
180901_5g5hj2r4awbv_0016.jpg
180901_5g5hj2r4awbv_0017.jpg


以上これにて、前後編二回にわたる8月30日のニュースウォッチ9批評を終わりにします。
(※それにしても、週明け9月のニュースウォッチ9では本当に「厭戦・自虐・反日プロパガンダ」は終了になるんだろうな?)

【以下、テンプレート解説】このブログで使っている言葉の定義について
<“左翼”ではなくて“サヨク”>
今の日本で“左派”と呼ばれている連中は、本来の意味での“左翼”ではなくて、単なる「憲法9条的な戦後サヨク」といった意味合いの物でしかないので(しかし今の日本で彼らは“左翼”ではなくて“主流派”である)、私は“左翼”ではなくて“サヨク”という言葉を使っている。

<“保守”ではなくて“いわゆる保守”>
先の大戦の敗北によって従来の価値観をほぼリセットされた戦後の日本では、真に“保守”すべき日本の国柄は既にほとんど失われている。また今の日本で「独立自尊」「自主憲法の制定」を唱えるのは“保守派”ではなくて“改革派である。それ故に一番相応しい呼称は“反サヨク”と呼称すべきだがそれでは「通りが悪い」ので、私は“いわゆる保守”という言葉を使っている。

「戦前の価値観」を知っている日本人がまだ数多く存命していた昭和の終わりまでは“保守”も“左翼”もある程度は字義通り通用していたのかも知れないが、戦後の日本しか知らない日本人が大半を占める今の日本社会では「かつての字義はほとんど通用しなくなっている」という事である。

※過去に何度か誤読されたり、こういった説明をする必要に迫られた事があるので、テンプレートとしてここに明示しておく。

「NHK解体」に関するまとめ(十例)

(1) 日本の公共放送であるにもかかわらず、「自立国家・日本」が主張すべき意見を封殺し、しかも運営資金のほとんどを日本人が負担しているのに、中国・朝鮮、又は旧GHQ(特に米国の立場を優先するような番組しか制作しない。 リンク1リンク2

(2) 受信料制度に様々な不備があり、甚だ公平性を欠いている。また「国営なのか?非国営なのか?」という点も不明瞭である。「国営放送局の新規創設」「民営化」「スクランブル化及びペイパービュー」などが検討されて然るべきである。 リンク1リンク2リンク3リンク4
(※NHK受信契約訴訟の最高裁判決(平成29年12月6日)に関する記事)
「NHK受信契約訴訟・最高裁判決」から私が考えた事(2017/12/9)

(3) 局の政治的及び思想的スタンスが左側の言論に偏っている。「いわゆる保守系」の言論人はほとんどNHKの番組から排除されている。 リンク1リンク2

(4) 昔はともかく、現在では朝日新聞よりもNHKのほうが害が大きい。朝日は儲からなくなれば方針転換を余儀なくされ、また新聞業界自体が斜陽産業である。一方NHKには潤沢な資金(税金)があり、更には「映像や音声で直接感覚に訴える」という高いプロパガンダ能力もある。 リンク1リンク2

(5) 「弱者・被害者」報道は公共放送として、もちろんあって然るべきだが<言葉狩り><論点ずらし><自己保身><イデオロギー闘争>に利用する為にNHKの場合、それが至上命令となっておりやり過ぎである。 リンク1リンク2

(6) NHKの原発報道は「反原発」一色で、「原発再稼働」側の意見は皆無に等しい。現在多くの国民が患っている「原発アレルギー」は、NHKが3.11以降に垂れ流してきた“音声”と“映像”によって作り上げられた、と言っても過言ではない。 リンク1リンク2リンク3拙ブログの「反原発」関連カテゴリへのリンク

(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2

(8) 「表現の自由」を盾に一切の干渉を排除し、リベラル知識人特有の「上から目線(=「国民は愚民」という意識)」も強烈で、公共放送の在り方や番組の内容について「国民にアンケートを採る」という事を一切しようともせず、非常に独善的であるリンク1リンク2

(9) 「JAPANデビュー反日台湾番組」や「佐村河内のヤラセ番組」等、非常に問題のある番組を数多く放送してきたが、責任を全く感じていない。 リンク1リンク2

(10) 一般のマスメディアで取り上げられる事はほとんどないが、NHK職員の不祥事は異常に多い。また公共の受信料で成り立つ放送局としては職員の待遇がお手盛り過ぎるという問題もある。 リンク1リンク2


その他にも、NHKが制作してきた数多くの「媚中番組」「韓国・朝鮮人擁護番組(ヘイト関連含む)」「民進党擁護番組」等の問題、また近年急速に内容が劣化している「NHK大河ドラマ」の問題などもありますが、それらは上記から割愛しました。

【結論】NHKを解体して、国民にとって必要最低限の事を放送する国営放送局を立ち上げ、残りは民営化すべし。(了)

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく
関連記事

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/tb.php/745-d8820326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad