FC2ブログ

処士策論

「処士」(しょし)とは、仕官していない人、民間の人、在野の人のこと

NHKクローズアップ現代+が「あいちトリエンナーレ」を擁護する偏向報道

人気ブログランキングへ
ここ最近の記事は「N国党立花孝志を批判する」という、非生産的で、しかもわざわざ自分の立ち位置を立花と同じレベルにまで押し下げて論評する、というような記事が続いておりましたので、今回こういった「本来あるべき形のNHK批判に戻れるのは、ある意味喜ばしい事でもあり、
「良いタイミングで炎上用の燃料投下をしてくれてありがとう、NHK」
とでも言うべきなのでしょうか。
(※もちろん、本音を言えば感謝するつもりなど毛頭ないが)

190906_v52bt3xlh36a_0001.jpg
190906_v52bt3xlh36a_0002.jpg

昨夜のクローズアップ現代+の詳しい放送内容を知りたい方は、NHK公式ホームページに載ってますので、そちらをご覧になってください。
(※クロ現+は結構詳しい内容がホームページに残っている)

-------------------------------------------------------------
NHK クローズアップ現代+ 2019年9月5日(木)
「表現の不自由展・その後」 中止の波紋

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4324/index.html
<出演者>
ロバート・キャンベルさん (日本文学研究者)
岡村幸宣さん (原爆の図 丸木美術館学芸員)
武田真一 (キャスター)
-------------------------------------------------------------

で、放送終了直後からこの「偏向報道」に寄せられたツイート(私のツイート含む)を以下に紹介しておきます。








私が言うべき事は大体上記のツイッターの中で言い尽くしてますが、ツイッターの短い文章では書ききれない部分を以下に補足しておきます。


<一点目>
昨夜のクロ現の後半では「公的な場での“表現の自由”はどこまで保障されるべきなのか?」という事について、クロ現の武田真一がスタジオゲスト(識者)の連中にグダグダとしゃべらせてました。

190906_v52bt3xlh36a_0003.jpg

もちろんNHKのスタンスとしては、今回のトリエンナーレの反日活動を擁護するような形で、
公的な場といえども少しぐらい政治的な表現をしてもいいじゃないか」
というニュアンスで印象操作を繰り広げておりました。
(※ただしツイッターで多くの人が批判しているように「右側の政治家や識者」への言論弾圧については、NHKは全く問題視するつもりはない

NHKがこのような方針を示すのは当然の事です。

なぜならNHK自身が「公的な」(受信料=公共料金で成り立っている)存在なのですから、
公的な存在といえども、政治的に偏った(右側を完全に排除した)放送をしたって良いじゃん」
というスタンスを取るのは当然の事なのです。

要するに昨夜のクローズアップ現代+も「自己弁護の一環」という事です。



<二点目>
上記で、
>「右側の政治家や識者」への言論弾圧については、NHKは全く問題視するつもりはない
と書いたように、NHKおよび朝日・毎日・TBS等を信奉するいわゆるサヨク・左の人々からすれば、
「我々には表現の自由があるが、ネトウヨには表現の自由は無い」
という考え方なので、昨夜のクローズアップ現代+も、平気でああいった内容にする訳です。
(※彼らにとっては何ら特別な事ではなく、それが普通の感覚なのである)

「従軍慰安婦」を認めない「ネトウヨ」に表現の自由は無い。
天皇を無批判に礼賛する「ネトウヨ」に表現の自由は無い。
「弱者」に対して冷淡な「ネトウヨ」に表現の自由は無い。

まあ、要するに彼らの考え方はこういう形で固定化されている訳です。

これは端的に言えば「自分勝手なダブルスタンダード」とも言えますし、もっと端的に言えば「自分達の思想にそぐわない人間に対する差別思想」とも言えるでしょう。

タチの悪い事に、「差別主義者を叩く事こそが自分達の使命である」と勘違いしているあのサヨク・左の人々は、まさか自分達自身が「差別主義者」であるなどと自覚できる訳もなく、無自覚に反サヨクの人々に対して差別行為を行なっているだけに、それこそ「筋金入りの差別主義者」な訳です。



<三点目>
これは上記の私のツイートで指摘済みの話ですが、私の過去記事を読んでいる方であればご承知の通り、私が一番言いたい事は
「日本最大の討論封殺機関NHKが「議論が大事」とか心にも無い事を言ってんじゃねえ!」
という事です。

令和元年(2019年) NHK夏の「厭戦・自虐・反日プロパガンダ」番組一覧(2019/07/28)
-------------------------------------------------------------
(以下、過去記事より抜粋して引用)
そして今年もNHKは、8月15日に「討論番組」を放送する気は全く無いようですね。
(※少なくとも今の段階でのプレスリリースを見た限りでは)

もうここ数年、ずっと私が批判してる話ではありますけど。
(※4年前に放送したこの時が最後の「8月15日の討論番組」だったと思う。まともな討論番組とはとても呼べないくだらない内容でしたけど)

20150816yj_0007.jpg
20150816yj_0008.jpg

なにしろNHKの一番酷い部分は
「国民にオープンな討論番組を全く見せない」
という部分です。

(※文末テンプレ「NHK解体」に関するまとめの(7)にも載せているが)

いつも独善的なNHKの主張を一方的に国民に押し付けてきます。
(※仮に討論番組を放送してもNHKのフィルターを通る事ができる識者しか番組に出演させず「視聴者からアンケートを募って出演者を決める」という民主的な方法も全く取らない。その最たる例が5月3日の憲法討論である)

だから私は、こんな「自称公共放送」など不要だと、ずっと言い続けている訳です。

民主主義の敵ですから。NHKは。
(以下略)
-------------------------------------------------------------

5月3日の報道姿勢を見れば、NHKが改憲反対派であるのは明白でしょ(2018/05/04)
-------------------------------------------------------------
(以下、過去記事より抜粋して引用)
まずは総論から述べます。
と言っても従来と比べて何か変わった点があった訳でもなく、基本的には今年も例年同様の放送スタンスでNHKは「5月3日を乗り切ろう」としていました。

「5月3日のNHKの報道姿勢」の四大原則を挙げると以下の通りです。
(1) 中立を保っているように見せかけてはいるが、よく見れば明らかに「憲法改正反対」の立場を取っている。

(2) 『憲法改正論議は国民的な議論が必要だ』と口では言うけれど、開かれた公平・公正な憲法論議を国民(視聴者)に見せるつもりは毛頭無い。

(3) 憲法論議以前の話として、「憲法そのもの」について国民にあまり意識させないように印象操作をする。それは『憲法の事を特別意識して考えるのは「異常な人間」だけで、普通の人は自分の生活の事しか考えないものですよ』といった印象操作である。要するに『憲法9条を死守せよ!』と唱えている人達こそが、実は一番「憲法」を軽視しているのである。

(4) 現憲法が占領時代に作られたもの(=占領軍による「押しつけ憲法」)であるという事は、出来れば国民(視聴者)の目には触れさせないようにする。

今年も基本的にこの原則通りに放送されていました。
(以下略)
-------------------------------------------------------------

「公共放送」を自称しているくせに、オープンな討論番組(例えばBSフジの「プライムニュース」のような番組)を一切やらないで、アホなバラエティ番組ばかり垂れ流して公共料金(税金)を無駄使いし、しかも番組の放送内容について国民からアンケートを採る気も一切無い「エセ公共放送」が、
「議論が大事だ。意見の封殺はいけない」
とかどの口が言ってるんだよ?という話ですわ。




<最後のオマケ>
一応今回も最後は「立花孝志ネタ」で締めときますか。

昨夜のクロ現に関するツイートをチェックしていた時に、
「これでまた立花孝志のN国党に支持が集まるな」
みたいな事を述べている勘違いも甚だしいツイートを何件か見かけたものですから。

「立花孝志は“NHKの偏向報道”には全くノータッチ主義である」という事を知らないんでしょう。その人たちは。

まあ普通の一般人にはそんな事、分かりませんわなあ。

立花自身も、世間に一定数存在するそういった情報弱者の人数を見越して、あのような「営業活動」をやっている訳ですけど、この手法は「オレオレ詐欺」に引っかかる情報弱者層を狙い撃ちする手法と大差ありません。

だからこそ、私はここで注意喚起をしている訳です。

「騙されちゃいけませんよ」と。





【以下、テンプレート解説】このブログで使っている言葉の定義について
<“左翼”ではなくて“サヨク”>
今の日本で“左派”と呼ばれている連中は、本来の意味での“左翼”ではなくて、単なる「憲法9条的な戦後サヨク」といった意味合いの物でしかないので(しかし今の日本で彼らは“左翼”ではなくて“主流派”である)、私は“左翼”ではなくて“サヨク”という言葉を使っている。

<“保守”ではなくて“いわゆる保守”>
先の大戦の敗北によって従来の価値観をほぼリセットされた戦後の日本では、真に“保守”すべき日本の国柄は既にほとんど失われている。また今の日本で「独立自尊」「自主憲法の制定」を唱えるのは“保守派”ではなくて“改革派である。それ故に一番相応しい呼称は“反サヨク”と呼称すべきだがそれでは「通りが悪い」ので、私は“いわゆる保守”という言葉を使っている。

「戦前の価値観」を知っている日本人がまだ数多く存命していた昭和の終わりまでは“保守”も“左翼”もある程度は字義通り通用していたのかも知れないが、戦後の日本しか知らない日本人が大半を占める今の日本社会では「かつての字義はほとんど通用しなくなっている」という事である。

※過去に何度か誤読されたり、こういった説明をする必要に迫られた事があるので、テンプレートとしてここに明示しておく。

「NHK解体」に関するまとめ(十例)

(1) 日本の公共放送であるにもかかわらず、「自立国家・日本」が主張すべき意見を封殺し、しかも運営資金のほとんどを日本人が負担しているのに、中国・朝鮮、又は旧GHQ(特に米国の立場を優先するような番組しか制作しない。 リンク1リンク2

(2) 受信料制度に様々な不備があり、甚だ公平性を欠いている。また「国営なのか?非国営なのか?」という点も不明瞭である。「国営放送局の新規創設」「民営化」「スクランブル化及びペイパービュー」などが検討されて然るべきである。 リンク1リンク2リンク3リンク4
(※NHK受信契約訴訟の最高裁判決(平成29年12月6日)に関する記事)
「NHK受信契約訴訟・最高裁判決」から私が考えた事(2017/12/9)

(3) 局の政治的及び思想的スタンスが左側の言論に偏っている。「いわゆる保守系」の言論人はほとんどNHKの番組から排除されている。 リンク1リンク2

(4) 昔はともかく、現在では朝日新聞よりもNHKのほうが害が大きい。朝日は儲からなくなれば方針転換を余儀なくされ、また新聞業界自体が斜陽産業である。一方NHKには潤沢な資金(税金)があり、更には「映像や音声で直接感覚に訴える」という高いプロパガンダ能力もある。 リンク1リンク2

(5) 「弱者・被害者」報道は公共放送として、もちろんあって然るべきだが<言葉狩り><論点ずらし><自己保身><イデオロギー闘争>に利用する為にNHKの場合、それが至上命令となっておりやり過ぎである。 リンク1リンク2

(6) NHKの原発報道は「反原発」一色で、「原発再稼働」側の意見は皆無に等しい。現在多くの国民が患っている「原発アレルギー」は、NHKが3.11以降に垂れ流してきた“音声”と“映像”によって作り上げられた、と言っても過言ではない。 リンク1リンク2リンク3拙ブログの「反原発」関連カテゴリへのリンク

(7) 外部の識者による「討論番組」が異常に少ない。「国民にオープンな討論番組を見せる」という姿勢が甚だ欠如しており公共放送として失格であり、また民主主義(選挙制度)の観点から見ても失格である。 リンク1リンク2

(8) 「表現の自由」を盾に一切の干渉を排除し、リベラル知識人特有の「上から目線(=「国民は愚民」という意識)」も強烈で、公共放送の在り方や番組の内容について「国民にアンケートを採る」という事を一切しようともせず、非常に独善的であるリンク1リンク2

(9) 「JAPANデビュー反日台湾番組」や「佐村河内のヤラセ番組」等、非常に問題のある番組を数多く放送してきたが、責任を全く感じていない。 リンク1リンク2

(10) 一般のマスメディアで取り上げられる事はほとんどないが、NHK職員の不祥事は異常に多い。また公共の受信料で成り立つ放送局としては職員の待遇がお手盛り過ぎるという問題もある。 リンク1リンク2


その他にも、NHKが制作してきた数多くの「媚中番組」「韓国・朝鮮人擁護番組(ヘイト関連含む)」「旧民主党・旧民進党擁護番組」等の問題、また近年急速に内容が劣化している「NHK大河ドラマ」の問題などもありますが、それらは上記から割愛しました。

【結論】NHKを解体して、国民にとって必要最低限の事を放送する国営放送局を立ち上げ、残りは民営化すべし。(了)

人気ブログランキングへ←クリックしていただけると励みになります
FC2Blog Ranking←同じく
関連記事

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント

NHKはたちが悪い

公金使って政治活動すらなら公共の利益に反するだけ。国民が声を上げて行く必要があるが、n国みたいな金払いたくないだけじゃ大きな声にならない。

Re: NHKはたちが悪い

仰っている事は全くその通りで、私も完全に同意します。

しかし残念ながら、オールドメディアはもちろんの事、ネットの世界でさえも「公共の利益に反する」という真面目な正論よりも、「金払いたくない」という大衆ウケを狙った扇動のほうが幅を利かせている、というのが日本の世論の現状だと思います。

「反サヨク」「いわゆる保守」の人間でないと、なかなか「NHKの左っぷり」には気がつきませんからね。仕方ありません。

  • 2019/09/08(日) 21:52:41 |
  • URL |
  • 処士策論 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syoshisakuron.blog130.fc2.com/tb.php/809-c38b2083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)